2019年08月11日

順調にマッコウクジラを観察


今朝、クジラの見える丘公園から沖を観察をしましたが
とてもいい凪、気温があがり沖は少し霞みがかっておりましたね。
本日はわりと凪の良い中、順調に3便運航となり全ての便で
マッコウクジラに出遭うことが出来ましたよ。

先輩実習生の松井さんが昨日最終日を迎え、本日からは実習生の木下さんが
生き物を見つけるポイントなどをしっかりと説明してくれています♪

DSC_9476.jpg

海鳥は全体的に少ない印象でしたが、港前はミズナギドリ類やウミネコ、ミツユビカモメ
こちらのウミスズメも観察出来ました。

IMG_4550.jpg

その他、アカアシミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、ウトウなど。

1便目は順調にマッコウクジラが浮上しましたね。
1頭目は日ロ中間地点よりも国後島側での浮上でしたが、しっかりと尾びれが見え
次にツチクジラの浮上も!

そして立て続けにマッコウクジラがそばで浮上しました^^
そのマッコウクジラは、キンキの刺し網漁の船のそばに浮上し
どうやら漁船が気になり自ら漁船に大接近。
漁の様子でも水中で観察していたのでしょうか?どこにいるかというと…

InkedIMG_4774_LI.jpg

ココです!!船の横にぺたっとくっついていましたね。
羅臼に来るマッコウクジラはオスだけが来ていると言われており
全長は15m以上、大きいものでは18m程にもなります。
最後は尾びれを高く上げ潜水!

IMG_4843.jpg

1便目は何度かツチクジラを観察することができ、帰港途中にも発見。
警戒心が強いクジラですが、珍しくそばで観察することが出来ました。

IMG_5057.jpg

ある程度距離を保ちながら観察していると、海面を尾びれで叩いたり
いきなり船のそばで半身出してジャンプ!
上半身だけでしたが、10mほどある大型のクジラです。
そばで観察することが出来てとてもラッキーでしたね。

2便目も順調にマッコウクジラをそばで観察することが出来ましたよ。
お天気も回復し、青空のもと気温も上がっていきましたね。

InkedDSC_9479_LI.jpg
ココにマッコウクジラ

どんどんこちらに接近してきましたね。何度もこのように潮吹きが上がります!
7分前後浮上している間、鼻で呼吸を繰り返し準備が出来ると…

IMG_5102.jpg

このように最後は尾びれをあげて一気に深海まで潜水していきます。
目の前で高々と尾びれを上げ潜っていく様子は、とても迫力がありましたよ。

IMG_5132.jpg

2便目、マッコウクジラの浮上を待っている間には遠かったのですが
ツチクジラの全身ジャンプも!!クジラの姿というよりも、物凄い水柱を見た…
という方が正しいですね(笑)

3便目もイシイルカを観察し、なんと陸にとても近いところでマッコウクジラ浮上。

DSC_9482.jpg

順調に3回、そばでマッコウクジラを観察することが出来ました。
羅臼沖は独特な地形をしているため、深海性のイカなどを食べるマッコウクジラが
沿岸でも餌が食べやすい環境が整っています。

IMG_5241.jpg

陸近いところでも一気に水深が深くなり、陸からマッコウクジラが観察できる場所も
なかなかありません。

IMG_5260.jpg

根室海峡内でマッコウクジラの個体識別は約200頭!
長崎大学の学生さんたちが毎年羅臼に来られて、目視調査を行っています。
マッコウクジラたちも性格が違い、個体差があります。

本日も沢山の出会いがあり、風波が少し心配でしたが条件の良い中
順調に生き物たちに出遭うことが出来ましたよ。

出会いは様々、野生の生き物を相手にしているので、順調に生き物たちに
出遭える時もあれば全く鯨類が見つけられない…そんな時もあります。
1、3便は沢山出会えたイシイルカでしたが、2便目は一瞬チラッと。

IMG_5175.jpg

高速で泳ぐことができ、水族館などでは飼育されていないイルカです。
本日は凪が良かったので普段は見えづらいお腹の白い部分が見えた
お客様も多かったと思います。

明日は3便運航予定です、条件よく出航できますように☆




【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3412)

posted by e-shiretoko at 18:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: