2019年09月27日

全てがポイント!!


昨夜、お出かけついでに国後展望塔へ。
町の明かりと沖に煌々と光るのは夕方3時頃に出航した
イカ釣り漁船の漁火です。

DSC_0682.jpg

イカが釣れだすと、町外からの漁船も続々と羅臼にやってきます。
遠いところは、鳥取県、石川県、九州の長崎県からも!!
凄い明かりになるので、星空が見えなくなるんです。

さて、今朝もクジラの見える丘公園からはマッコウクジラが2頭並んで
泳ぐ姿が見えました^^
本日は多少うねりがあるように見えましたが、2便運航となりました。

雲一つない青空が広がり、気持ちのいい秋晴れです!
奥に見えるのは知床連山。
お客様から質問があり、山の谷間の白い部分は雪ですか?と…
そうなんです!この雪も解けるか解けないかのうちに羅臼はもう時期初冠雪。

DSC_0698.jpg

本日は2便共にイシイルカ、マッコウクジラに出遭うことが出来ました。
あちこちで見られ、ゆっくり泳ぐ時はこのように黒い背中が海面にポコポコと。

InkedIMG_6598_LI.jpg

活発に泳ぐ時は、活発にしぶきをあげ泳ぎます。
速い時は時速50km以上、本船は敵いませんね。
青い海、本日はお腹の白い部分が見えた方もいらっしゃったのでは?

IMG_6653.jpg
背中が黒く、お腹が白いです

そしてマッコウクジラも遠くでの浮上が続くも、そばで観察することができ
マッコウクジラを見つけるポイントはこちらの潮吹き。

IMG_6746.jpg

浮上すると呼吸を整え、準備が出来ると尾びれをあげ一気に深海まで。
豪快ダイブです!!

IMG_6764.jpg

一度潜ると40分から1時間潜水し、息が苦しくなったらまた浮上します。

海鳥は、ウトウ、フルマカモメ、ミズナギドリ類、トウゾクカモメ
アビ類、ヒメウ、ハイイロウミツバメ、アカエリヒレアシシギなどが見られました。

午後便も青い世界が広がっておりましたね♪
皆さん一緒に探して下さり、とても助かりました!ありがとうございます。

DSC_0700.jpg
奥に見えるのは北方領土・国後島

いつも鯨類に出遭えるというわけではなく、出遭いはその時の運次第。
船長がいつも船で言っていますが、鯨類に全く出遭えない時もあります。

また近くで出遭える時もあれば、このように遠くで潜ってしまうことも…

InkedIMG_6805_LI.jpg
ココにマッコウクジラの尾びれ

このように岸が近いところでもマッコウクジラに出遭えるのが、羅臼の特徴。
マッコウクジラたちは深海性のイカなどを食べているのですが、陸に近い所でも
マッコウクジラたちが餌を食べやすい環境が沢山あるので、どこでも出遭える
可能性があるんですね^^

IMG_6916.jpg

午後便帰港間際、イカ釣り漁船の漁見学。
このような沿岸でもスルメイカが釣れるんですよ〜!!
奥に見える赤白灯台が、クジラの見える丘公園の場所です。
最近まで長崎大学の水産学部の皆さんが約1カ月、ここから目視調査を
行っておりました。

IMG_6955.jpg

実際に、丘から色んな鯨類を見つけることが出来ます。
肉眼で見える時もありますが…双眼鏡があるとなお良いですよ♪

本日も沢山の出遭いに感謝です!
明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆




【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3458)


posted by e-shiretoko at 17:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: