2019年10月14日

2019年今季ラストクルーズ


今朝は綺麗な日の出が見られました。
クジラの見える丘公園へ行き沖観察、沖は少し波があるようでしたが
午前便は無事出航することが出来ました。
午前便出航できるも、徐々に波が立ち午後便は高波強風のため
欠航となりました、ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

早朝、チラッと見えた羅臼岳の山頂が白く見えたので出勤前に国後展望塔へ。
今回の荒天で知床連山の山頂には雪が積もったようです。
今朝はかなり冷え込んでおり、寒さで目が覚めましたね(汗)

DSC_0944_1.jpg

気持ちのいい秋晴れですが、沖に出ると風がと〜っても冷たかったです。
本日は今季ラストランとなりました!
まずはあちこちで活発に泳ぐイシイルカを観察することが出来ましたね^^

IMG_9059.jpg

海面からあまり高く体を出してジャンプをしないイシイルカたち。
多少波があり、お客様ははじめなかなか見つけられませんでしたが
目が慣れると次々発見、観察することが出来ましたよ。
餌を追っていたのか?逆光の中、複数頭並んで勢いよく泳ぐ姿もかっこよかったです。

IMG_9079.jpg

他船が水中マイクを使用し、マッコウクジラが水中で発する音を確認するも
音が拾えないと連絡が入りましたが…
その後、シャチの情報が入り私たちも急いでポイントへ向かいました♪
シャチを見つけるポイントはこの特徴的な背ビレと潮吹きです。

IMG_9112.jpg

シャチたちは動きが速いので、追いつけず見失うこともあるのですが…
あまり移動せずゆっくりしていたようで、本船からもしっかりと観察することが
出来ましたね!!情報ありがとうございました。

1571024337751.jpg

シャチは必ず群れ(家族)で行動します。
本日は10頭ほど確認することが出来ましたね^^

大きなオスのシャチは背ビレだけでも約2m、船のそばでいきなり浮上すると
呼吸音、その大きさは迫力があり、圧倒されます。

IMG_9315.jpg

他船からの情報では、何かの肉片を咥えているシャチがいたとのこと。
辺りには、海鳥が沢山集まっておりました。
お客様はシャチに興奮、夢中で観察している中で長谷川船長は
シャチ以上にこちらに大興奮!!

IMG_9205.jpg
クロアシアホウドリ

アホウドリ類とフルマカモメがシャチの周りに集まっておりましたね。
アホウドリ類は近いものだけでも10羽以上、離れたところにも複数、
こんなに集まっているのは初めて見たかもしれません!?
船のそばを何度も通過する度『アホウ、アホウ、アホウ!!』と船長マイクで絶叫。

その他、アビ類、ミツユビカモメ、ウトウ、アホウドリの幼鳥など
観察することが出来ましたよ。

沖は徐々に波が高くなり、しぶきが舞うこともありました。
気温も下がりとても寒い中でのご乗船、皆さん大変お疲れ様でした。

DSC_0954_1.jpg

本日は今季クルーズ最終日。
午前便のみの出航となりましたが、沢山の出遭いに本日も感謝と感動♪
本当に素晴らしい海です。

IMG_9344.jpg

今年も多くのお客様にご利用頂きましてありがとうございました。
またブログをご覧頂いている皆様、ありがとうございます!
ブログに関しては、クルーズの運航はありませんが今月いっぱいは
羅臼の情報をしっかりお伝えしていきますので、よろしくお願い致します。
また来年は1月下旬より冬季クルーズ開始!皆様のご予約お待ちしております。

船長も興奮しておりましたが、沢山の海鳥との出会いにも感動と興奮。
羅臼沖は鯨類のみならず、1年通して海鳥との出会いも沢山あります。
そして今年も千葉県我孫子市で開催『ジャパンバードフェスティバル2019』に
知床羅臼観光協会が参加します!!
知床ネイチャークルーズからは長谷川船長が参加しますよ〜。

DSC_0901.JPG

2019年11月2日(土) 9:30〜16:00
     11月3日(日) 9:30〜15:00

会場:千葉県我孫子市 手賀沼周辺

羅臼以外で長谷川船長に出会えるチャンス(笑)!!?

1541233329007.jpg
昨年の知床羅臼観光協会ブース

え?会わなくてもいいって??そんなこと言わずに…
鳥好きの方、鳥に興味がない方も、日本最大の鳥の祭典!!
皆様のご来場お待ちしておりまーす^^



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3474)

posted by e-shiretoko at 17:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: