2018年09月09日

群れるマッコウクジラ


朝、クジラの見える丘公園へ行くと沖はべた凪。
穏やかな海の中、ゆっくりと泳ぐイシイルカが沢山観察できました!
本日は雨が降ったり止んだりを繰り返しましたが、2便運航となりました。
2便共に沢山のイシイルカに出遭う事が出来ましたね。

ゆっくりと泳ぐ時はこのように黒い背中がポコポコ海面に出ます。

IMG_7975.jpg

本日は凪がよくイシイルカが沢山見られたので、お客様も見つけて下さいました。
また普段はなかなかわかりづらいのですが、白いお腹の部分も見えた方も
多かったのではないでしょうか!?

IMG_7676.jpg

スタッフ・秋田がイルカやクジラの見つけるポイントについて説明。
皆さん一緒になって探して下さいました^^ありがとうございます!
私達は目で生き物を探しておりますので、探す目が多いととても助かります。

DSC_4851.JPG

マッコウクジラも2便共に複数頭確認することができました。
こちらのマッコウクジラはそばで観察することができたのですが、
遠くに浮いている時、口を開けてプカプカ!?
実はマッコウクジラの口の中には、私達と同じ歯が生えており
『ハクジラ』という仲間の中で、一番大きいのがこのマッコウクジラ♪

IMG_7481.jpg

まったりしていたのでしょうか(笑)!?
実際にどうなっていたのかというと、こちらのフィギュアのような状態で
浮いていたことになりますね。

DSC_4862.JPG

この後、何度も呼吸を整えて最後は尾びれをあげ潜水していきました。

IMG_7576.jpg

午前中は少なくとも5頭マッコウクジラを確認することができました。
海鳥はこちらのアカアシミズナギドリの群れをはじめ

IMG_7795.jpg

ハシボソミズナギドリ、ウトウ、ミツユビカモメ、アビ類
アカエリヒレアシシギなどを観察することができました。

午後便も順調に浮上するマッコウクジラを観察することができましたね。
最初に浮上したマッコウクジラは、残念ながら日ロ中間地点よりも国後島側での浮上
そばで観察することができませんでした。

IMG_7778.jpg

いつもそばで観察できるというわけではありません。
マッコウクジラは浮上時間が7分前後と短いため、タイミングが難しいです。

その後、ほぼ同時に4頭のマッコウクジラが浮上。
ちょっと遠いのですが、こちらは4頭マッコウクジラが浮上しております。

DSC_4856.JPG

潮吹きが出ているのが頭の先、三角のちょこっと出ている部分が背ビレ。
体の一部しか出ておりませんが全長は15m〜18mほどあるオスの
マッコウクジラが根室海峡にやってきます。

IMG_7862.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島

何度も呼吸をして準備が出来ると、尾ビレをあげて一気に潜水します。
深海を何kmも移動し、息が苦しくなると浮上の繰り返し。
潜水時間はクジラの中でも特に長く深く潜れるとも言われており
羅臼沖では平均約40分、長いと1時間潜っている個体もいます。

IMG_7899.jpg

午後便は、次々マッコウクジラが浮上し7頭は確認することができました。
あちこちでマッコウクジラを発見、とてもラッキーな1日でしたね。

先日、北海道新聞の連載記事『伊藤健次の大地の息吹・海のささやき』
では今回マッコウクジラを取り上げて頂きましたよ。
いつもありがとうございます!

1536389073463.jpg

いつもこのマッコウクジラが尾びれをあげる瞬間は何度も見ておりますが、
ドキドキワクワクする瞬間ですし、お客様もこの時を待っていますね^^
とてもかっこよく歓声が上がる瞬間です。

明日も2便運航予定となっております!
条件よく出航し、素敵な出会いがありますように☆


(3174)


posted by e-shiretoko at 18:36| Comment(0) | 日記

2018年09月08日

電気復旧致しました!!


今朝はお天気が悪く視界不良のため、出勤前の沖観察はなし。

午前便出航時、船で準備をしお客様を待っていると
聞き覚えのある鳴き声ですが、聞きなれない鳴き声だな〜と違和感を感じ
辺りをキョロキョロすると目の前をシューっと飛んで行ったのは
ヤマゲラでした!!!写真は撮れまえんでしたが、大興奮^^

本日も多少沖は波がありましたが、午前便のみ出航いたしました。
朝降っていた雨もあがり、どんよりなお天気でしたが時折日差しも♪

DSC_4841.jpg

海が穏やかだから生き物に出遭える、波があるから生き物に出遭える…
海の状況で生き物に出遭えるかどうか、大きな差はございません。

まず出遭えたのは、イシイルカです。
海全体が暗く、ちょっと見つけづらかったと思いますが…
こちらの画像の中にイシイルカが隠れています!見つけられるでしょうか?

IMG_7233.jpg

画像中央に背中を出し、しぶきをあげて泳ぐイシイルカが
写っているのですが、元々海面からあまり体を出さずに泳ぐイシイルカは
皆さんがイメージしている『イルカ』のように高くジャンプはせず
また大きな群れにならず、船についてくることも少ないイルカなのです。
水族館などでは飼育されていない為、野生でしか出遭う事が出来ません。

海鳥は多少沖は風もあり、風に乗りながら飛ぶ姿がよく見られ
本日は全体的にトウゾクカモメがかなり目につきましたね^^

IMG_7253.jpg

その他こちらのアジサシ

IMG_7239.jpg

ウトウ、ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリ
アカエリヒレアシシギ、ミツユビカモメなどが見られました。

他船と手分けして、水中マイクを入れマッコウクジラの確認をします。
船長が水中マイクを使ってマッコウクジラが水中にいるか確認している間
スタッフ秋田がイルカ、クジラ類の見つけるポイントについて説明♪

DSC_4843.jpg

マッコウクジラは水中にいる時だけ、カチカチと音を鳴らし続けるので
水中にいるかいないかだけでも確認することができます。
しかし、浮上している場合や浮上途中、また水中マイクで音が拾える
範囲外にいる可能性もあります。

まずはイメージトレーニングです。
遠くにマッコウクジラが浮上し、見つけるポイントはこの潮吹きです!

IMG_7281.jpg
ココにあがっているのがマッコウクジラの潮吹き

息を吸って吐く時にシューっと潮吹きがあがり、しぶきとは違って
海面に霧状にモコモコっと漂います。
こちらのマッコウクジラには間に合いませんでしたが…
船長のヨミもあたり、次に浮上したマッコウクジラはわりと近くで浮上!!

IMG_7356.jpg

7分前後呼吸を整えるので、何度も潮吹きがあがります。
皆さんイメトレのかいがあり、早く見つけることができましたね^^

船のそばで豪快に潮吹きを上げながら悠々と泳ぐマッコウクジラ
出ている部分は一部ですので、わかりづらいとは思いますが
頭の先から背びれまでが常に浮いており、尾びれは沈んでおります。

IMG_7393.jpg

そして準備が出来ると尾びれをあげて一気に潜水!!

IMG_7395.jpg

尾びれをあげると深海まで潜っていき、約40分イカなどの餌を求め移動。
また息が苦しくなると浮上してきます!
ゆっくり観察できたので、その大きさもしっかりと実感して頂けたと思います。

DSC_4845.jpg

マッコウクジラのフィギュアを使って、秋田がマッコウクジラの体の仕組み
特徴などを説明し、最後は特別マッコウクジラの本物の歯も登場!
実はマッコウクジラは、私たちと同じように歯を持っており
ハクジラという仲間の中では一番大きなクジラになります^^
本日出遭えたマッコウクジラの大きさは15m〜18mほどある
とても大きなクジラでした^^

午後便は徐々に風が強く波が高くなったため欠航。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございませんでした。

明日は2便運航予定でおります、条件よく出航できますように☆

また、先日北海道で発生致しました地震の影響により停電しておりましたが
羅臼町も無事昨晩電気が復旧致しました。
皆さまから沢山のメッセージ、コメントを頂きまして、
大変ご心配をお掛けしておりましたが…
現在、羅臼町は通常通り生活を送ることができております。
ありがとうございます!
まだ余震が続いているところや断水しているところもあるようです。
少しでも早く復興することを願うばかりです。


(3173)


posted by e-shiretoko at 16:03| Comment(0) | 日記

2018年09月07日

次々浮上!!


早朝、クジラの見える丘公園からはマッコウクジラそしてイシイルカを
観察することができました。
本日も凪の良い中、2便運航となりました!!

DSC_4827.jpg

2便共に複数頭のマッコウクジラ、そしてイシイルカにも出遭う事が出来ました。
こちらは活発に泳ぐイシイルカ。

お客様に『白黒の体は見えましたか?』と聞くと、首をかしげる方も多いのですが…
高くジャンプをしないイルカなので、高速で泳いでいる時は水を切るように泳ぎ
このしぶきが見つけるポイントです。

IMG_6667.jpg

そばで見るとお腹が白い部分も見えることがあります^^
高速で泳ぐと時速55km、船は全く敵いません。

IMG_6983.jpg

午前便はマッコウクジラを観察していると、遠くにツチクジラ!!
全身を出してジャンプを連発しておりました^^
遠かったのですが、10mほどある大型のクジラの大ジャンプ
皆さんその姿を確認することができたようです。

IMG_6865.jpg

そしてマッコウクジラも複数頭確認することができ、
そばでゆっくりマッコウクジラを観察することができました。

こちらは他船と比較したマッコウクジラです。
潮吹きが出ている部分が頭の先、黒くポコっと出ているのが背ビレ
体の3分の2が浮上しているのですが、船とほぼ変わらない大きさです。

IMG_6766.jpg

全長は約15m〜大きいもので18m、本船は19mあるので
本船ともあまり変わらない大きさです。

IMG_6817.jpg

午後便も多少波風が出てきましたが、沢山の出会いがありました。
海鳥は、アカエリヒレアシシギが潮目に多く見られ

IMG_6942.jpg

その他、ミズナギドリ類(アカアシミズナギドリが多く見られました)
ウトウ、トウゾクカモメ、ミツユビカモメ、アジサシ、アビ類などが見られました。

イシイルカを観察してからマッコウクジラをそばで観察することができましたね。
午後便は2頭そばでマッコウクジラを観察することができ、
停船している船にマッコウクジラから近づいてきましたね^^

DSC_4829.jpg

こちらは他船から撮影して頂きました。
ゆっくりと近づいてくるマッコウクジラと本船EverGreenです。
船と比べてもとても大きいのがわかりますよね^^

1536303413758.jpg
ありがとうございました!

船のそばで尾びれを高く上げて、潜っていきました!!
迫力ある呼吸音もしっかりと聞くことができましたね。

IMG_7185.jpg

沖合走り出すと風は冷たいのですが、わりと暖かい1日となりました。
2便共に沢山の出会いがあり、マッコウクジラは次々浮上を確認することが
出来ましたね。

DSC_4835.jpg

マッコウクジラは少なくとも4頭はいたと思われます。
明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3172)


posted by e-shiretoko at 23:13| Comment(0) | 日記

2018年09月06日

青空とマッコウクジラ


今朝は気温が上がり沖は霞がかって、視界があまりよくありませんでしたが
午前便のみ出航となりました。

DSC_4807.jpg

沖に出ると多少波がありましたが、イシイルカを発見。
多少波があると、ゆっくり泳いでいる時は黒い背中がポコポコ
浮上するので初めて見たお客様は見つけづらかったと思いますが
活発に泳ぐ時はしぶきをあげ高速で泳ぐため、お客様も見つけて下さいました。

IMG_6501.jpg

しぶきを見つけることはできますが、体を海面にあまり出さず
水を切るようによぐイシイルカ。
多少波があると体があまり目立ちません。

海鳥はこちらのアカアシミズナギドリをはじめ

IMG_6551.jpg

ウトウ、トウゾクカモメ、アビ類、アカエリヒレアシシギなどを
観察することができました。

そして他船と手分けして、水中マイクを使用しマッコウクジラを探します。
マッコウクジラは水中に潜っている時だけ自分で音を発して
深海で物を測ったり、餌を探したりすることができます。

IMG_6596.jpg

その音が微弱に拾え、浮上時距離がありましたが何とかそばで観察する
ことができましたね^^

IMG_6615.jpg

多少波がある中でしたが、皆さん大変お疲れ様でした。
沖は気温があがり暖かく感じましたよ。

DSC_4806.jpg

知床連山の雪も雨と暖かさで一気に雪解けが進みましたが
まだ少し谷間には雪が残っております。
この雪も融けるか融けないかのうちに、また初冠雪となりますね…

また、早朝に北海道で発生した地震の影響で全道電気が
供給されておらず、停電のため電話もメールも使用できない状況となっております。
午後便は停電と沖は波があるため、欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございませんでした。

まだ停電中となり、電気の復旧の目途は立っておりません。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程
よろしくお願い致します。


(3171)


posted by e-shiretoko at 23:36| Comment(4) | 日記

2018年09月05日

大時化の海から一変


朝5時、沖を見てみると高く打ち付ける波、
大時化で黒い海が広がっておりました…『わやだ』と船長と会話。

※わや=北海道の方言で、『めちゃくちゃ』『手がつけられない』さま。
    収拾がつかないこと、無茶、大変などを表す意味。

ほんと『わや』
台風の影響で本日の羅臼沖は大荒れ。
早朝は雨が弱かったのですが、7時過ぎるとどしゃ降りになり風も強まり視界不良。
知床らうす道の駅から撮影しましたが、すごい波です(笑)
それでも、道の駅は朝から観光のお客様が沢山来ておりました!

IMG_6387.jpg

本日は終日欠航となりました、ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
1日大人しく事務仕事をしておりました。
お昼すぎると朝の光景がウソのように一気に風波が落ちましたね。
なまあたたか〜い空気が漂っております。

午後から息抜きにクジラの見える丘公園へ、30分ほど沖観察をしてきました!
沖は海霧が発生しスッキリ見えず、まだまだ白波は目立っておりましたが…
ゆっくり泳ぐイシイルカも活発にしぶきをあげ泳ぐイシイルカも
沢山見つけることができ、マッコウクジラも発見^^!!
明日は無事に出航し、沖で出遭えたら嬉しいです。

DSC_4801.JPG

先月25日発行の北海道情報誌【HO】2018 10月号にて知床ネイチャークルーズの記事を
掲載して頂きました!他にも羅臼の魅力、情報満載ですよ♪
クルーズの様子やマシンガントークの船長の紹介。

DSC_4548 (1).JPG

また知床雑貨カフェcho-e-maru

DSC_4550.JPG

また、赤岩の長谷川番屋がある『知床岬399番地上陸ツアー』の
紹介ページにはガイドとしてお手伝いしていた世界の川端さんの姿がデデーンとっ!!!

DSC_4549.JPG

知床らうすリンクルNo Borders Cafe
他にもお食事処やお土産屋さんもたっぷりと掲載して頂きました!
羅臼の情報盛り沢山、ぜひご覧頂ければ嬉しいです。

明日は2便運航予定でおります、条件よく出航できることを願います☆


【TV放送のお知らせ】

本日、18:10からNHK『ほっとニュース北海道』の番組内で
5分程度、羅臼の鯨類の映像が放送される予定です。
道内のみの放送となりますが、お時間ある方はぜひご覧ください。


(3170)


posted by e-shiretoko at 16:13| Comment(2) | 日記

2018年09月04日

午前便のみ出航


早朝、クジラの見える丘公園へ行くと沖は少し霞んでおりましたが
北方領土・国後島が一部見えており、マッコウクジラも発見する
ことが出来ました^^

DSC_4778.jpg

本日は多少波がありましたが、午前便のみ出航することができ
午後便は高波強風のため残念ながら欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

午前便出航時、続々と沖から刺し網漁船が帰港してきました。
こちらの漁船は非常に頑丈な鋼鉄の船で出来ており、
流氷が来る厳冬期はスケソウダラ漁にて出航をしているんです!!

IMG_6228.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島

朝はほんの一部しか見えていなかった北方領土・国後島ですが
出航すると徐々に全体が見えてきましたよ。

DSC_4779.jpg

まず出遭う事ができたのは、こちらのイシイルカです!
…と言ってもご乗船されていたお客様も『しぶきしか見えない』と
言われている方がいらっしゃいましたが、ココにあがっている
しぶきがイシイルカです。

IMG_6245.jpg

イシイルカは海面からあまり体を出さずに、背中で水を切るように
泳ぐので活発に泳ぐ際は、このようにしぶきが舞います。
ゆっくり泳ぐ場合は、黒い背中がポコポコと見えます。

IMG_6259.jpg

そばで見ると、背中が黒くお腹が白い白黒ボディーのイルカです。
『小さく見える!』とお客さま。
イルカの中ではわりと小さく、全長は約2m。

海鳥はちょっと遠いのですが、アジサシを追いかけているトウゾクカモメ

IMG_6306.jpg

その他、アカアシミズナギドリ、アカエリヒレアシシギ、ウトウ
ミツユビカモメ、オオハムなども見られました。

マッコウクジラは水中マイクを使い、水中にいることは確認できました。
水中に入る時だけ、マッコウクジラは『カチカチ』と指を鳴らした
ような音を鳴らし続けます。
浮上している時や浮いてくる時はその音を出しておりません。

本日も早朝からクジラの見える丘公園でマッコウクジラの目視観察を
行っている長崎大学のマッコウクジラ調査チームが丘から
マッコウクジラを発見し、情報を提供して下さいました^^
ありがとうございます!その情報も頼りに他船と手分けして探し…

何とか1頭そばでマッコウクジラを観察することができました。

IMG_6279.jpg

青空も見え、知床連山にはまだ残雪があります!
その雪も融けるか融けないかのうちに、初冠雪となります。
本日は気温も高くなりましたが、風は冷たく空は秋の空ですね。

DSC_4780.JPG

今夜から明日にかけて北海道も台風には十分に注意が必要です。
船長が大事に大事に育てたお花たちも大移動…一時避難。

DSC_4785.JPG

台風が上陸し、雨風により被害が出ているようですね。
少しでも被害少なく、早く落ち着いてくれることを祈るばかりです。
皆さん、くれぐれもお気をつけて。

明日は2便運航予定ではおりますが、台風の影響もありますので
明日ギリギリの判断となりますのでよろしくお願い致します。
無事、出航できることを願います。


【TV放送のお知らせ】

明日の18:10からNHK『ほっとニュース北海道』の番組内で
5分程度、羅臼の鯨類の映像が放送される予定です。
道内のみの放送となりますが、お時間ある方はぜひご覧ください。


(3169)


posted by e-shiretoko at 17:12| Comment(0) | 日記

2018年09月03日

滅多に出遭えない?カマイルカ


今朝はクジラの見える丘公園から沖を見ると、風波はなくわりと穏やかそう♪
凪が良いので、ゆっくりと泳ぐイシイルカの姿を沢山見つけることができました。

本日は2便出航となりました。
午前便、出航時オジロワシが船の上を飛んでいきましたよ!
いつもはよく防波堤に停まっておりますが、羽を広げると約2m
頭の上を飛んでいくとその大きさに圧倒されますね。

IMG_5606.jpg

尾が白いので『オジロワシ』
国の天然記念物であり、羅臼の町の鳥に指定されております。
そして、出航してすぐに見つけたのはカマイルカです!

DSC_4759.jpg

10数頭の群れが3グループくらいにわかれておりましたが、
港周辺で沢山観察することができました。これだけ岸に近い所です!
奥に見えている建物は、知床らうす道の駅そばにある
No Borders Cafeや誠諦寺などが画像に写っています。

IMG_5757.jpg

陸からでも十分に見える距離ですよ〜♪
沢山しぶきがあがっておりますが、こちら全部カマイルカです。

IMG_5854.jpg

羅臼沖でよく見られるイシイルカは、活発に泳ぐとしぶきが目立ち、
体を海面にあまり出さずに泳ぐのに対し、
カマイルカは船尾波についてきたり、体全身を出して高くジャンプを
することも多いイルカですね。

IMG_5902.jpg

本日は2便ともにカマイルカ、そしてイシイルカに出遭う事が出来ました♪

海鳥はこちらのアジサシが本日はよく目につきましたね。
船長も『アジサシ、キレイだな〜』とよくマイクでつぶやいていました^^

IMG_5998.jpg

その他こちらのウミスズメ

IMG_6113.jpg

トウゾクカモメ、ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギ、ケイマフリ
ウトウ、アビ類、ミズナギドリ類(ハシボソミズナギドリ・アカアシミズナギドリ)
などが見られました。

マッコウクジラに関しては、朝情報を頂いておりましたが
水中マイクを使いマッコウクジラが水中で発する音を拾うもかなり微弱…
浮上を確認してもものすごーーーーーく遠く、また国後島側へ浮上(汗)
最後まで粘りましたが、マッコウクジラをそばで観察することは出来ませんでした。

午後便はたーーーっくさんのイシイルカを観察!!
イシイルカは大きな群れでは見られず、いつもは複数頭で観察しておりますが
見渡す限りイシイルカ、お客様も沢山見つけてくださいました。

ゆっくり泳ぐ時は、黒い背中がポコポコと海面に出ます。
活発に泳ぐ時は、瞬間的にあがるこのしぶきが見つけるポイントです。

IMG_6076.jpg
奥に見えるのは北方領土・国後島

初めてご乗船されたお客様は、これがいつも通りの様子と思われたかと思いますが…
こんなに沢山イシイルカたちに出遭えることもなかなかありません。
また1頭もイシイルカを見つけられない時もあるんですよ〜(汗)

他船からカマイルカの情報も!ありがとうございます。
イシイルカは水族館などで飼育されておらず、海に探しに来ないと出遭えません。
カマイルカは水族館でよく飼育されているので、皆さん馴染みのあるイルカかと思いますが、
羅臼沖では滅多に出遭えないイルカ…ですが、今年はよく観察されております(笑)

IMG_5817.jpg

沖に出て漂っていると、日差しも強く暑く感じることもありましたね。
皆さん秋田のレクチャーもしっかりと聞いて下さいました。

DSC_4771.jpg

走っている間は風も冷たく寒く感じますので、
ご乗船の際はしっかりと羽織るものをお持ちになってください。
船には貸し出しのレインウェアもございますので、ご利用下さい。

台風の影響もあり、明日から徐々に気象も悪くなる予報です。
明日も2便運航予定ではおります、無事に出航出来ますように☆


(3168)


posted by e-shiretoko at 18:00| Comment(0) | 日記

2018年09月02日

複数頭のマッコウクジラ


本日は早朝から沖は一面白波、陸も風が強く当たっており
船長が大事に大事に育てていたお花たちが吹っ飛んでしまうほど…(汗)

午前便は残念ながら高波・強風のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

お昼近くに船長とクジラの見える丘公園へ行き、沖の様子を観察。
長崎大学のマッコウクジラ調査チームは本日も丘から目視調査です!
一緒にイルカ・クジラを探しました。

DSC_4750.jpg

私達が観察した30分の間にも沢山のイシイルカや4頭のマッコウクジラを
発見することができました^^

朝に比べてだいぶ白波もなくなり、波が落ち着いてきたので午後便は出航!!
出航するといたるところでイシイルカの姿が見られましたね。
お天気がよく青空も見え、海も青くとても綺麗です。
イシイルカがたてるしぶきも見やすかったですよ。

IMG_5328.jpg

そばでみると背中が黒く、お腹が白い体も見えましたね。

IMG_5346.jpg

海鳥はこちらのウトウをはじめ

IMG_5574.jpg

アカエリヒレアシシギ、トウゾクカモメ、ミツユビカモメ、ケイマフリなどが
見られました。

スタッフの秋田が見つけるポイントを説明すると、しっかり聞いて下さり
一生懸命一緒に探して下さるお客様も多かったです。
また目も早く、沢山見つけてくださいましたね^^ありがとうございます。

DSC_4752.jpg

マッコウクジラは次々浮上するも、遠くなかなかタイミングが合いませんでしたが
最後は船のすぐそばにどっばーんと浮上!
沖では少なくとも5頭のマッコウクジラを発見することができ
お昼の時点で長崎大学からは8頭は根室海峡に入ってきているのでは!?と
情報を頂きました。

DSC_4754.jpg

約40分〜1時間近く潜ることができるマッコウクジラですが
浮いて呼吸を整える時間は約7分ととても短く、タイミングが難しい…(汗)
停船して浮上をまっていると本船のすぐそばに浮上しましたね。

IMG_5384.jpg

何度も呼吸を繰り返し、準備が出来るとこのように最後は尾びれをあげて
潜水するとまた移動して浮上してきます。

IMG_5417.jpg

いつもは遠くのマッコウクジラを発見し向かって観察というパターンが
多いのですが、本日はたまたま本船のそばに浮上したのでゆっくりと
観察することができましたね♪

帰港途中は、たまたま本船の船尾波に波乗りをしておりました。

IMG_5546.jpg

カマイルカですね^^
水族館ではよく飼育されているイルカですが、根室海峡ではあまり
出遭えないイルカです。

ギラギラ逆光の中を泳ぐ姿も美しかったですよ。

IMG_5554.jpg

イシイルカは海面からあまり体を出さず、高いジャンプをしませんが
カマイルカは高くジャンプをしたり、船についてくることも多いですね。
カマイルカに出遭えて、とてもラッキーでした☆

沖に出るとうねりも高く、船酔いされていたお客様もいらっしゃいました。
皆さん大変お疲れ様でした。

明日は2便運航予定です。条件よく出航できますように。


(3167)

posted by e-shiretoko at 17:31| Comment(0) | 日記

2018年09月01日

何とか1頭!!


今朝外に出ると、北寄りの風でひんやり〜
9月に入り秋めいてきたように感じます。
毛むくじゃらのこの子は、毎日暑そうにしていましたが…
少しは涼しくなるのかな!?
大木の足の間に突っ込んできて、落ち着くのでしょうか(笑)?

DSC_4727.JPG
ムム、わざわざその狭い所に無理に入らなくても…

今朝、クジラの見える丘公園から沖観察をすると、いつもと様子が違います。
毎日聞いている音に違和感…と思ったら、鮭の定置網の漁船が沢山見えました。
本日から羅臼沖のサケ漁が解禁になり、早朝から網入れ作業が続いておりましたね。

IMG_5148.jpg

2便、出航予定でしたが…
お天気は良いものの、徐々に風波が強くなり午後便は高波強風のため欠航。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

午前便出航するとクジラの見える丘公園前、サケの定置網漁船はまだ網入れ作業中。
豊漁を願い、私たちも安全第一で出航です!
奥に見えている赤白の灯台がある場所がクジラの見える丘公園です。

IMG_5157.jpg

本日は全体的に海鳥が少ないように感じましたが、
こちらのクロアシアホウドリは何度も船に向かって飛んで来たり

IMG_5177.jpg

その他、ウトウ、ミズナギドリ類、アカエリヒレアシシギ
ミツユビカモメ、トウゾクカモメなどが見られました。

鯨類はなかなか出会えず沖に向かうと、遠くにマッコウクジラ発見!
するも、間に合わずに潜ってしまいました。
他船と手分けしてマッコウクジラを探していきます。
マッコウクジラは浮いている時間が短く、約7分浮上呼吸を繰り返し
潜水すると約40分潜るので、タイミングが重要です。
次の浮上を待つと、わりと近い所にマッコウクジラが浮上!

DSC_4739.jpg

そばでゆっくりと観察することができましたね。
息を吸って吐く時にこのように潮吹きが上がります。

IMG_5218.jpg

何度も呼吸を繰り返し、最後は尾びれを高くして一気に
深海へ潜っていきます。

IMG_5251.jpg

そしてまた何Kmも移動し、息が苦しくなったら浮上の繰り返しとなります。
ここ数日は沢山出遭えていたイシイルカを見つけることは出来ず…
もちろん、鯨類を1頭も見つけられない事もあるんです。

マッコウクジラをそばで観察し、徐々に風波も出てきたため
早めの帰港となりました。

DSC_4741.jpg
スタッフ秋田のレクチャー

日差しは強いものの、北寄りの風を受け沖に出ると走っている間は
寒く感じましたね…(汗)
船には貸し出しのレインウェアもございますので、ご乗船の際はご利用下さい。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できることを願います。


下記、秋の羅臼も存分に楽しんで頂けるキャンペーンのご案内です。
秋の知床羅臼の陸海空でサケんじゃうキャンペーン

◇知床羅臼の豊かな海!
目で見て聞いて、知識も増える!羅臼漁港市場内の見学ができるツアー
◇秋の知床羅臼で野生動物に出会う!
陸海空に住む野生動物に出会いにいくツアー

40112733_1005903826280905_777935847092649984_n.jpg

の2つのキャンペーンが始まります!
キャンペーンに参加され、アンケートに回答、道の駅知床らうすにご持参頂けた方
先着各500名様に【非売品ピンバッジ】のプレゼントがございます♪

DSC_4743.JPG
こちらが4種のピンバッチ

詳細はこちら!!
皆さんぜひ参加し、アンケートにお答えください。


(3166)

posted by e-shiretoko at 16:45| Comment(2) | 日記

2018年08月31日

悠々と泳ぐマッコウクジラ


本日はどんより曇り空の1日、霧もかかり視界もスッキリと
開けておりませんでしたが…
朝はわりと沖も見えており、クジラの見える丘公園からは
マッコウクジラが沖に確認できました。

わりと穏やかな中、本日は2便運航となりました。
凪が良いので、お客様も沢山見つけて下さり2便共に
マッコウクジラとイシイルカに出遭うことができましたね♪

水中マイクを使い、マッコウクジラが水中で発する音を確認しながら
他船と協力しそばでゆっくり観察することが出来ましたね^^

DSC_4713.jpg
ココにマッコウクジラがいます

約40分呼吸を止めて潜水し、息が苦しくなり浮上!浮上時間は7分前後です。
重さは40tにもなり、ずっしりとした巨漢には圧倒されますね。

IMG_4841.jpg

鯨類は鼻で呼吸をしています。
マッコウクジラの鼻の穴は左斜め前方についているので潮吹きも斜めに上がります!
そのため、遠くから見た時も潮吹きが斜めであればマッコウクジラとわかります。
何度も呼吸を繰り返し、準備ができたら尾びれを高く上げて豪快にダイブ!

IMG_4865.jpg

尾びれの幅だけで約3mもあります。
全長は約15m〜18mととても大きなオスのマッコウクジラが
根室海峡にはやってきます。

マッコウクジラを探していると、大木の頭上にトウゾクカモメがやってきました☆
近すぎてフレームアウト!!珍しく長いこと船の上を飛び続けてくれました。
トウゾクカモメは普段あまりそばで観察出来ません。

IMG_5013.jpg

その他、ウトウ、ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギ
ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリなども見られました。

とても良い凪の海、2便目は青空も広がり知床連山も少し姿を現しました。
最近はお天気が悪く知床連山も久しぶりに見られましたね。

DSC_4719.jpg

イシイルカは2便共に沢山目につきました。
ゆっくり泳ぐ時はこのように黒い背中がポコポコ見られ

IMG_4813.jpg

高速で泳ぐ時は、しぶきが目立ち体をあまり海面に出さずに泳ぎます。

IMG_4938.jpg

水族館などで飼育されているハンドウイルカやカマイルカは高く
ジャンプをしますが、イシイルカは高くジャンプをしないイルカです。
また水族館では飼育されていないので、海に探しに来ないと出遭えません♪

午後便はマッコウクジラのポイントへ向かう途中、
遠くに尾びれを上げて潜っていったクジラを発見!!
浮上を待っていると、その正体はザトウクジラでした^^

IMG_4962.jpg

先日出遭ったザトウクジラでしょうか!?
少しだけ観察し、現場を離れました。
根室海峡では滅多に出遭えないクジラで、また今時期に出遭えるのも珍しいですね。

そして午後便もタイミングよく、スムーズにマッコウクジラを観察することができました。
ギラギラ逆光の中に浮上したマッコウクジラ。
出ている部分は少ないですが、向かって潮吹きが上がっている右側が頭の先
左側にポコッと黒い部分が出ているのが背ビレ。
体の三分の二だけが浮上しており、尾びれは沈んでいます。

IMG_5045.jpg

そして最後、高く尾びれをあげて潜水していきました^^

IMG_5083.jpg

本日はわりと暖かい1日となりましたね!
外で一緒に探して下さったお客様も多かったです、皆さんありがとうございました。

DSC_4720.jpg

明日は北寄りの風に変わり、寒くなりそうですね(汗)
沖に出ると風を受け体感温度は下がります、皆さん十分に暖かい格好で
ご乗船ください。
また船には貸し出しのレインウェアがございますので、ご利用ください。

明日は2便運航予定です、条件よく出航出来ることを願います。


【お知らせ】

今年も『知床羅臼写真コンテスト2018』が開催されます。
写真の応募期間は2018年10月1日(月)〜11月15日(木)必着

40287629_1007531042784850_1317712308763361280_n.jpg

facebook『羅臼であいたい』にて詳細がアップされておりますので
ぜひチェックして、皆さんが見た羅臼の景色、美しい光景など
どしどしご応募下さい。


(3165)

posted by e-shiretoko at 18:27| Comment(0) | 日記