2018年06月16日

出航してすぐに


今朝、クジラの見える丘公園から沖を観察すると
沖は視界が悪くあまり見えませんでしたが、多少うねりがありますが
わりよ穏やか?そうに見えたのですが…
沖は波が高く、午前便は残念ながら欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

午後便は、チャーターにて出航した他船からの情報で
沖もだいぶ波が落ち着いてきたということで、午後便は久しぶりに出航!!

DSC_3534.jpg

どんよりなお天気、そして沖に出ると多少うねりと波がありました。
また風がとても冷たい中でのクルーズとなりました(汗)

出航してすぐに、イシイルカを発見することが出来ました^^
海面からほとんど体を出さず、水を切るように独特なしぶきをあげ泳ぐイシイルカ。
本気で泳ぐイシイルカには本船は全く追いつけません。
最高時速はなんと約55km!!

IMG_3184.jpg
向かって左側に移動しています。

活発に泳ぐイシイルカを沢山観察することができ、また海鳥も多かったですね。
こちらはハシボソミズナギドリの群れです。

IMG_3372.jpg

1つ1つの群れは小さかったものの、あっちにもこっちにも
小さい群れが見られたので、これが集まるとかなりの数になりそうでした。

ミズナギドリたちは、胴体に対して羽が長いためこのように海面を走り
助走をして飛び立つのです。

IMG_3297.jpg

その他フルマカモメ、ウトウ、ミツユビカモメ、シロエリオオハム
トウゾクカモメ、こちらのウミスズメなどが見られました。

IMG_3206.jpg

海鳥が集まっている所は潮目になり、そばにはミンククジラの姿も
複数頭、見られましたよ^^

IMG_3327.jpg

普段は潮吹きがほとんど目立たず、見つけるポイントは海面にス〜っとだけ
一瞬出てくる背中を見つけます。
波がある時はちょっと見つけづらいのですが、本日は徐々に波も落ち着いたので
皆さんしっかりと見つけられていたようです!

本日は風がものすごーーーーーーーく冷たく、凍えましたね(汗)
皆さん寒い中、大変お疲れ様でした!風邪など引かれませんように。

DSC_3536.jpg


先日、ご紹介できなかったのですが…
いつもお世話になっております、写真家・伊藤健次さんの北海道新聞連載記事。
『伊藤健次の大地の息吹海のささやき』では、今回イシイルカを取り上げて頂きました。
ありがとうございます!

1528944585240.jpg

水族館などでよく飼育されているハンドウイルカやカマイルカのように
海面から体を出して高くジャンプをしない、このイシイルカは高速で泳ぎ
船について泳ぐ時は、高速かつ左右素早い動きで方向を変え私たちをほんろうします(笑)
カメラに写すのは本当に難しいです…。
晴れている日は、透けて水中の動きもわかりやすいです。

IMG_8698.jpg
以前、撮影したものです


明日は3便運航予定です、条件よく出航できますように☆
羅臼では本日、明日と2日間『知床開き』というお祭りが羅臼漁港で開催!!
今夜は花火も打ちあがりますよ〜。
近くにいらっしゃる方は、ぜひ会場へ!!


(3092)


posted by e-shiretoko at 17:46| Comment(2) | 日記

2018年06月15日

まっか作りの職人さん


本日は3便運航予定でしたが、朝クジラの見える丘公園へ行くと
昨日よりも風波があり、沖は一面白波でした。
これで5日連続時化休み…今時期これだけ時化るのは記憶にないと
船長と話しておりました(汗)

DSC_3485.JPG

早朝は羅臼岳が少し見えており、ふと目をやるとなんと山頂にはうっすらと
雪が積もっておりました(汗)!?

DSC_3487.JPG

午前中は欠航になったため、ご乗船予定だった海外からのお客様に
『羅臼で他の観光は?』と聞かれ、産業ガイドを行っている
知床らうすリンクルさんをご紹介し、お問い合わせすると
昆布のヒレ刈り体験の予定があるということで、お客様も参加することに。
そこで私たちも一緒に見学させて頂きました。

今回参加されたお客様は全員海外からのお客様でしたので
ガイドの江口さんは全て英語での解説、案内です。

DSC_3494.JPG

大木は英語がさっぱりわかりませんが、実習生の大内さんは英語が話せるので
先日昆布倉庫見学での経験もあり、お客様と色々コミュニケーションを取っておりました。

海外のお客様は昆布を食す、目にする機会がほとんどないようで
昆布を実際に目にし触って味見をし、興味を持って聞いていた様子。

DSC_3495.JPG

皆さん、ヒレ刈りも上手に出来ていましたね♪
普段なかなか出来ない体験なので、日本の文化に触れ楽しんで頂けたら
嬉しいですね。

午後からは昆布漁繋がりで、昆布漁で欠かせない道具である
『まっか』を作っている砂山さんの工房へお邪魔しました。

DSC_3526.JPG

『まっか』とは、昆布を巻き取る際に使用する道具で
二股にわかれた部分に昆布を巻きつけて、このように引き上げます。

IMG_3395.jpg
イメージです

『まっか』を作るのは主に冬に行っているそうです。
こちらが作業場の中の様子。

DSC_3502.JPG

現在、羅臼で『まっか』を作っているのは砂山さんただ一人。
元々はおじさんがまっかを作っており、その後を継いだそうです。
砂山さん自身は素人で、まっかを作るのは見よう見まねで作成したそうですよ。

作成途中のまっかを手にし、説明して下さった砂山さん。
軽々と持ち上げておりましたが…
長いものでは10mのものもあり、とても重いんです(汗)
現在、年間100本ものまっかを作っているそうです。

DSC_3520.JPG

昔は全部木で作っていたのですが、今はプラスチックを用いたものも多く
かぎと竿の部分を固定する部品は特に強度がある『かし』の木を使用しています。
かしの木は北海道で手に入らない為、富山から取り寄せています。

DSC_3516.JPG

砂山さんの本職は実は、サケの定置網漁師!
サケの定置網漁や今が旬の『時知らず』のお話なども色々お聞きすることが出来ました。
とても興味深く、貴重なお話しを聞くことができ勉強になりました。
実習生たちの頭の中は『まっか』よりも美味しい『時知らず』のことで
頭がいっぱいだったようです…(笑)
お忙しいところお時間頂きありがとうございました。

砂山さんの工房前には、こちら漁師さんが使用する『ウキ』で作った
キャラクターが沢山並んでいます。
国道沿いにあるので、目立ちますよ〜♪

DSC_3525.JPG

後半は時化続きとなりましたが、本日で実習生たちは2週間の実習最終日。
最後出航することが出来ず残念ではありましたが…
色々とお手伝い頂きとても助かりました!ありがとうございました。

明日は2便出航予定です、明日こそ出航できますように☆


(3091)


posted by e-shiretoko at 17:12| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

歴史文化のお勉強


今朝も6時頃、クジラの見える丘公園から沖を観察しましたが
沖はすでに高波、うねりもとても高かったです…(汗)

DSC_3410.jpg

本日は高波強風のため、終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

本日は午後から秋田と実習生を連れて、羅臼町郷土資料館へ行ってきました。

DSC_3483.jpg

大木は歴史が苦手なので…
せっかくですから、学芸員の天方さんに解説をお願いしました。
お忙しい中、ご対応頂きありがとうございました!!

元々は植別小学校という学校の校舎を改修し、資料館としてオープンした建物で
各教室が、昔の文化の歴史、重要文化財の展示、産業や生活の展示などなど
わけられており、多くの展示物が並んでおります^^

こちらは考古第1・2展示室の様子。
縄文文化、続縄文文化、オホーツク文化、トビニタイ文化、擦文文化の出土品が
展示されております。

DSC_3419.jpg

縄文時代からオホーツク文化期まで使われた石斧、石鏃など黒曜石の石器がずらり。
昔、全てが手作業で使える道具も限られていた中でこれだけ鋭いものを
作る技術とは…もの凄い技術ですよね。

DSC_3416.jpg

こちらは重要文化財展示室。
松法川北岸遺跡出土品は松法川河口近くに存在した集落跡から出土した遺物です。
集落にあった家屋が火災にあったため、木製のものが炭化したため、遺物が現在まで腐らず
奇跡的に残ったそうですよ!
こちらは何かの形に似ていると思いませんか?

DSC_3430.JPG

こちらは熊の顔を模った祭器、熊頭注口木製槽です。
熊の口が注ぎ口となるようになっており、仰向けの状態にした時に器の淵には
よく見ると、シャチの背びれと思われる模様が描かれています。
山の神ヒグマ(キムンカムイ)と沖の神(レプンカムイ)を象徴していますね。

DSC_3427.jpg
こちらがレプリカです

また、ここではヒカリゴケも見ることが出来ますよ♪
ヒカリゴケは実は自然発光ではなく、光を集めて反射で光っているので
光りを当てると発光するんです。

DSC_3440.jpg

戸川幸夫さんの小説『オホーツク老人』が映画化され、知床半島に猫だけを相手に
一冬を過ごすという物語が【地の涯に生きるもの】
そのオホーツク老人を演じたのが、森繁久彌さんです。
羅臼港のそばのしおかぜ公園には、オホーツク老人を演じた森繁久彌さんの像があります。

DSC_3469.jpg
オホーツク老人と記念撮影

色々と説明を聞きながら、たっぷり見学させて頂きました。
最後に、こちら入り口に佇むおっちゃんにご挨拶…
実はこれは自動販売機なんです(笑)!!

DSC_3472.jpg

現在、郷土資料館では6月〜10月までアンケートを実施しており
アンケートにお答えいただいた方には、展示に関連した土器や石器などの
レプリカを1点プレゼント!!!!
早速みんなでお金をチャリンと入れて大木が当てたのは…

DSC_3476.jpg
石鏃=矢じり。羅臼では縄文文化からトビニタイ文化期まで使われていました。

いくつか種類がありますが、どんなレプリカが当たるのか??詳細は載せませ〜ん。
当たってからのお楽しみということで☆
羅臼町郷土資料館は入場無料です、羅臼お越しの際はぜひお立ち寄りください。

実習生たちも学校などで学ばなかった歴史や文化に触れ
その生活の大変さ、命をかける人々の生き方に多くの事を学んだようです。
便利な世の中を生きている私達には想像もできないことが沢山ありますね。
解説を聞きながら見学することが出来て、本当に勉強になりました!
天方さんありがとうございました^^

明日は3便運航予定です、条件よく出航できることを願います。


(3090)


posted by e-shiretoko at 19:53| Comment(2) | 日記

2018年06月13日

実習生とドライブ


本日も朝から高波・強風のため終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

午前中は事務仕事をこなし、午後からは実習生を連れて
ルサ、相泊方面へドライブに行きました。

立ち寄ったのは、ルサフィールドハウス
運が良ければ、この海沿いの建物からも沖に鯨類を見つけることが出来るんです^^
沖にはたくさんのミズナギドリの群れが見えましたよ!

DSC_3396.JPG

船から見ると実際にシャチやイシイルカたちの大きさがわかりづらいですが…
このように全身が見えていると、どれだけ大きいのかわかりやすいですね。
床には実寸大のデカールが貼ってあります。

DSC_3397.JPG

シャチはオスで全長約8m、背ビレだけでも2m近くなります。
イシイルカは一見小さく見えますが、実は全長約2m。
実習生の大内さんよりも大きいです^^

DSC_3400.JPG

実習生の遠藤さん、嫌だと嫌だと言いながらも笑顔で着用。
なんだ〜嫌じゃなかったのか!?オオワシに変身です(笑)

1528871199604.jpg

ルサフィールドハウスから鯨類を見つけることが出来ず、
そのまま車で行ける端っこ、相泊まで行ってきましたよ。

途中にはセセキの滝もこんな間近でマイナスイオンを浴びながら
見学することが出来ます♪

DSC_3406.JPG

帰りには羅臼神社にも足を伸ばしました。
7月には綺麗に見頃を迎えるつつじは、残念ながらちょっと早かったですね(汗)

DSC_3407.JPG

明日は2便運航予定です。
ここ数日は欠航が続いておりますが…明日こそ出航できることを願います☆


(3089)


posted by e-shiretoko at 18:05| Comment(0) | 日記

2018年06月12日

昆布のヒレ刈り体験


朝起きるとすでに沖は高波…
クジラの見える丘公園からは視界も悪く広く沖を観察することが
出来ませんでした(汗)

DSC_3353.JPG

本日は高波・強風のため終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

さて、本日は朝から実習生と一緒に昆布倉庫へ。
午後便でご乗船予定だった修学旅行の学生さん達を受け入れる準備のため
お手伝いに行ってきました。

会場準備をしている合間に、羅臼昆布部会長の井田さんに
昆布や漁業の話など色々とお聞きすることが出来ました!

DSC_3363.JPG

こちら山積みとなっている昆布、重さを計るとなんと長谷川船長と同じ重さで
約66kgだったようです(笑)

DSC_3357.JPG
ボ、ボタンがはちきれそうです…(汗)

羅臼昆布は、箱メガネを口に咥え水中を覗きこみ、こちらのマッカという道具を使って
枝分かれしたフォークのような部分に昆布を絡め巻き取ります。
とても力のいる作業です。

DSC_3367.JPG

昆布倉庫に入った瞬間に、昆布のとても良い香りが漂ってくるんですよ〜♪
昆布部会長の井田さんの昆布を見せて頂きました。
天然昆布黒走り1等昆布、最高級の昆布です!

DSC_3372.JPG

羅臼昆布は、手間暇かかって沢山の工程を経て製品になります。
とても立派な昆布ですね。

午前中いっぱい会場準備をし午後から兵庫県武庫川女子大学附属高校の学生さんと一緒に
昆布部会長の井田さんのお話を聞きました。

DSC_3384.JPG

しっかり昆布について学んだあとは、実際に昆布を手にし
ヒレ刈り体験をしていて頂きましたよ^^

DSC_3386.JPG

皆さん初めての体験で難しそうにしながらも、一生懸命チャレンジ!!
とても上手にヒレ刈り出来ていました。

その後、昆布倉庫の中も少しだけ見学。

DSC_3393.JPG

皆さんも当社実習生も沢山勉強することができて、いい経験になったのではないでしょうか。
学生さんたちと色々お話しをしながら、楽しめました。

本日は1日雨が降り続きました…
明日も気象予報が悪くなっておりますが、現在出航予定でおります。
2便共に出航できることを願います。



(3088)


posted by e-shiretoko at 18:45| Comment(0) | 日記

2018年06月11日

標津サーモン科学館へ


朝クジラの見える丘公園から観察すると、一見凪が良さそうに見えましたが
沖は白波が目立っておりましたね。

お天気は良いものの、波があり本日は終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

DSC_3310.JPG

本日は午前中事務仕事をこなし、午後からは秋田と実習生を連れて
隣町にある標津サーモン科学館へ行ってきました^^

DSC_3348.JPG

ちょうど大水槽の前でお魚の解説が始まったので、団体様に混ざって
一緒に説明を聞きました。

DSC_3314.JPG

終わってからも、スタッフさんは親切に私たちの質問に答えてくださいました。
お忙しいところご対応頂きありがとうございました!

羅臼の海でも見られるこちらはフウセンウオ。
とっても小さなヒレを一生懸命動かし泳ぐ姿が可愛いんです♪
大木はその姿にメロメロ。

DSC_3324.JPG

やはり標津サーモン科学館と言えば『チョウザメ指パク』体験です。
もちろんみ〜んなチャレンジしてクリアでき…!?
こちら、実習生の遠藤さんだけが怖くて指パク体験出来ませんでした(汗)

DSC_3339.JPG

顔の先は少しタッチできたので、それでヨシとしましょう!?
以前、Facebookに某長谷川◯長が怖さで暴れまくる映像をアップしましたが(笑)
某長谷川船◯は、タッチするどころか、怖すぎてかすりもしませんでした…

顔出しパネルで楽しそうな2人^^
ヒグマに食べられるサケを秋田、サケを食べるヒグマを遠藤さん。

DSC_3343.JPG

ゆっくりと館内を見学し、スタッフさんには色々と教えて頂き
楽しくお勉強できましたね^^

羅臼お越しの際は、羅臼から車で約50分。
日本一のサケの水族館『標津サーモン科学館』もオススメですよ。

明日は台風の影響もあり、予報が悪くなっておりますが…
2便運航予定でおります。
あまり影響が出ず落ち着いてくれるといいですね。

【おまけ】

チョウザメの指パク体験は出来ませんでしたが、
こちらのサケの指パク体験をして満足した遠藤さん、満面の笑みでこの場を去りました…

DSC_3350.JPG


(3087)

posted by e-shiretoko at 18:25| Comment(4) | 日記

2018年06月10日

時化後の海は…


今朝起きるとお天気がとてもいい朝!!
クジラの見える丘公園へ行くと、沖はうねりと多少波が立っておりましたが
2便運航することが出来ました^^

本日2便共に出遭えたのがこちらのイシイルカ。
船について泳ぐことが少ないイルカですが、本日はたっぷりと船について
泳いでくれましたね。
右に左にお客様をほんろうします。

IMG_2558.jpg

一見小さく見えますが、全長は約2m。
ゆっくりと泳ぐと黒い背ビレがポコポコと見えますが、
高速で泳ぐ時は、このように水を切るように上がるしぶきがポイント☆
イシイルカが船について泳いでくれた動画は、facebookにアップしましたので
ぜひ、ご覧ください。

午前便は岸に近い所でミンククジラに出遭うことも出来ましたね。
潮吹きがほとんど見えないため、このように海面にスーっと出てくる
背中がミンククジラを見つけるポイントです。

IMG_2493.jpg

海鳥は、小さなハシボソミズナギドリの群れがあちこちに見られました。
ゆっくりと船を進めていると、フルマカモメが船の周りを飛ぶ姿が見られましたね。
『カモメ』と名前がついておりますが、ミズナギドリの仲間です。

IMG_2942.jpg

その他、海鳥はウトウやアビ類、ウミスズメなども見られました。

他船からの連絡で、シャチは日露中間地点よりも遥か北方領土・国後島側にいる
ことがわかり動きを観察してみることに。
遠くにいるオスのシャチの背ビレを写真に収め、拡大してみました。

DSC_3288.jpg

皆さん一生懸命双眼鏡を使って探して下さいましたが、
なかなか見つけられませんでしたね…大木も双眼鏡でやっと見える距離。
遠くてとても難しかったです(汗)

IMG_2596.jpg
黒い物体がシャチの背ビレ

粘って待ってみるも、シャチが近づくこともなくタイムアップ…

午後便に関しては、他社の観光船が日露中間地点よりも国後島側にいた
シャチを観察続けると、羅臼側へ入って来たと連絡をくれました。
ありがとうございます^^

お客様の見つめる先にはシャチがいますよ〜♪

DSC_3292.jpg

少し警戒することもありましたが、本船のそばで観察できたのは4頭のシャチ。
オスシャチからチビシャチも一生懸命泳ぐ姿が観察できました^^

IMG_2735.jpg

その他のシャチはひろ〜く分散をしておりましたが、
ざっと数えただけでも、15頭くらいはいたと思われます。
4頭のそばにいたシャチを観察していると、
遠くの方ではジャンプを連発していたシャチが見えました〜!!!

IMG_2819.jpg

船の近くでも頭をあげたり、跳びはねたりを繰り返し、
背面泳ぎに、尾びれで何度も海面を叩く行動など面白い行動が見られました。

IMG_3024.jpg

こちらはとても大きなオスのシャチ!!
なぜ、シャチのオスメスがすぐにわかるのですか??と聞かれることが多いのですが、
大人になると高く背ビレが成長するオス、この立派なオスの背ビレを見ればわかります。

IMG_2981.jpg

本日も実習生たちにはレクチャーのお手伝いもして頂きました。
欠航も続き、事務所では何度もレクチャーの練習をした成果が見られました。
この調子でどんどん頑張って頂きたいです♪

DSC_3306.jpg

2便運航が終わり、少し時間があったので実習生を連れて
なかなか行けなかった羅臼ビジターセンターへ。

DSC_3308.jpg

いつも実物を沖で見ているのですが、こちらは羅臼沖で流氷に挟まれて
死んでしまったオスのシャチの骨格標本です。

本日も沢山の出遭いがありましたね^^
もう少し波風、うねりで苦戦するかと思っておりましたが…
海の状態も徐々に回復していき良かったです!

明日は2便運航予定です、条件よく出航できることを願います☆


(3086)


posted by e-shiretoko at 20:30| Comment(0) | 日記

2018年06月09日

新造船の進水式へ


本日も残念ながら、強風高波のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございませんでした。
早朝は霧がかかり視界も悪かったので沖が見えませんでしたが
徐々に視界が開けてくると、一面白波で沖は大荒れ(汗)

DSC_3239.JPG

本日は午前中、時化て欠航になったのでサケの定置網漁船の進水式の
撮影へ行ってきました!!
今回、長谷川船長と世界の川端さんと一緒に撮影☆

IMG_2252.jpg

新造船の『第三十八 光栄丸』
神主さんがご祈祷が終わり、響き渡る音楽と汽笛、港内をぐるっと回り港外へ。

IMG_2288.jpg

風が強かったのですが、皆さんから寄贈された色鮮やかな大漁旗が
大きくなびき、とてもカッコ良かったですね!!

IMG_1824.jpg

沖を走ってきた光栄丸が港に戻り、その後は船から紅白の餅まきです。
沢山の町民がカゴや袋を手にし、船から降ってくる大量の餅を必死に拾います^^
皆さん、本気です!!!!
袋を持たずにちょろちょろしていた大木に、町民のお母さんが
『袋持ってるのかい?』と親切に大きな袋を渡してくれたのですが、
撮影中の大木は残念ながら餅拾いは出来ず(笑)

IMG_2438.jpg

実習生たちは初めての経験で、少し控えめに後ろに下がって
餅が飛んでくるのを待っていましたが…しっかり拾えたようですね☆

IMG_2457.jpg

最後に新造船前で記念撮影♪

IMG_2471.jpg

写真向かって右から長谷川船長、羅臼漁業協同組合の組合長・萬屋さん
羅臼漁業協同組合参事・千綾さん、写真家・今井尚二さん

こういう賑やかな光景を見ると、本当に楽しくパワーがもらえます。

さて、本日は終日欠航となったので午後からは…
実習生たちに少しでもレクチャーに慣れてもらおうと、事務所で練習会。
そこへ昨日もいらっしゃった旭山動物園の元園長・小菅さんと事務の中瀬さんが
事務所に来られて、私達の前でも緊張していた実習生は
お二人も加わった中での、レクチャーでかなり緊張した様子でした。

DSC_3273.JPG

小菅さんからはどんどん質問がとび、実習生たじたじ。
私達も小菅さんのアドバイスを色々聞くことができ、とても勉強になりました。

その後、小菅先生のお話会第2弾開催です(笑)!!!
昨日より長めにたっぷりお話を聞くことが出来ました。
まずは、まだ羅臼でシャチを見たことがない小菅さんのために…
世界の川端さんの撮影したシャチの貴重映像を拝見しました。

DSC_3275.JPG

それから、昨日大木がダダをこねたのに絶対に見せてくれなかった
バンクーバーのシャチの映像もやっと解禁、解説を聞きながらみんなで拝見しました。

DSC_3277.JPG

とても贅沢な時間、勉強にもなり笑いが絶えず本当に面白かったです。
本日もありがとうございました^^

本日は北寄りの風が強く、と〜っても寒かったですね(汗)
時化が続いておりますが…
明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3085)


posted by e-shiretoko at 18:55| Comment(0) | 日記

2018年06月08日

小菅先生のお話会


今朝起きると雨が降り、視界が悪く沖が見えませんでした…
沖はどうやら風が強く波が高いと漁船からの情報。
本日は徐々に波が高くなり、終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

DSC_3239.JPG

夕方、少し沖観察をしましたが一面白波とうねりが入っておりました。
鯨類は見つけられず…
雨で沖の方もあまり観察することが出来ませんでした。

さて、本日は事務仕事をして午後は実習生たちとお勉強会。
凪の良い日が続き欠航がなかったので、レクチャーでも沢山お話しできるよう
鯨類の話をしました。

そして本日から羅臼入りした、旭山動物園元園長の小菅さんと事務の中瀬さんが
事務所に来られて色々お話しをしました。
なんと、小菅さんが撮影した貴重な野生動物の映像を見せて頂けました^^

DSC_3238.JPG

マウンテンゴリラ、ローランドゴリラ、ザトウクジラやアホウドリ類
グリズリー、クロクマ、テングザル、インドサイ、チンパンジー、
オランウータン、ケープキリン、ヒヒ、カバ、ガビアル
カマイルカ、ガゼル、インパラ、蒙古馬、セキショクヤケイなどなど
どうしてもみたい、みたい、みたい、みたい!!と大木がダダをこねたのに
バンクーバーのシャチの映像だけは、絶対に見せてくれませんでした(泣)
ちなみに、小菅さんは羅臼でシャチを見たことがないので、
今回シャチに出遭うのが目的です。

どれも興味深く面白い映像が盛り沢山!!
カニクイザルは実はカニを食べないらしいです(驚)!!!?
みんなからの質問もどんどん飛び交いましたね^^
貴重な映像と貴重なお話し、本当にありがとうございました。

本日は北寄りの風で外に出ると、ひんやりとした1日でしたね。
明日は条件よく出航できることを願います。


(3084)

posted by e-shiretoko at 18:12| Comment(0) | 日記

2018年06月07日

昨日に引き続き…


本日は2便運航となりました。
またしても今朝は沖を見ると濃霧、振り返り山を見ると青空と羅臼岳(汗)

午前便は風も弱く霧が濃かったですね。
実習生の大内さんが鯨類の見つけるポイントについてしっかり説明し
お客様も外で頑張って下さいましたが、濃霧が回復せず(汗)

DSC_3226.jpg

霧の奥の方で、バタバタバタバタ…と聞こえてきたのはハシボソミズナギドリの群れ。
音が聞こえますがその群れを目にすることが出来ませんでしたが
フルマカモメは何度も船のそばを飛んでいく姿を見ることが出来ました。

IMG_2059.jpg

午前便は鯨類を発見することが出来ませんでした。

午後便は出航時、まだまだ濃い霧が漂っておりましたが
徐々に晴れていきましたね。
出航時、船長がいつもアナウンスする『クジラの見える丘公園』も
かろうじて見えてきました。

IMG_2032.jpg

そして、チャーターにて出航していた他船からシャチの情報です。
ありがとうございました。
そして、日露中間地点付近でオスのシャチ1頭観察することが出来ました^^

DSC_3228.jpg

国後島側にはたくさんのシャチが見えておりましたが、
ちょっと遠かったですね。
1頭でもそばで観察することが出来て、よかったです。
とても背ビレが高く貫録あるオスシャチ、よく見る個体です。

IMG_2062.jpg

霧が晴れると、凪はとてもよく穏やかな海。
大木の隣にいた赤ちゃんはシャチを見ると、船の揺れも心地いいのか
スヤスヤとお休みされました^^

残雪の知床連山も見え、辺りにはたくさんのハシボソミズナギドリの群れ。
まだ霧が下に残っており、とても幻想的な風景です。

IMG_2092.jpg

そしてイシイルカにも出遭うことが出来ました。
遠くから観察していると、しぶきが沢山あがっておりました。
海面からあまり体を出さずに泳ぐイシイルカ、見つけるポイントはこのしぶき。

IMG_2153.jpg

よく見ると、4つの親子イルカ!8頭一緒に並び
小さな子イルカがお母さんイルカに寄り添い、一生懸命泳いでおりました。

そして本日はナガスクジラとの出遭いもありましたね^^
大きいものは20m近く、とても大きなクジラです!

IMG_2211.jpg

午後便は実習生の遠藤さんも頑張ってレクチャーをしてくれました。

DSC_3230.jpg

私達は生き物を目で探しているので、視界は少しでも開けている方が
条件は良いのですが、そこで生き物たちに出遭えるかどうかは運次第です。
霧の中で出遭うこともありますし、快晴でべた凪の中何も見つけられずに
帰港することもあるんです(汗)
自然を相手にするということは、とても難しいことですが、
同じ条件、同じ出会いがないからこそ、それが面白さでもあると思います。
どういう状況でもお客様に楽しんで頂きたい気持ちは一緒です。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3083)


posted by e-shiretoko at 20:23| Comment(0) | 日記