2018年02月23日

暖かい日!?


本日は南寄りの風が吹いており、多少波がありましたが
5便運航することが出来ました!

早朝便、柔らかなピンク色の朝焼けにうっとりでした。

IMG_1567.jpg

日の出も綺麗に見られましたね。
奥に見えているのは、北方領土・国後島です。

IMG_1753.jpg

5便全て流氷本体に到達することが出来ました!
連日順調に流氷を見ることが出来ていますが、
風の向き次第で1日で一気に移動してしまうのが流氷です。
自然のものなので、必ずしもそこにあるというわけではありません。

DSC_0647.jpg

早朝便、帰港しようと港に船を向けると…遠く港前に黒いヒレ!?
シャチを発見することが出来ました〜^^

IMG_2041.jpg

シャチは早朝便、9時便、12時便と出会うことができ
1便目は5頭のオスシャチの群れ、2便目は10頭ほどの別群れ
そして3便目も2便目同様の群れでした。
船の向かう先には、高い背ビレのオスシャチ!!
とても立派な背ビレで、大きいものは背ビレだけで約2mあります。
船首でカメラを構えているのは、写真家・今井尚二さんと伊藤健次さんです。
間にいるのは、長谷川次男のユウキくん。

DSC_0682.jpg

貫録たっぷりの大きなオスシャチ、とてもカッコよかったです^^
こんなに陸が違い所でシャチに出遭えるのも、羅臼では珍しくはありません。
こちらをプカプカ浮きながら、観察しているようでした。

IMG_2305.jpg

オオワシ、オジロワシも観察し、シャチにも出遭うことができ
とても贅沢でしたね〜
シャチ動画はfacebookに投稿したので、ぜひご覧ください。

DSC_0688.jpg

知床連山はすっきりとは見えませんでしたが、
山の色がとても美しく、絵に描いたような世界が
広がっておりましたね。

IMG_2519.jpg

時折、兄弟シャチでしょうか?
小さなシャチ同士がじゃれてゴロゴロしながら、遊んでいる様子が
見られました。めんこ〜い♪

IMG_2402.jpg

海鳥は、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ウミスズメ、コウミスズメ
ウミアイサ、カワアイサ、シノリガモ、ホオジロガモなどが見られました。

本日、午後からは3便出航しましたが
1時間のクルーズでもしっかり流氷を見て帰ってきました。

IMG_2483.jpg

こちら海に浮かんでいる棒は、流氷の時期だけ使用される『氷ぼんでん』
と呼ばれる竹のウキなんですよ。
そこに一羽のオジロワシ!!かっこいいですね。

DSC_0686.jpg

本日はご乗船の時にお客様から『今日は暖かいね』との声が多いように感じました。
それでも沖に出れば風を受け寒いので、ご乗船の際はしっかりと防寒対策を!
皆さん、寒い中大変お疲れ様でした。


(3012)
posted by e-shiretoko at 21:41| Comment(5) | 日記

2018年02月22日

シャチに出遭いました^^


今朝は風がなく気温が低かったので、早朝便出航すると海面が凍っており
蓮の葉氷!凪が良く、トロンとした海が綺麗でしたね。

DSC_0611.jpg

本日は4便運航となりました!
お天気がよく、綺麗な日の出が見られましたね。
連日天候にも恵まれ、流氷本体にも到達できています!

IMG_0598.jpg

1、2便は撮影コースにても出航。
本日は海外からのお客様が多く、常連のお客様もいらっしゃいました。

DSC_0615.jpg

北方領土・国後島は端から端まで見えており、知床連山は…
午前中はちょっと山頂は雲がかかっておりましたが、山の色がくっきりと
美しいです。

DSC_0632.jpg

折り重なって成長した流氷、こんな大きな氷が根室海峡に
入ってくることが、本当に不思議に感じます。
奥には流氷の中を進んでいくスケソウダラ漁の漁船です。

IMG_1154.jpg

こちらの漁船は、網を巻き上げておりました。
そばで少し見学していると、漁師さんたちが手を振ってくれましたね^^
寒い中、いつもお疲れ様です!

IMG_1425.jpg

午前便でシャチを発見したと他船から連絡が入ってきたので
午後便も出遭えたらいいな〜と思いながら出航。
流氷本体までも時間がかかるので、まっすぐ流氷に向かっている途中、
ちょっと遠かったのですが、シャチを発見し少しだけ観察することに…

1519282686207.jpg

3便目は行き帰りでシャチに出遭うことが出来ましたね^^
とてもラッキーでした。
1時間コースで流氷にも到達し、穏やかで清々しいクルーズ!!
オオワシ、オジロワシは多い時で約250羽。
こちら肩が白いワシがオオワシです。

IMG_1298.jpg

4便目は船長が『もうシャチは移動してしまったべな』と言っていた
矢先にシャチ発見!
シャチを見つけるポイントは、潮吹きやこちらの背ビレ。
黒い棒状の物が浮き沈みするので、それをポイントに探していきます^^

IMG_1491.jpg

貫録たっぷりのオスシャチ4頭、とてもカッコよかったです。
4便目は西日も強く、シャチの潮吹きにうっすら虹がかかっておりました。

IMG_1506.jpg

船の真横に浮上した時は、ぶっしゅー!!と勢いよく呼吸し
浮上しておりましたね。
お客様もいきなり浮上してくるシャチに驚かれていたようです。

シャチたちは警戒心が強かったので、少し観察しすぐにその場を離れました。

DSC_0642.jpg

最終便は西日に照らされて、山も海も空もとても美しかったですね!
ご乗船されたお客様も本当に条件がよく、良い日に乗ることができたと
大変喜ばれていた様子。

IMG_1364.jpg
オジロワシの幼鳥

本日も色んな出会いがありました。
その便その便で、海の状況も景色も異なります!
明日も条件よく出航できることを願いします。


(3011)

posted by e-shiretoko at 21:23| Comment(0) | 日記

2018年02月21日

大きな流氷


今朝も一段と冷え込み、とても寒い朝を迎えました。
本日は6便運航でしたが、風向きが悪くどんどん沖に離れていく流氷…
しかし、全便流氷本体に到達しましたよ^^

いつも私たちが出航する頃には、沖に煌々と漁船の灯りが見えているのですが
スケソウダラ漁の漁船たちは6時出航で、私達の方が先に出航!

DSC_0575.jpg

朝焼けも綺麗で、北方領土・国後島も端から端まで見えておりましたね。
お天気が良く本日もとても綺麗な日の出が見られました。

IMG_9342.jpg

朝日に染められ、流氷の氷もほんのりピンク色になり美しいです。

DSC_0582.jpg

羽を広げると約2mにもなるオオワシ、オジロワシ。
上空を飛んでいく姿を見ると、改めて大きいな〜と感じますね。

IMG_9497.jpg

初めてご乗船されたお客様も多く、一生懸命ワシを写しておりました。
楽しんで頂けたようで、また来年来ると船長に言っていたそうです!
またお待ちしております♪

DSC_0592.jpg

本日は早朝便と5、6便目でイシイルカとの出会いもありました。
しぶきをあげて活発に泳いでいるイシイルカ、時速50km以上で
泳ぐことが出来ます。
姿があまり見えなかった…と言う声が多かったのですが
イシイルカは水を切るように海面すれすれを泳ぐので、
あまり体が見えません。

IMG_0134.jpg

EverGreenにご乗船されたことがあるお客様は、船で出会っている方も
多いかと思いますが、写真家の今井尚二さんが羅臼に戻られました〜♪
本日久しぶりのご乗船です^^今年もよろしくお願いします。

DSC_0596.jpg

1時間コースでは、船長が漁業の話もしているのですが
今時期ならではの光景がこちら。

IMG_0104.jpg

海面に何本もの竹が浮いているのですが、こちらは漁師さんたちが
網をしかけている印となる、ウキなんです。
『氷ぼんでん』と呼んでおり、普段使用している丸いプラスチック製の
浮きの場合、流氷が来るとちぎれて持っていかれてしまうのですが
この竹はとても長く、流氷がくると流氷の下に潜りこむようになっています。

IMG_0108.jpg

本日も寒い中、スケソウダラ漁、そしてウニ漁の船が出航していましたね。
漁師の皆さんお疲れ様です!!!

海鳥は、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ミツユビカモメ
ホオジロガモ、シノリガモ、ヒメウ、カワアイサ、ウミアイサなどが見られました。

流氷がどんどん国後島側へ離れて行く風だったのですが、
1時間コース4便、全て流氷本体に到達することが出来て良かったです☆

DSC_0599.jpg

ワシ達は高い所に停まりたがるのですが、
こちら狭いながらに仲良く2羽、オオワシとオジロワシが停まっていたところに
バサバサ〜!!と飛んできて、2羽の狭いスペースに無理やり突っ込んできた
オオワシ…

IMG_9617.jpg

着地に失敗し、押し出されました(笑)

IMG_9622.jpg

一生懸命さに残念の気持ちと、ちょっと可愛らしく笑ってしまいました。
最終便は、西日も強く青空も見え、より一層氷の色もくっきりと
北方領土・国後島も近く見えましたね!

DSC_0603.jpg

同じ瞬間、条件は二度と訪れない中で毎日船に乗ることが出来て
日々勉強と感動が生まれます。
毎日見ている流氷でも、雰囲気は1日で変わっています。
今年は大きな流氷が目立つように感じますね。

IMG_0153.jpg

明日も条件よく出航し、流氷本体にも到達できますように。

そして、本日はシャチ好きのお客様が多くご乗船されており
最近のシャチ情報を聞かれたのですが…シャチは見られておりませんでしたね。
し、しかし6便目が終わり事務所で仕事をしていると船長が
『家からシャチが見える!』との情報!!?
16時半頃、長谷川家からシャチが2頭見えました…
やっぱり根室海峡内をウロウロしていたのですね。
明日もちょっとだけ探してみようと思います。


(3010)

posted by e-shiretoko at 18:29| Comment(0) | 日記

2018年02月20日

1時間でも流氷帯へ


流氷は1日で大きく移動することもよくありますが…
本日も何とか全便、流氷帯に到達することが出来ました。
朝焼けの時間もとても綺麗です!
空気が澄んでいるので、色鮮やかで景色がくっきりとしています。
奥に見えるのは北方領土・国後島、そしてスケソウダラ漁船。

IMG_7729.jpg

日の出は綺麗なまるい太陽があがり、美しかったですね。
見惚れる光景が広がっておりました。
画像に写っているのは、オジロワシの幼鳥です。
まん丸太陽の画像はFacebookにアップしました、ぜひご覧ください。

IMG_7913.jpg

日の出の瞬間はほんのひと時、皆さん真剣に撮影されていますね。

DSC_0544.jpg

いつも思うのですが、現場にいる時はものすごーく寒いのですが
あとからパソコンで撮影した画像を見返すと、日の出の時間帯の画像は
ポカポカしているように感じてしまいますね(笑)

IMG_8127.jpg

あまり海鳥を発見することが出来なかったのですが、
こちら港前で見られたケイマフリ。

IMG_8770.jpg

その他、ホオジロガモ、シノリガモ、スズガモ、ウミアイサ
カワアイサ、ヒメウなどが見られました。

全便で流氷には到達できたのですが、風向きはどんどん流氷が離れてしまう風。
流氷は1日、1時間でも常に移動し続けているので、1日で離れたり
逆に港の中が流氷でいっぱいになることもあるんです!

DSC_0553.jpg

キラキラ逆光の中、羽ばたくオオワシも綺麗です。
流氷も大きいものがあちこちにあり、遠くから見ると船と間違えそうになるほど!

IMG_8271.jpg

たった1時間違う便に乗っただけでも、流氷の場所も変われば
お天気や海の状態もその時によってどんどん変化します。

DSC_0566.jpg

沖にいると、続々と流氷の奥の方からスケソウダラ漁船が戻ってきました!
スケソウダラ漁の漁船は、非常に頑丈な造りになっているので
多少の流氷の中なら、進むことも出来ます。

IMG_8784.jpg

晴れ間が見られているうちはいいのですが…
少しでも太陽が隠れてしまうと、一気に寒さもましますね(汗)
また風が吹くと体感温度も下がります。

DSC_0568.jpg

こちら2羽仲良く並んでいるのは、オオワシです。

IMG_8750.jpg

向かって右がオオワシの成鳥。
では左は??実は、これもオオワシ(幼鳥)になります。
幼鳥と言っても大人の大きさとほとんど変わりませんね。

こちらは、向かって左がオオワシ、そして右はオジロワシになります。

IMG_8980.jpg

本日最後の便は、風も落ち着き青空も見られ
流氷が青く、西日に照らされて柔らかく優しい光が広がっておりましたね^^

DSC_0569.jpg

北方領土・国後島もくっきりと見えておりました。
羽を広げつと約2m、カッコいいオオワシです!!

IMG_9107.jpg

本日、根室海峡ではイシイルカを発見することが出来ました。
ゆっくり背中を出して泳ぐとき、しぶきをあげて活発に泳ぐとき
その時によって見え方、見つけるポイントが変わってくるんですよ。

IMG_9053.jpg
ゆっくり泳いでいる時は、背中がポコポコ見えます

この時期にイシイルカに出会えることは大変珍しいです^^

本日もひ〜んやりと羅臼沖の空気を感じながら
外で頑張ってくださったお客様も多かったようでした。
明日も条件よく出航できますように☆


(3009)

posted by e-shiretoko at 21:05| Comment(0) | 日記

2018年02月19日

常に変化し続ける景色


本日は5便運航となりました。
撮影コース2便と観光コース3便、条件よく出航することが出来ましたね^^

昨日ひっさしぶりに確認できた流氷、本日も港前に沢山ありました!!
天気は快晴、とても綺麗な朝焼け、日の出が見られましたね。


IMG_6558.jpg

北方領土・国後島から昇る朝日、朝日に照らされピンク色に染まる知床連山。
どこを見ても、うっとりする美しい景色が見られました。

DSC_0525.jpg

昨日よりも沢山の流氷が港前に流れてきたので、
お天気が良く風も弱いのですが、自分のもとに届いてくる風は
一段と冷やされ、とても寒く感じましたね。

IMG_7080.jpg

羽を広げると約2mもあるオジロワシ。
オジロワシは町の鳥にも指定されています。

DSC_0462.jpg

早朝便と9時便、どちらに乗るか迷う方もいらっしゃいますが、
日の出の時間帯と日が昇ってからの時間帯。
好みもありますし、その時間の良さが色々とあるので、
どちらの時間帯もオススメしています。

昨日ともまた違った形の流氷、山のように積み重なった大きな氷も
あちこちに目立ちましたね。
たかーい氷の上には、魚をゲットしたオジロワシが『キャンキャンキャン!!』と
これは俺のものだ!と言っているかのように鳴いていました。

IMG_6830.jpg

3便目は台湾からの団体様がご乗船されました。
皆さん、美しい景色をバックに沢山写真を撮影されておりました。

DSC_0493.jpg

さて、こちらの画像はクジラの見える丘公園下にある柱状節理を
撮影したのですが、この中にオジロワシが2羽隠れています
皆さん見つけられますか!?

IMG_9793.jpg

同じ晴れの景色でも、条件はその時によって異なり
刻々とその景色は変化し続けています。

DSC_0474.jpg

こちら白黒の羽、くちばしの黄色が鮮やかなオオワシです。
オオワシ、オジロワシたちは越冬のため羅臼を訪れます。

IMG_7631.jpg

船長が『昨日のシャチいないか〜?』と聞いてきましたが
本日は、シャチは見つけることはできませんでした(汗)

DSC_0501.jpg

気温が低く、風が少しでも吹くと一気に体感温度が下がりますね。
寒そうにしているお客様も多かったようでした。

大きな流氷の上には、オオワシ・オジロワシたちが停まっていますね。
彼らは高い所が好きです。
奥に見えているのは、北方領土・国後島。
国後島最高峰のチャチャ岳も本日はくっきりと見えておりました!

IMG_7659.jpg

本日5便目、いつもはスマホカメラマンのあの人は
一眼レフカメラマンに…

DSC_0514.jpg
船長、笑顔で撮影していました(笑)

海が一面、このような流氷で覆われるなんて…
自然の力は凄いな〜と改めて感じましたね。

DSC_0518.jpg

夕方、流氷の動きを実習生たちと観察してきました。
すると実習生のTogamiさん、双眼鏡でミンククジラを発見!!

DSC_0529.jpg

流氷は根室海峡内に沢山入ってきましたね。
明日も条件よく、出航出来ることを願いします。


(3008)


posted by e-shiretoko at 22:44| Comment(2) | 日記

2018年02月18日

流氷が入ってきました!


昨日は夕方から強風、積雪。
路面が凍りついたところに、パウダースノー。
目に見えないので、油断をしていると…

DSC_0379.jpg

つるんっ!!とこうなります(汗)
実習生たちは、羅臼らしい冬を日々体験しています。
昨夜は実習生たちと吹雪の中、高島屋旅館へ温泉に入りに行きました。
疲れも溜まってきているようだったので、温泉でしっかり疲れが取れたかな!?

今朝は、6時頃から除雪作業開始!!
家から出ると玄関の前には、腰の高さを越える吹き溜まりが
出来上がっていました(汗)長谷川船長、ブル出動!!!

DSC_0390.jpg

ご近所さんにもお手伝い頂き、みんなで雪かき。
『おりゃ〜!!』とバンバン雪をかいていると、ご近所さんから
朝から元気だな〜、ずいぶんとパワーあるな!と言われました(笑)

本日、早朝便は荒天欠航となったのですが
その他4便は風、雪も落ち着いてきたので、無事出航することが出来ました。
そして、朝起きて外に出ると海上には流氷の姿が!!

9時便は撮影コースにて出航となりました。
連日ご乗船頂いていた、イギリスからの常連のお客様は最終日で
やっと流氷を見ることが出来ました。

DSC_0418.jpg

本日は約2週間ぶりの流氷!
昨日はさっぱり見えなかったのですが、一気に北寄りの風が吹き
入ってきたのです。

IMG_5953.jpg

飛ぶ前にしっかりと羽を広げ、準備運動(笑)!?
こんなに上まで翼があがるんですよっ!!

IMG_9171.jpg

多少風がありましたが、流氷はあまり場所を変えず港前にあったので
1時間の観光コースでも全便流氷帯に到達することが出来ました^^

DSC_0427.jpg

オオワシ、オジロワシは本日も沢山見られましたね。
向かって右がオオワシ、左はオジロワシです。
違う種がそばにいるのにケンカしないの?とよくお客様から
質問されますが…
こんなに近くにいてもケンカはしていませんでしたね^^

IMG_6025.jpg

3便目、出航して流氷に向かっている最中でした…
流氷の際に棒状の浮き?
ではなく、見つけたのはシャチでした^^
全部で7頭のシャチを確認することが出来ました。

IMG_6201.jpg

警戒心が強く、あまり船のそばで遊んでくれませんでしたが
流氷がある時期にシャチと出遭えるとはとてもラッキーです。

DSC_0433.jpg

流氷があるそばでシャチが悠々と泳ぐ姿など、大木もほとんど
見た事がないので、興奮しました!!
3、4便は、オオワシ・オジロワシを観察して
シャチまでも観察することが出来ましたね。

IMG_5824.jpg

流氷の時期にシャチに出遭えるとは…また、1時間のコースで!!
こちらのシャチは立派な背びれをもつ、オスシャチです。
大きいものでは、背びれだけで2m近いです。

IMG_6296.jpg

多い時で、オオワシ・オジロワシは約250羽確認できました。

DSC_0445.jpg

沖に出るとひゅ〜っと風が当たり、とても寒かったのですが
流氷がある景色、オオワシ・オジロワシ、そしてシャチまでも!!
壮大な景色が広がり、寒さも忘れてしまいます。

流氷は風向き次第で、1日で大きく移動します!
あまり離れずに流氷が残っているといいですね。

明日も素敵な出会いが沢山ありますように☆


(3007)

posted by e-shiretoko at 21:23| Comment(0) | 日記

2018年02月17日

絶景の知床半島


今朝も気温がかなり下がりましたね。
早朝は−10度、とても寒い朝を迎えました!
本日は撮影コースにて2便、観光コースは3便、計5便となりました。

早朝便は出航時、港から出る前に港内でゴマフアザラシが顔をだし

IMG_4619.jpg

そして、綺麗な朝焼け&日の出が見られましたよ^^
空気が澄んでおり、気持ちのいい朝を迎えました〜

IMG_4808.jpg

朝焼け、日の出がとても綺麗で、北方領土・国後島もスッキリと
見えておりました。
流氷が離れているため、早朝便と9時便は港周辺でワシを撮影。

DSC_0357.jpg

ワシを撮影していると水平線の奥の方に、黒いヒレ?!
なんと、早朝便はシャチに出遭うことが出来ました^^
発見した時は、かなり遠かったのですがシャチたちはどんどん羅臼側へ。

IMG_4977.jpg
奥に見えているのはクジラの見える丘公園

大きなオスシャチが4頭、みんな悠々と泳ぎ迫力がありました。
海の王者の貫録溢れるオスシャチたち。

IMG_4955.jpg

皆さん、一生懸命撮影されていたようでした。
海鳥はこちらのケイマフリ

IMG_5008.jpg

ヒメウ、カワアイサ、ヒメアイサ、コウミスズメ、ウミスズメ
シノリガモ、スズガモ、ユリカモメなどが見られました。

港内の氷が少し凍りついており、その氷の上にオオワシ。
よくよく見ると、片足上がっています!!
冷たかったのでしょうか(笑)??可愛らしいですね♪

IMG_5104.jpg

1時間の観光コースでは、少し沖へ向かい知床の景色を見て頂き
少しシャチも探しつつ…
オオワシ、オジロワシを沢山観察することが出来ました。

DSC_0372.jpg

力強く電柱から飛びたったのはオジロワシ!!
羽を広げると約2m、とても大きく迫力がありますよね。

IMG_5018.jpg

徐々に雲行きが怪しくなり、朝はすっきりと見えていた知床連山
国後島が雲に隠れて見えなくなってきました。

DSC_0375.jpg

5便目は雪が降りだし、視界が一気に悪く…(汗)
沖に出ることが出来ず、港周辺でワシを観察することになりました。
深々と雪が降り続きましたね。
早朝に比べると気温はだいぶ上がったように感じましたが、
風が徐々に強くなり、体感温度は下がりましたね。

IMG_5331.jpg

1日で海の状況や天気がガラッと変わった本日。

DSC_0377.jpg

その時の出会いも様々で、羅臼の自然の様子を堪能しました♪
とても寒い中でのご乗船、皆さん大変お疲れ様でした!

明日は気象予報が悪いため早朝便は欠航に…
羅臼は吹雪、明日朝はまず雪かきから忙しそうです。
皆さん、移動の際はくれぐれもお気をつけて。


(3006)

posted by e-shiretoko at 22:19| Comment(2) | 日記

2018年02月16日

冬季は稀だったはず…


今朝、外に出ると風も弱く昨日に比べたら寒くない!と
思ったのですが、船に行ってみると意外と風があり
雪が降っているのでやっぱり寒さ厳しい早朝でした(汗)

本日も流氷がそばにないため、港周辺で撮影コース2便と
午後から1時間のコース、3便運航となりました。

朝は雪が降りどんよりとした空でしたが、徐々に雲がとれ
あたたかい日差しが!

DSC_0342.jpg

本日も沢山のオオワシ、オジロワシを観察することが出来ました^^  
早朝便に出会ったこちらのオオワシ、寝起きだったのか?
頭のてっぺんに寝癖?おしゃれなのでしょうか(笑)

IMG_3811.jpg

本日は海外からの常連のお客様もご乗船されており、
久しぶりに出会えて嬉しかったです。

こちら羽を広げて降下してきたのはオジロワシ!
力強い眼差しで風を使い、自由自在に飛び回ります。

IMG_3900.jpg

本日は沖もわりと穏やかで、撮影コースが終わり事務所で
仕事をしていると、船長の元へシャチ情報が入ってきました。
長谷川家から双眼鏡で探してみると、肉眼でも見えるところを
大きなオスシャチが泳いでいました〜^^

DSC_0347.jpg
双眼鏡越しの撮影です(笑)

シャチと出遭える可能性もあったので、午後便はとりあえず沖に出てみることに!

DSC_0351.jpg

そして、シャチ発見しました^^
全部で3頭、連日確認されているシャチでしたね。
シャチを見つけるポイントは、黒い背びれと潮吹きです。

IMG_4456.jpg

みんな警戒し、潜水も長かったのですが
少しだけそばでシャチを観察することが出来ました。

IMG_4413.jpg

船のそばに浮上すると、その大きさにお客様からは歓声があがりました。
背ビレだけで2m近くあります。

1518758106052.jpg

少しだけシャチを観察した後、オオワシ・オジロワシも観察。
3便目はお天気も良くなり、北方領土・国後島も知床半島も徐々に姿を現しました。

IMG_4558.jpg
奥に見えているのは国後島です

海鳥は、こちらのハシブトウミガラス

IMG_4528.jpg

ウミアイサ、カワアイサ、シノリガモ、スズガモ、ヒメウなどが
見られました。

今時期は珍しいですよ!と言っていたシャチが、よく観察できていますね。
シャチのシーズンは5月〜7月上旬なのですが…
さて、いつまで見られるのでしょう?
明日も順調に出航できますように。
知床ネイチャークルーズのFacebookには、シャチの動画もアップしました。
ぜひご覧ください。


(3005)

posted by e-shiretoko at 20:00| Comment(0) | 日記

2018年02月15日

最後の最後でシャチ発見


本日は早朝便、9時便が撮影コース、11時、12時便は
1時間のコースでの出航となりました!
本日もとても寒く、風もあり沖は白波でした…(汗)

連日ご乗船されているお客様も、風がある寒さがとても辛そうで
指が痛いと言っておりました。

DSC_0323.jpg

雲が厚く、日の出が見られませんでしたが綺麗な光が溢れておりました。

IMG_3161.jpg

オオワシの奥、水平線に見えている灯りは、スケソウダラ漁船。
この流氷がくる厳冬期に羅臼では1月〜3月、スケソウダラ漁が行われております。

IMG_3018.jpg

2便目、皆さん一生懸命ワシの撮影をしている中
河口付近でゴマフアザラシが見られ
こちら、ベルギーからのお客様はシャチが見たいと言うことで
大木と一緒にシャチ探し^^
ひたすら双眼鏡を覗き、波がある海探し続けてくださいましたが
残念ながら見つけることが出来ませんでした。

DSC_0331.jpg

3便目は観光コースでの運航となりましたが、少しずつ波も低くなってきたものの
まだ沖は波が高かったで、港周辺でワシを観察、撮影となりました。
目の前には羅臼岳が見えるのですが、11時便は雲で隠れてしまいました。

DSC_0333.jpg

すると、世界の川端さんから家からシャチが見えると連絡を頂きました。
ありがとうございます!!
船から探してみると、波の中水平線の奥の方に1頭シャチのヒレ。
残念ながら沖は波が高く、シャチを探しに行くことが出来ませんでした。

港周辺でワシを観察していると、ヒラヒラと少し小さなカモメ。
こちらユリカモメが船の周りを飛び回っており、とても可愛らしかったです。

IMG_3639.jpg

その他、海鳥はシノリガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ
ヒメウなどが見られました。

そして、4便目…
少しずつ沖の波が落ち着いて、白波が減ってきたので
ちょっと沖にシャチを探しに行ってみましょう!!ということに^^

DSC_0334.jpg

なんと、3便目はどんどん知床岬方面に離れて行ってしまい姿を消したシャチたちが
港前に戻ってきてくれました。
何とかシャチを発見することができ、1時間のコースでシャチに出遭うことが
出来ましたね♪

IMG_3730.jpg

潜水も長く、最近出遭っているオスのシャチ達。
全部で3頭は確認することが出来ました!!
少し警戒しているようだったので、ちょこっと観察して港へ戻りました。

1時間コースで、シャチにオオワシ・オジロワシも堪能。
とても贅沢なクルーズとなりました☆
精悍な顔立ちのオジロワシ、羽を広げると2m近いです。

IMG_3493.jpg

とても贅沢のクルーズとなりましたね。
EverGreenの後ろに戻ってきたスケソウダラ漁船をよく見ると

IMG_9037.jpg

船が氷で覆われております!!
波の中帰港してきたので、舞い上がった飛沫が船に付着し凍りついた『船体着氷』

IMG_9041.jpg

この氷を定期的に落とさなければ、船が重くなり事故に繋がります。
帰港後、船についた氷を漁師さんが丁寧に落としておりました。

本日もとても寒い中、皆さん大変お疲れ様でした。
明日も出航予定です!条件よく出航できますように☆


(3004)


posted by e-shiretoko at 17:41| Comment(0) | 日記

2018年02月14日

実際の大きさ


本日は早朝と9時便は撮影コース、13時便は観光コースでの出航です。
キレイな日の出が見られ、日の出の時間も刻々と早まっておりますね。

DSC_0304.jpg

沖合は多少波風があり、沖に出ることは出来ず港周辺での撮影となりました。
奥に見えているのは、北方領土・国後島です。
本日は国後島がより近く、ハッキリと見えておりました!
知床半島から国後島までは近い所で約25km、とても近いです。

IMG_2551.jpg

早朝便は海外からお越しのリピーターのお客様も多くご乗船。
海外からも何度も羅臼に来て下さるのは嬉しいですね!

IMG_2680.jpg

羅臼はほぼ1年通して観光船が運航しており、四季折々楽しい海です。
国内外問わず、ぜひ時期を変えご乗船して頂きたい素敵な海です^^
大木はただシャチが好きと言うだけで羅臼に移住してきましたが
今ではどの季節も大好きで1年毎日感動の連続です。

本日も沢山のオオワシ、オジロワシを観察することが出来ました。
お天気がよく景色はとても綺麗でしたが、沖は波がありましたね。
風が吹くと体感温度も下がります、ご乗船の際は防寒対策をしっかりと!
船内は出入り自由ですので、寒いお客様は無理なさらないように^^

DSC_0310.jpg

こちら、肩のラインが白いオオワシ。
脚はモモヒキをはいたような可愛らしい足元。

IMG_2793.jpg

3便目出航時、スケソウダラ漁の漁船が次々と帰港してきました。
羅臼のイケメン漁師さんたちが、お客様に手を振ってくれていましたね♪

IMG_2873.jpg

本日もとても寒い1日となりました。
気温がぐっと下がり、風がなかったため港内は結氷しておりました。

DSC_0312.jpg

3便目はさらに波がたち、沖は白波に…(汗)
港外に出ることができず港内でワシを観察しました。
お客様は、船長が話す羅臼の文化や歴史、漁業の話やワシの話などに耳を傾けながら
ワシ達を一生懸命撮影されておりました。

IMG_2934.jpg

夕方に実習生たちを連れて、羅臼ビジターセンターへ。
ビジターセンターは無料で入れる環境省の施設です。
最近よくシャチに出遭うことが出来ていますが、
羅臼沖で流氷に挟まり亡くなったシャチの骨格標本が展示されております!

DSC_0317.jpg

ビジターセンターのホワイトボードには、その日クルーズで出会えた
生き物の情報提供をしております。
当社から配信している情報を細かく書いてくださっているようです。

DSC_0316.jpg

大海原を泳ぐシャチの姿や上空を飛び回るワシ達を観察していますが
実際の大きさを目に、手にするとその大きさを改めて実感しますね!
こちらは、オジロワシが羽を広げた時の大きさです。
約2mあります!!

DSC_0315.jpg

明日も出航予定でおります、条件よく出航できますように☆


(3003)


posted by e-shiretoko at 21:10| Comment(0) | 日記