2020年07月25日

カマイルカパラダイス!?


今朝は視界がよく、久しぶりにクジラの見える丘公園から30分ほど沖観察をしました。
沖は少し白波が目立ち、霞がかっておりましたが、沿岸には本日も沢山のミズナギドリの
群れが見られました。

本日も無事2隻で2便運航となりました。
午前便、EverGreenからはちょうど刺し網の漁船がそばで作業をしていたので、
船長が説明をしながら投網の様子を見学。

IMG_2706.jpg

午前便は多少波風がある中ではありましたが、他船と協力しながら探鯨。
沖で1頭なんとかマッコウクジラを観察することが出来ましたね。

1595662933954.jpg

尾びれを高くあげ潜水していく姿を観察出来ました。
その他、こちらのカマイルカは、全便観察することが出来ましたよ^^
海面でしぶきをあげながら泳いでいるのが、カマイルカです。

IMG_2727.jpg

こんな沿岸でも鯨類に出会えるのが羅臼の凄いところ!!
出港して、帰港するまで何が飛び出すかわかりません。
本日は活発にジャンプを繰り返すカマイルカたちの姿を沢山観察出来ました。

IMG_2781.jpg

午前便は波があり船酔いされた方も多かったので、少し早めの帰港となりました。
皆さん大変お疲れさまでした。

DSC_4529.JPG

午後便、先に出航したEverGreenはイシイルカとの出会いもありましたね。
しぶきをあげ高速で泳ぎ、カマイルカのように高いジャンプは…しないイルカなんです。

1595662921695.jpg

普段はこちらのイシイルカとの遭遇率が高くなる時期なのですが、
ここ数日はカマイルカの群れで大賑わいの羅臼沖。

午後便も沢山のカマイルカに出会うことができ、大きい群れは100頭近かったと思います。
午後便はだいぶ波も落ち着き、スタッフが生き物を見つけるポイントなども解説。

DSC_4537.JPG

こちらは、EverGreen38から観察したカマイルカ。
高いジャンプをあちこちで繰り返す様子が見られましたね♪

IMG_3030.jpg

カマイルカの群れはミズナギドリの群れと一緒に群れており、みんな餌を追っているようで
ミズナギドリたちは餌を求め次々海中へダイブ!!
その周りにはカマイルカが夢中でまとわりついておりました。

IMG_3300.jpg

カマイルカを観察していると、次々集まってきた他の海鳥たち。
ハシボソミズナギドリや、ハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリの他にも
ウトウ、フルマカモメ(暗色型・白色型)

IMG_2972.jpg
フルマカモメ/白色型

クロアシアホウドリ、そしてこちらのアホウドリまで急接近。

IMG_2959.jpg

海鳥たちとカマイルカ賑わう海、船長と話しながら…

大木『ちょっとこの水中の様子見てみたいですね!』

船長『ほんとこんなの珍しいよな!行けるなら行ってみろ』

大木『水温何度ですか?』

船長『15度だ〜』

大木『い、行けるかな…』

水温も低いですが、羅臼は真夏でも気温は20度前後ととても寒い地域です。
25度いくと猛暑(汗)
残念ですが、海へ潜ることは断念しました(笑)

これだけカマイルカ賑わう羅臼沖も珍しいですね!
そしてハシボソミズナギドリのシーズンは例年だと5,6月なので今時期は
本当に珍しいです。

本日もそれぞれ沢山の出会いがあるクルーズとなりました。
沖はと〜っても寒かったです、ご乗船の際は十分に暖かい格好でご乗船ください。
明日も素敵な出会いがありますように☆


知床雑貨カフェcho-e-maruでは、新しいアクセサリーが充実しております♪
ヨシカ店長が手作りで作成している、水引つきのイヤリング。

DSC_4542.JPG

また、夏をイメージして涼しげなカラービーズが可愛いピアスなどなど。
ご乗船の際は、知床ネイチャークルーズの事務所向いとなりますので
ぜひお立ち寄りください。

DSC_4540.JPG



【新型コロナウィルス感染防止のためのお願い】

今年の夏季シーズンに関しましては、新型コロナウィルスの影響により運休が続いており
皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりました。
まだまだ予断を許さない状況が続くとは思われますが、十分に気を付けて
運航に務めたいと思います。
そこで新型コロナウィルス感染拡大を防ぐためにも、皆様にはご乗船の際下記の点にご注意頂き、
ご協力をお願い申し上げます。

1.乗船時は必ずマスクの着用(咳エチケット)をお願い致します。

2.受付の際、ご乗船の際には必ずアルコール消毒をお願い致します。

3.沖合に出ると風を受け体感温度が下がります。
  船に貸し出しのレインウェアがございますが、出来るだけご自身で防寒対策を
  お願い致します。

4.出来るだけ手袋などの着用をお願い致します。

5.しばらくの間、定員人数に関しては制限をし、三密を作らないよう務めます。

6.事務所での受付の際は、最少人数での受付にご協力下さい。

7.船内への出入りは可能ですが、間隔をあけてご利用頂きますようお願い致します。

大変お手数をお掛け致しますが、皆様のご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

(3605)

posted by e-shiretoko at 17:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: