2018年09月21日

港の真ん前にクジラの大群


今朝は凪がよく、視界も良好!!
クジラの見える丘公園からは、マッコウクジラ2頭、ツチクジラのらしき群れの
潮吹きも多数確認することができました。
マッコウクジラは本日、わりと陸に近い所で観察することができました。

DSC_5093.jpg
左のココにツチクジラの群れ、右のココにマッコウクジラ

スカーっと!!晴れ渡った秋晴れ、お出かけ日和の本日は
2便運航となりましたね^^
出航してすぐにかなり遠かったのですが、ツチクジラがジャンプ連発。
そばで観察できたらいいな〜と期待しながら沖へ。

スタッフ・秋田のレクチャーを聞いて、お客様も一緒に生き物を探して下さいました。

DSC_5094.jpg

他船と手分けして生き物を探し、2便共にマッコウクジラをそばで
観察することができましたよ^^
多少風があり、潮吹きがなびいておりましたが
しっかりその潮吹き、そして尾びれを見ることができましたね。

IMG_4703.jpg

港前では遠くにイシイルカのしぶきが見られ、帰港間際に他船から
ツチクジラの情報です!ありがとうございます。
はじめジャンプをしたり、尾びれで海面を叩いたり豪快にしぶきが!

IMG_4733.jpg

クジラの見える丘公園の真ん前、これだけ陸に近いと肉眼でも十分に見えますね。

IMG_4987.jpg

ざっと数えただけでも20頭はいたと思われます。
また、いつもは警戒心が強いためすぐに潜ってしまうツチクジラ…
長いこと浮上しており、そばでゆっくり観察することができました。

IMG_5024.jpg

全長は10mほどある大型のクジラ!豪快に潮吹きをあげ群れで泳ぎ
とても迫力がありましたよ。
羅臼沖の特徴は、港を出て数分走ると一気に海が深くなっているため
陸に近い所でも、深海性のイカなどを食べるマッコウクジラやツチクジラに
出遭うことができる場所なんです。

海鳥は、こちらのビロードキンクロをはじめ

IMG_4722.jpg

アビ類、アカエリヒレアシシギ、ウトウ、ミツユビカモメ、ウミウ
コシジロウミツバメ、トウゾクカモメ、ミズナギドリ類などが見られました。

午後便は港周辺で沢山のイシイルカに出遭う事が出来ました。
活発に泳ぐ際は、このようにしぶきが見つけるポイントになります。

IMG_5176.jpg

実は白黒のツートンカラーの体色をしています。
お客様にお腹の白い部分は見えましたか?と尋ねると首をかしげる方が
多いのですが、あまり体を海面に出さず泳ぎ高いジャンプをしないイルカなので
お腹の白い部分は見えづらいんです。

IMG_5131.jpg

午後便もマッコウクジラは順調に観察することができましたね。
近い遠い含め、少なくとも6頭以上のマッコウクジラが根室海峡に
入っておりました。

息を吸って吐く時、この潮吹きがあがるので霧状のモコモコが
浮上している間何度も上がります。

IMG_5254.jpg

7分前後、呼吸を整えると最後尾びれをあげて一気に潜水。
深海の真っ暗な海へマッコウクジラは潜っていきます。

IMG_5392.jpg
奥に見えるのは北方領土・国後島

そして真っ暗な海の中、目が使えないため自分で音を発して
その反響を使い、物との距離を測ったり、餌を探したりしています。
1度潜ると約40分潜水し、何Kmも移動し息が苦しくなったらまた浮上します。

DSC_5096.jpg

沖に出ると風を受け、ひんやりとしておりましたが
本日は気温もあがり沖に出ても暖かく感じましたね♪
知床連山も北方領土・国後島もスッキリと見え近く感じました。

ツチクジラの動画を知床ネイチャークルーズfacebookにアップしましたので
ぜひ、ご覧ください。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3186)


posted by e-shiretoko at 17:25| Comment(0) | 日記

2018年09月20日

またしても5頭集結!!


本日は2便運航となりました。
2便共にマッコウクジラ、そしてイシイルカに出遭う事が出来ましたね^^
お天気は本日もコロコロと変わり、午前便はどんより曇り空が広がり
徐々に青空が見えてきました!午後便は一変し、青空が広がりましたね。

DSC_5082.jpg

本日はわりと凪の良い中、出航することができ
知床連山、北方領土・国後島もしっかり見ることができました。

2便共に活発に泳ぐイシイルカを観察することができたイシイルカ。
このしぶきがイシイルカを見つけるポイントなります。

IMG_4123.jpg

背中で水を切るように泳ぐイシイルカ。
高いジャンプはせず、独特なしぶきをあげ高速で泳ぐことができます。

マッコウクジラに関しては、2便共に複数頭観察することができました。
約40分潜水し、息が苦しくなると浮上し呼吸を整えます。
息を吸って吐く時にこのような潮吹きがあがります。

IMG_3942.jpg

7分前後呼吸を整え潜水していきます。
こちらの個体は、ギラギラ逆光の中勢いよく尾びれを持ちあげ潜水!
反り返るように潜っていきました。

IMG_3970.jpg

海鳥はこちらのウトウが沢山観察でき

IMG_4148.jpg

トウゾクカモメ、アカエリヒレアシシギ、ミツユビカモメ、
アカアシミズナギドリなどが見られました。

午後便は出航してすぐに遠くに高く上がる潮吹きを発見しました!!

IMG_4039.jpg

マッコウクジラではないことがわかりましたが、高く縦に上がる潮吹き!?
さて、先日見られたナガスクジラでしょうか??
潮吹きを何度もあげ、最後に見えたのは尾びれ!!!

IMG_4051.jpg

その正体は、ザトウクジラでしたね。
根室海峡・羅臼沖で出遭えることはとても珍しくまた今時期に出遭えるのも
あまり記憶にありませんね。
皆さんしっかりと尾びれが上がる瞬間を観察することができました。

イシイルカも沢山観察することができ、他船と手分けして探鯨。
マッコウクジラもそばで観察することができましたね。
周りを気にしている行動なのか…もしかするとお昼寝をしている可能性もあります。
こちらのマッコウクジラは頭を出したり沈んだりを何度も繰り返しておりました。
お客様と海ぼうずみたいで可愛い!!と話しておりましたが、
午後便に関してはまたまた5頭集結しましたよ〜♪

IMG_4265.jpg

知床連山をバックにプカプカ寄り添い浮上しているマッコウクジラ。
羅臼に来るマッコウクジラは全てオスだと言われており、普段は単独行動
このように群れて行動することを『社会行動』と呼んでいます。
まれに群れて行動する様子が観察されます!

IMG_4395.jpg

悠々と泳いでいるマッコウクジラたちは、何十分も浮上したまま
自由行動です(笑)
先程紹介した、ザトウクジラは潮吹きが縦に上がるのに対し
マッコウクジラの潮吹きは斜め前方に上がるんです。

それぞれ自由に海面で泳ぎ、何のタイミングなのか次々と潜水していきました。
午後便は5頭集合したマッコウクジラ他、同時に遠くで3頭集合したマッコウクジラ
もう1頭別に確認しているので少なくとも9頭はいたことになります。

IMG_4555.jpg

本日もとても貴重なシーンと出遭う事が出来ましたね。
日差しが強く暖かく感じましたが、沖を走ると風が冷たく体感温度が下がります。
沖から見る知床連山も一気に秋めいてきましたよ。

DSC_5090.jpg

ご乗船の際は、しっかりと暖かい格好でご乗船ください。
午後便に関しては、以前もご乗船頂いた根室のジュエリーデザイナーさんが
お友達を連れてご乗船頂きました。ありがとうございます!

_20180920_154759.jpg

本日も沢山の出遭いに感動の連続でした!
明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3185)


posted by e-shiretoko at 18:00| Comment(0) | 日記

2018年09月19日

1頭、2頭、3頭…いやいや5頭です!?


今朝は視界も良く、多少沖は波があるように見えましたが
途中から雨が降り出し、そこからの強風(汗)
クジラの見える丘公園から観察しておりましたが、お天気の移り変わりが
目まぐるしく…

多少波があるものの、無事2便出航することができました♪
出航時オジロワシが防波堤にいたのですが、その後飛び立つと
オオセグロカモメに追われていましたね。

IMG_2948.jpg

その他、海鳥はウトウ、アカエリヒレアシシギ、ミツユビカモメ
トウゾクカモメ、アビ類なども見られました。

午前便は出航してすぐに潮吹きを発見しました!
マッコウクジラ??かと思いよく観察してみると高く上がる潮吹き…

IMG_2979.jpg

一瞬だけ真横から逆光の中背ビレを見ることができましたが、
ナガスクジラ科のクジラのように見えました。
あまりそばで観察することができませんでしたが、
もしかするとナガスクジラだったかもしれません!?

陸からこれだけ近い所で観察していたので、これなら陸から十分に
見つけられる距離ですね♪

DSC_5051.jpg

本日は2便共にこちらのイシイルカを観察することができました。
背中で水を切るように海面を泳ぐので、体がほとんど見えません。
こちらのようにしぶきをあげながら、活発に泳ぎます。
『イルカ』と聞くと高くジャンプをするイメージが強いお客様も多いですが
こちらのイシイルカは高いジャンプをしません。

IMG_3667.jpg

水族館などでも飼育されておりませんので、野生でしか出遭えないイルカなんです♪
また、マッコウクジラも2便共にそばでゆっくり観察できました。

DSC_5052.jpg

複数頭のマッコウクジラを観察することができ、午前便は少なくとも
7頭以上のマッコウクジラを確認することができました!

約40分潜水し、浮上時間は7分前後。
その短い時間だけ、私たちは彼らに出遭う事が出来るのです^^
プカプカ浮いているマッコウクジラが1頭…

IMG_3079.jpg

観察を続けていると、おや…

IMG_3086.jpg

なんと3頭になりました!!?
これは珍しいですね、いつもは単独行動をしているオスのマッコウクジラたち。
本日は複数頭で集まり、プカプカ…

IMG_3338.jpg

おやおやおやおや…なんと5頭そろいましたよ〜^^
その後、向こうからもう1頭合流して6頭集まりました。
みんなで同じ方向を向いて、何度も呼吸を繰り返し呼吸を整えます。
たまに旋回をしたり、頭をあげて浮いていたり。

IMG_3624.jpg
マッコウクジラの頭が海面に…

このようにオス同士のマッコウクジラが群れて行動する様子が
根室海峡・羅臼沖でもまれに見られることがあります!
久しぶりにこれだけの数がまとまって泳ぐ姿を観察することができました。
とっても貴重なシーンに出遭う事ができ、テンション上がりました!!
多い時で7頭そろって泳いでいる様子を観察したこともありますが、
スタッフ秋田は5頭並んで泳いでいるシーンを初めて観察したそうです。
お客様もとてもラッキーでしたね☆
このマッコウクジラたちはこのまままった〜りと泳ぎ続け潜水する気配もないため
その場を離れました。

すると、帰港途中にまたマッコウクジラを発見し
今度は尾びれを高くあげ潜水していきましたね^^

IMG_3641.jpg

午後便は出航してすぐに雨が降り始め、波風が立ってきましたね(汗)
雨が去るのを待ちつつ生き物を探していきます。
雨も弱まり、お客様もレインウェアを着て外で頑張って下さいました。

DSC_5059.jpg

午後便もマッコウクジラを複数頭確認することができ、最後はそばでゆっくり
マッコウクジラを観察することができましたね♪
息を吸って吐く時に、このように高く潮吹きが上がります。

IMG_3741.jpg

尾びれが上がると、一気に深海へ潜水していき
何kmも移動し息が苦しくなったらまた浮上する繰り返しです。
尾びれの幅だけでも約3m、全長は15m〜18mもありとても大きいです。

IMG_3807.jpg

本日は1日お天気が変わりやすく、急に風波が立ったり
雨が降ったり止んだり、そして雨が上がると綺麗な虹が何度も見られたり♪

DSC_5066.jpg

最後はべた凪の海へ…
北方領土・国後島も知床連山も綺麗に見えましたね。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3184)

posted by e-shiretoko at 18:06| Comment(0) | 日記

2018年09月18日

2頭の仲良しマッコウクジラ


昨夜は晴れ渡り、星空がとても綺麗でした!
天の川もしっかり見え、流れ星はいくつも見つけることができました。
夜中0時頃になると港は漁船のエンジン音が響き賑やかに、車も行き交います。
安全第一で、本日の大漁を願い漁船たちを見送りました。

DSC_5023.JPG

さて、今朝は凪も良く視界も良かったので、クジラの見える丘公園からは
2頭のマッコウクジラを確認することができましたよ。
本日は2便出航することができました。

午前便は港周辺ではイシイルカに出遭う事が出来ましたね。
知床連山もこの通り、綺麗に見えておりました!

DSC_5027.JPG

多少波がありましたが、白波の中にイシイルカのしぶきを
お客様もしっかり見つけてくださいました。
奥に見えている赤白の灯台のところには、ウッドデッキがあり
大木が出勤前に沖観察をしているクジラの見える丘公園があります。
今年も長崎大学のマッコウクジラ調査チームが約1ヶ月の調査を終えました。

IMG_2445.jpg
ココにイシイルカがいます

日の出から日没まで、この丘から目視調査。
とても大変な作業ではありますが、その情報を観光船にも提供してくださり
多大なる貢献をして頂きました!今年も本当にありがとうございました。

午前便はその他、マッコウクジラも順調に3頭観察することができましたね。
奥には北方領土・国後島。
こちらは手前に1頭のマッコウクジラ…
手前のマッコウクジラを観察していると、奥にも潮吹き!?
奥にもマッコウクジラが浮上しました^^

IMG_2557.jpg

何度も浮上している間は息を吸って〜、吐いて〜を繰り返し
準備が出来るとこのように尾びれを高々とあげ、一気に潜水していきます。

IMG_2602.jpg

その後、奥に浮上したマッコウクジラを観察。
よく見るとなんと2頭並んでおりましたね!!

IMG_2669.jpg

普段は1頭で行動している、マッコウクジラのオスたち。
たまにこのように群れて行動することがあります。
多い時では、マッコウクジラが7頭並んで泳いでいることもありました。

午後便は予報では穏やかだったのですが…
想定外の風が強く吹いてきたため、沖を広く観察することができず…
遥か遠くにマッコウクジラを1頭確認するも、そばで観察することが出来ませんでした。

午後便は活発に泳ぐイシルカの姿を観察することができましたよ。

IMG_2390.jpg

体が海面からあまり出ない為、体色が見えづらいですが…
実は白黒ボディーでシャチと勘違いされるお客様もいらっしゃいますね。

DSC_5038.JPG

スタッフ秋田が鯨類のレクチャー。
パネルで説明しているのがイシイルカです。
背中が黒くお腹が白く、大きさは実際に見ると小さく見えると思いますが
約2mあるイルカです。

海鳥はこちらのトウゾクカモメが良く目につきました。
午後便は鳥好きのお客様もご乗船されており、一緒に観察しながら
撮影をしました。

IMG_2889.jpg

その他、ウトウ、ミツユビカモメ、アカアシミズナギドリ
アカエリヒレアシシギなどが観察できました。

午後便は徐々に波も高くなり、早めの帰港となりました。
雨も降ったり止んだりを繰り返しましたね…
皆さん、大変お疲れ様でした!

帰港すると港ではダブルレインボーが見られましたよ。

1537258523977.jpg

船長が撮影しました♪
EverGreenを取り囲むように綺麗に虹のアーチ!!
キレイな虹に見惚れてハッピー気分な大木がフライデッキに(笑)

明日も2便運航予定でおります、条件よく出航できますように☆


(3183)


posted by e-shiretoko at 18:00| Comment(0) | 日記

2018年09月17日

奇跡的な出遭い


今朝沖を見ると、霧がかかり沖はスッキリと見えておりませんでしたが
凪は良さそうに見えましたね。
しかし出航時にはさらに霧が濃くなり、濃霧に包まれた羅臼(汗)

凪は良いので2便出航することができましたが
今時期これだけ霧が濃くなるのはとても珍しく、午前便は風もなく大苦戦…
スタッフ秋田が鯨類の見つけるポイントを説明し、お客様は一生懸命
一緒に探して下さる方も多く、とても心強く助かりました♪

DSC_5010.jpg

船のそばに集まっていたヒレアシシギ類も霧の中…

IMG_1686.jpg

その他海鳥は、ウトウ、ミズナギドリ類、ミツユビカモメ
トウゾクカモメ、クロガモ、ウミウなどが見られました。

午前便は水中マイクを使い、マッコウクジラが水中で発する音は複数頭
確認できるも霧が全く取れず時間だけが過ぎていきました。
そして、他船からマッコウクジラの情報が!!
霧はなかなか取れませんでしたが、霧の中に大きな巨体が見えました。

IMG_1742.jpg

何とか他船と協力し、そばでマッコウクジラを観察することができましたね。

IMG_1781.jpg

粘って粘って粘り勝ち!!
帰港途中は徐々に視界も回復し、イシイルカの姿も確認することができました。

DSC_5013.jpg

私達の帰港と共に続々と漁船たちも帰港してきました!

IMG_1867.jpg

午後便は視界が一変し、スッキリと晴れ渡り知床連山も
北方領土・国後島も見え、お天気も良く青空が広がりました。
出航し次々と出遭う事が出来たのはイシイルカです。
凪がとてもよく、お客様も次々と見つけてくださいました。

IMG_1833.jpg

活発に泳ぐとこのようにしぶきが舞います。
時速55kmで泳ぐことができ、本船は速くても時速40km程度ですので
イシイルカたちの方が断然速く泳げます。

IMG_1937.jpg

午後便は凪が良かったため、白黒ボディーが見えた方も多かったのではないでしょうか。
沖はべた凪『これで船酔いするようならどこの船も皆さん乗れないよ!』と船長。
湖のようにうねりも風波もなくなりました。

DSC_5016.jpg

午後便は近い遠い含め、マッコウクジラ6頭確認することができました。
そばで複数頭ゆっくりと観察できましたね。

西日が強く潮吹きには虹がかかりましたね♪

IMG_2064.jpg

何度も呼吸を繰り返し、休憩し、準備が出来ると尾びれをあげ
潜水していきます。

IMG_2153.jpg
奥には北方領土・国後島

順調にマッコウクジラを観察することができ、ラッキーでした☆
午前便は視界不良のため、苦戦するもマッコウクジラ、イシイルカに出遭え
午後便は好条件で沢山の出遭いがありました。
その時によって条件が違い、出遭いも異なりますが
本日も沢山の出遭いに感謝、他船の情報にも感謝です☆

午前便に関しては『このマッコウクジラ1頭との出会いは奇跡だ!』と
何度も船で言っておりましたね。
それぞれの出遭いはその時限り、一つ一つの出会いが奇跡だと感じます。
もちろん良い時ばかりではありませんし、鯨類に全く出遭えない時もあります。
生き物たちとの出会いは運次第です。
知床ネイチャークルーズfacebookにはマッコウクジラの動画もアップしました。
ぜひご覧ください♪

明日は2便出航予定です、条件よく出航できることを願います☆


(3182)


posted by e-shiretoko at 17:37| Comment(0) | 日記

2018年09月16日

沢山のしぶきを発見!


今朝、クジラの見える丘公園から沖を観察すると
多少波があるように見えました。
午前便のみ出航することができましたが、午前便も徐々に沖は波が
高くなってしまい、午後便に関しては高波・強風のため欠航。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

出航時、視界がスッキリとせず北方領土国後島も知床半島も見えませんでしたね…(汗)
多少波がありましたが、秋田が鯨類の見つけるポイントを解説。

DSC_5003.jpg

波がある中ではありましたが、イシイルカに出遭う事が出来ました。

IMG_1647.jpg

体の色は…
実は白と黒のツートンカラーですが、海面からあまり体を出さずに
水を切るように泳ぐイシイルカは、高くジャンプをしません。

海鳥は列を作り飛んで行ったこちらのビロードキンクロをはじめ

IMG_1614.jpg

アカエリヒレアシシギ、ウトウ、トウゾクカモメ、ミツユビカモメ
ミズナギドリ類、アビ類、ヒメウなどが見られました。

水中マイクをおろし、マッコウクジラが水中で発する音は微弱に
拾うことができましたが、姿を確認することができず…
他船からマッコウクジラの情報が入り、向かったのですが間に合わず。
そばでお客様にマッコウクジラの姿を観察して頂くことができませんでした。

DSC_5005.jpg

視界は徐々によくなり、後半は知床連山も姿を現しました。
帰港間際、港周辺では沢山のイシイルカに出遭う事が出来ましたね。

IMG_1678.jpg

本日は波も高くなり、しぶきがまったり、船酔いされた方もいらっしゃいました。
皆さん大変お疲れ様でした。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆



(3181)



posted by e-shiretoko at 17:20| Comment(0) | 日記

2018年09月15日

ツチクジラとマッコウクジラどっち見る!?


本日は好条件の中、2便運航となりました。
気温も20度近くあがったので、羅臼でいう『夏日』です(笑)
沖に出ると風が少し冷たく感じましたが、1日暖かい日となりましたね♪

凪もよくお天気も良く、最高のコンディションで出航!
沢山の出会いがありました。

出航してすぐに出遭えたのがこちらのカマイルカです。

IMG_9957.jpg

朝、クジラの見える丘公園から目視調査をしていた長崎大学の
マッコウクジラ調査チームからもカマイルカの群れの情報が入っており
今朝、長谷川船長も自宅から観察しておりました。
また2便共にイシイルカも沢山観察することができましたが、
活発に泳ぐとしぶきが目立ちます!

IMG_0740.jpg

普段羅臼沖でよく見られるのはこちらのイシイルカです。
ゆっくり泳ぐと黒い背中がポコポコ出て見え

IMG_0644.jpg

カマイルカは水族館などで飼育されておりますが、イシイルカは飼育されておらず
野生でしか出遭う事が出来ません。

そして本日は2便共にツチクジラ、そしてマッコウクジラを
そばで観察することができました。

マッコウクジラを発見し、向かう最中船のそばではツチクジラも浮上!!
マッコウクジラは浮上時間が7分前後と短く、一度潜ると約40分浮上しません。
またツチクジラは羅臼沖でもなかなか出遭えないクジラで、また警戒心が強いため
そばで観察することができないのですが…
本日はそばで観察することができました。

IMG_0932.jpg
こちらはツチクジラの群れ

ツチクジラのジャンプも見たい、しかもそばで何度も跳んでいます!
しかし目の前に浮上したマッコウクジラも見たい!!
お客様もどっちを見ていいのか忙しく(笑)

あっち見て、こっち見てととても忙しかったものの
実際はどちらもそばでしっかり観察することができましたね^^
こちら豪快に潮吹きをあげ呼吸をしているのはマッコウクジラ。
こちらの個体は高く頭をあげ呼吸をする個体でしたね。

IMG_0340.jpg

最後は尾びれをあげ一気に潜水します。

IMG_0464.jpg

尾びれの幅だけでも約3m!
全長は15〜18mととても大きなオスのマッコウクジラが
根室海峡にはやってきます。

知床連山も本日はキレイに見えておりました。
連山の谷間にはまだ少し雪が解けずに残っています!
この雪が解けるか解けないかのうちに、また今年も初冠雪となるでしょうね。

DSC_4992.JPG

海鳥は全体的に少なく感じましたね。
こちらのウトウは港周辺沢山集まって観察できました。

IMG_1497.jpg

その他、ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギ、ミズナギドリ類
クロガモなどが見られました。

午後便も沢山イシイルカを観察することができ、沖ではマッコウクジラを
順調に3回そばで観察することができました。
そしてツチクジラも発見し、観察できたのですが…

マッコウクジラを発見し、向かう最中船のそばではツチクジラも浮上!!
マッコウクジラは浮上時間が7分前後と短く、一度潜ると約40分浮上しません。
またツチクジラは羅臼沖でもなかなか出遭えないクジラで、また警戒心が強いため
そばで観察することができないのですが…
ツチクジラが船のすぐそばで全身を出してジャーンプっ!!!

IMG_0885.jpg

ツチクジラのジャンプも見たい、しかもそばで何度も跳んでいます!
しかし目の前に浮上したマッコウクジラも見たい!!
お客様もどっちを見ていいのか忙しく(笑)

IMG_0890.jpg

あれ???デジャブ(笑)!?
午前便も午後便も大忙しでしたね。
ツチクジラは警戒心が強いのですが、たまに全身を出してジャンプをすることがあります。
全長は10m〜12mもある大型のクジラです。

そしてマッコウクジラは全長が18m近く、本船が19mありますので
船と変わらないだけとても大きいです。

DSC_4999.JPG
ココにマッコウクジラがいます

そばで観察できると、しっかり呼吸音も聞こえます。
ギラギラ逆光の中、とても幻想的で美しかったですね^^

IMG_1370.jpg

北方領土・国後島をバックに高々と尾びれをあげ潜っていきます。
悠々と泳ぎ、貫録があります。カッコいい!!

IMG_1567.jpg

本日も素敵な出会いが盛り沢山!とても贅沢なクルーズとなりましたね。
ツチクジラがこんなにそばでまたゆっくりと観察できるとは…
大興奮でありました(笑)
知床ネイチャークルーズfacebookには他の画像や動画もアップしました。
ぜひご覧ください^^

明日も2便運航予定です、沢山の出会いがありますように☆


(3180)

posted by e-shiretoko at 18:28| Comment(2) | 日記

2018年09月14日

次第に波もなくなり…


今朝は少し雨がパラパラと降っておりましたが、出航時には上がり
本日は多少波がありましたが2便運航となりました!

海鳥はミズナギドリ類が多く見られました。
最近はハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリよりも
アカアシミズナギドリが目立つようになりましたね。
こちらはクロガモとビロードキンクロが一緒に飛んでおりました。

IMG_9349.jpg

その他、アジサシ、ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギ、ウミスズメ
トウゾクカモメなどが見られました。

沖は少し霞がかり、視界がスッキリといきませんでしたが
2便共にイシイルカ、そしてマッコウクジラに出遭う事が出来ましたね。
活発に泳ぐイシイルカを観察することができたのですが…
多少波があり、白波とイシルカのしぶきを見分けるのが難しかったですね(汗)

IMG_9522.jpg

イシイルカは普段からあまり海面に体を出さずに
水を切るように独特なしぶきを上げながら泳ぎます。
体は白黒ボディーですが、なかなかお腹の白い部分が見えづらいです。

実際は秋田が持っているパネルのように、背中が黒くお腹が白い
シャチと同じカラーのイルカです。

DSC_4982.jpg

波がある中、潮吹きもなかなか見つけることが難しかったと思いますが
午前便は2頭マッコウクジラを確認することができ、1頭はそばで
しっかりと観察することができました^^

IMG_9430.jpg

高く上がる潮吹き、呼吸の音もしっかりと聞こえておりました。
最後は尾びれをあげ、潜っていきました。

IMG_9458.jpg

午前便は徐々に波が高くなってきたため、早めの帰港となりました。

午後便は地元『知床未来中学校』の1年生の皆さんも乗せて出航です。
まず出遭う事ができたのは、イシイルカです。
午後便はあちこちでイシイルカに出遭う事ができ、また船のそばで
並んで泳いでくれましたね。

DSC_4986.jpg

お腹が白い部分が見えた方もいたかもしれません。
その後、遠かったのですがツチクジラが全身を出してジャンプ!!
豪快にいぶきがあがっておりました。

午後便はマッコウクジラが次々浮上するもタイミングが合わず
また日露中間地点よりも国後島側浮上することも多く、なかなかそばで
観察することができませんでしたね…
お客様は国後島側に浮上しているマッコウクジラを観察しています。

DSC_4987.jpg

ココに潮吹きがあがっているのですが、これだけ遠くてもマッコウクジラ!と
わかるポイント、それは斜めに上がる潮吹きです♪

IMG_9610.jpg

他のイルカ、クジラ類は縦に潮吹きが上がるのに対し
マッコウクジラは斜めに潮吹きがあがるので、遠くから見ても
斜めに潮吹きが上がれば、マッコウクジラとわかります。
最後は尾びれをあげ潜水。

IMG_9614.jpg

一度尾びれを上げ潜水すると、約40分長いと1時間潜水を続けるマッコウクジラ。
浮いている時間は7分前後と短いので、いかに早く潮吹きを見つけられるかが
重要なポイントになります。

最後は待ったかいがあり、そばでマッコウクジラをゆっくりそばで
観察することができましたよ☆

IMG_9828.jpg

目で見ている時は、潮吹きがにうっすらと虹がかかっておりましたが、
写真にはうまく写りませんでした(汗)

IMG_9885.jpg

午後は波を心配しておりましたが、午前の波がウソのようになくなり
穏やかなクルーズとなりました。
徐々に青空も見え、海もとても美しかったですね!

2便共にしっかりとイシイルカ、マッコウクジラを観察することができて
良かったですね!素敵な出会いに本日も感動と感謝です☆
停船している時は暑く感じることもありましたが、走っている時は
風も冷たく体感温度が下がります。
ご乗船の際はしっかり暖かい格好でご乗船ください。
また貸し出しのレインウェアも船にございますので、お気軽にお声掛け下さい^^

明日も2便運航予定です、沢山の出会いがありますように☆


(3179)


posted by e-shiretoko at 17:37| Comment(0) | 日記

2018年09月13日

白波の中に潮吹き


本日は早朝から沖は白波、一時風波が落ち着いてきたように見えましたが
残念ながらまた吹き返し一面白波…(汗)高波強風のため、終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

現在、長崎大学のマッコウクジラ調査チームはこちらのメンバー2人のみ。
まもなく今年の羅臼での目視調査も終了します。

DSC_4966.JPG

今朝も日の出時間から観察をしていた学生たち、本日は大木も一緒に観察しました。
そしてクジラの見える丘からマッコウクジラを観察することができました。
本日は1頭陸にとても近い所にいたマッコウクジラ。
港から何Km離れていたでしょう?
だいたい『この辺り』もう少し沖だったかもしれませんが、
民家からでも十分双眼鏡をつけると見つけられる距離でしたね。
クジラの見える丘公園からでも近い時は約3海里(=約5km)

DSC_4963.JPG

呼吸が不定期で深い潜水には入らずにいたので、
このマッコウクジラも昨日発見したマッコウクジラのように
深い潜水に入らずのんびり?過ごしていたのかもしれません^^
波がある中、不定期にあがる潮吹きを見つけるのはなかなか至難の業です(笑)

本日は午後から、秋田と一緒にルサフィールドハウスへ行ってきました。

DSC_4974.JPG

9月12日〜17日までルサカフェOPENしております♪
イケメンスタッフがお出迎えしてくれました。

DSC_4976.JPG

ルサフィールドハウスは、知床岬などトレッキングされる方へご案内
情報等を提供している施設です。
ここから双眼鏡を使って鯨類を見つけられることもあるポイントです。
沖観察をしましたが、まだまだ白波が目立っておりましたね…
床には、こちらシャチの実寸大デカールが貼ってあります!

DSC_4979.JPG

2階に座り、美味しい手作りお菓子とチョコチーノをいただき
のんびり話しながら海を眺め過ぎていく時間、たまには良いもんです♪

DSC_4978.JPG

ルサカフェは17日まで、連休はなんと夜まで営業しているようです。
お時間ある方はぜひお立ち寄りください。

明日は2便運航予定でおります!条件よく出航できますように☆



(3178)


posted by e-shiretoko at 17:18| Comment(0) | 日記

2018年09月12日

秋晴れのクルーズ


今朝、朝焼けが綺麗だったので日の出を撮影。
そのまま帰ろうと思ったのですが、まっすぐクジラの見える丘公園へ
行ってみることに…

5時前、日の出とともに長崎大学のマッコウクジラ調査チームも目視調査開始です!
今朝は冷え込み、またソヨソヨと吹き続ける風がまた一段と体を冷やしました。
大木はいつも車から観察しているのですが、それでも手がかじかんだので
長崎大学の学生たちは大変だったことと思います、いつもありがとうございます。

IMG_8545.jpg

久しぶりに1時間以上沖を観察しましたが、本日の羅臼沖
早朝はとても賑わっておりましたね^^
イシイルカも多数確認でき、ツチクジラも群れが2グループ以上
マッコウクジラも次々浮上しており、これは長崎大学のデータ記録も
大変だろうなぁ…(汗)と思いながら私は沖観察を満喫。
ツチクジラは10頭ほどの群れが2グループ長いこと浮上、
全身を出してジャンプを連発しておりました!!
こちらは北方領土・国後島最高峰のチャチャ岳、画面左下に
ジャンプをしているツチクジラを見つけられますか?

IMG_8587.jpg

全長は約10mもある大型のクジラです。
何度もジャンプをしており、1人大興奮でした。
潮吹きもピンク色に染まり、とても綺麗でしたね〜。

マッコウクジラも次々浮上していたのですが、
本日は潮吹きの間隔や浮上が不規則な個体が多い印象で
もしかしたら寝ていたのかもしれませんね!?
今朝のマッコウクジラたちは、お寝坊さん?の個体が多かったようです(笑)

朝はうねりもなくなり、波もそれほど目立ちませんでしたが…
出航時には少しずつ沖は波が出てきたようです。
多少波がありましたが、2便運航となりました!

出航してわりと陸近い所で、早速浮上したのはマッコウクジラでした^^
陸がとても近いのがわかりますよね。

IMG_8757.jpg

根室海峡、羅臼沖は独特な地形をしており港を出て5分も走ると
水深が一気に700m近くまで落ち込んでおり、陸近い所でも
深海性のイカなどを食べるマッコウクジラたちが餌の捕りやすい環境が
整っているんです。

お天気はとてもよく、雲もなく清々しい秋晴れ♪
気持ちのいい青空が広がっておりましたね!!

DSC_4952.jpg

午前便は順調にマッコウクジラをそばで2頭観察することが出来ました。
お天気が良いものの、徐々に波が高くなってきたため早めの帰港となりました。

海鳥はウトウ、ミズナギドリ類、ミツユビカモメ
こちらのトウゾクカモメなどが見られました!

IMG_8804.jpg

午後便に関しては、出航してイシイルカとの出会い。
ココ…にしぶきがあがっておりますが、これがイシイルカです。

IMG_8993.jpg

白波も目立っていたため、お客様は見つけることが難しいようでしたが
イシイルカは普段から体をあまり海面に出さずに泳ぐので
白波なのかしぶきなのかわかりづらい時がありますね。
活発に泳ぐとしぶきが目立つので、お客様も目が慣れるとしっかり
見つけられておりました。

マッコウクジラは複数頭確認するも遠くでの浮上となり
なかなかタイミングが合いませんでしたが、最後の最後…
苦戦しながらそばで観察することが出来ました^^

IMG_9037.jpg

たか〜くあがる潮吹き、青い海に豪快に上がる潮吹きが
目立っておりましたね。

IMG_9125.jpg

北方領土・国後島は空気も澄んでいたので、端から端まですっきりと
見えておりました。
1時間近く潜水するマッコウクジラは息が苦しくなり浮上、
7分前後呼吸を整えます。

IMG_9143.jpg

最後は尾びれをあげて一気に潜水します。
午後便は待ちに待ってなんとかそばでゆっくりと観察することが出来ました。
波を心配しておりましたが、波は徐々に落ち着いていきました。

帰りにはツチクジラの群れを2つ確認し、そばに浮上したツチクジラを
観察することが出来ました^^

IMG_9211.jpg

潮吹きと背中がしっかり観察できましたが、その後尾びれで海面を
叩く様子も見られました。

IMG_9296.jpg

知床連山もとても綺麗で、景色も楽しみながら
秋田のレクチャーも皆さんしっかり聞いてくださいました♪

DSC_4959.jpg

日差しが強く沖で漂っている時は、暑く感じる時もありましたが
走っている時は風がとても冷たく感じました。
沖に出ると体感温度も下がりますので、十分に暖かい格好でご乗船ください。
本日は道内氷点下になった場所もありました、沖から見る知床連山も
すっかり秋の景色です。

明日も2便運航予定です、条件よく出航出来ますように☆


(3177)

posted by e-shiretoko at 20:05| Comment(0) | 日記