2019年09月15日

あっちもこっちも潮吹き


日の出の時間は雲が厚いものの、雲の切れ間から少しオレンジの光
しかし、徐々に雲行きが怪しくなっていきました。
朝クジラの見える丘公園から沖を観察しているとパラパラと雨…

午前便、出航時には本降りとなった雨でしたが
凪は良いので2便共に出航することが出来ました。

雨が降る中、皆さんレウィンウェアを着て頑張って下さいました。

DSC_0503.jpg

スタッフの秋田がイルカやクジラの見え方、ポイントを解説。
お客様も一緒に探して下さいました!
本日は2便共に沢山にイシイルカに出遭うことが出来ましたよ♪

ゆっくり泳ぐ時は、背中が海面にポコポコと見え隠れします。

IMG_3932.jpg

速く泳ぐ時はしぶきを上げて高速で泳ぎます。
よく見るとお腹が白く、背中が黒いので初めて見たお客様はシャチと
間違われる方もいらっしゃいます。

IMG_3878.jpg

午前便、何頭もマッコウクジラの浮上を確認できるも日ロ中間地点よりも
国後島側での浮上が続きました…
7頭発見できましたが全て国後島側の浮上、最後の最後粘ったかいがあり
8頭目のマッコウクジラをそばで観察することが出来ました。

IMG_3752.jpg

何度も潮吹きが上がり、海面で呼吸を整えます。
潮吹きが出ている部分が頭の先、三角のポコっと出ている部分が背びれ
体の三分の二が海面に出ています。
最後はこのように尾びれを上げて一気に潜水していきます。

IMG_3765.jpg

高々と尾びれをあげ深海まで真っ逆さま、また何Kmも移動して
息が苦しくなったら浮上し休憩を繰り返します。

海鳥はカモ類が沖を群れて飛んでいく姿が多く見られましたね。
全部は確認できませんでしたが、ビロードキンクロ、クロガモ、シノリガモなど

IMG_3643.jpg

他にもミツユビカモメ、トウゾクカモメ、ミズナギドリ類、ウトウ
ヒメウ、コシジロウミツバメ、クロアシアホウドリなどが見られました。

午後にはザーザー降っていた雨も上がり、少しずつ青空も!?
凪もよくイシイルカをあちこちで観察し、順調にマッコウクジラも浮上。

Inked1568527968657_LI.jpg
ココに潮吹きがあがっています

普段は単独行動しているオスのマッコウクジラたち。
午前便は5頭一緒に泳ぐ姿が見られ、午後便も2頭一緒になっている様子が
あちこちで見られました。
逆光の中もキラキラと美しかったですね♪

IMG_4005.jpg

マッコウクジラたちは尾びれを真後ろから撮影し、この尾びれの形で
個体識別をしています。
こちらの個体は、右側に丸い穴が開いた特徴的な尾びれ!
分かりやすい個体です。

IMG_4088.jpg

次々と浮上を確認し、そばでマッコウクジラを観察することができ
ラッキーでしたね☆

午後便帰港時には、ちょうどイカ釣り漁船たちが出港する時間。
長谷川船長も昔はイカ釣り漁もやっており、地方から来る漁船たちも
みんな古くから知っている仲間の漁師。

イカ釣り漁船たちとすれ違うと船長がマイクで大木に聞いてきます。

船長『エリカ、右来たのは八鉱か?』

大木『そうです』

船長『今来たのは、寿都の長栄丸だな!』

大木『正解』

船長『今来たのは、美福か?』

大木『え?本当に美福ですか?』と惑わせてみる…

船長『この形は美福だと思うんだけどなぁ!?』

大木『そうです、美福丸です(笑)』

船長、引っ掛かりませんでした。

船長『左は崎吉!』

IMG_4146.jpg
こちらは長崎県から来ている『崎吉丸』

スルメイカが釣れだすと、地方のイカ釣り漁船が羅臼町に集まります。
私は双眼鏡を使って一生懸命船名を読んでいますが…
船長は遠くからシルエットなどでその船がどこの何丸なのかわかるんです。
本当に凄い!!安全第一で大漁を願います。

本日は雨が降る中、また雨が上がっても沖は寒かったですね(汗)
皆さん寒い中でのご乗船大変お疲れ様でした。
風邪など引かれないようお気を付けください!
明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3447)

posted by e-shiretoko at 18:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: