2019年07月25日

羅臼沖では珍しい


今朝は濃霧で沖はあまり見えていなかったのですが
沿岸はわりと凪が良いように見えました。
本日から天然昆布漁が解禁!『かぎおろし』となります。
朝、6時頃船長と実習生の松井さんと一緒に昆布漁の見学へ^^

DSC_9113.jpg

道路からでも見えるような、沿岸で昆布を獲っています。

IMG_4619.jpg

本日は朝6時から10時まで行われたようです!
皆さん、怪我無く豊漁でありますように☆

さて、霧もどんどん晴れて行ったのですが…逆に風が吹き、少しずつ波が立ちました。
1、2便は運航できたものの、3便目は高波のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

1便目、視界はどんどん開けていきましたね。
視界が回復していったので、皆さん鯨類の見つけるポイントをおさえ
一緒に探して下さいました。

DSC_9115.jpg

まずは出航してすぐに出会えたのがこちらのカマイルカ。
カマイルカは行き帰り2度出遭うことが出来ましたよ。
羅臼沖ではなかなか出会うことが出来ないカマイルカは
水族館などで飼育されているので、皆さんも馴染みがあるかもしれません。
 
IMG_4862.jpg

背びれが草刈り鎌の『鎌』部分に似ていることからカマイルカと名付けられました。
船のそばでゆっくりと泳ぐ姿が観察出来ました。

また本日2便共に沢山出会えたイシイルカ。
イシイルカは水族館などでは飼育されておらず、野生でしか出遭うことが出来ません。
活発に泳ぐ姿を観察することが出来ましたね。

IMG_4953.jpg

そして、こちらのマッコウクジラも2便共に出会うことが出来ましたね。
何頭も確認できるもそばでなかなか観察出来なかったのですが…

IMG_4978.jpg
遠くで潜るマッコウクジラの尾びれ

浮上時間が7分前後と短いので、タイミングが難しいです。
浮いている部分は頭から背びれまで、尾びれは沈んでいる状態です。

IMG_5045.jpg
全長は約15m、大きいものでは18m!!

プカプカ浮きながら、潮吹きがあがり呼吸を整えます。
その後準備が出来るとこのように尾びれを上げて一気に潜水!

IMG_5059.jpg

遠くで潜ってしまうこともあれば、そばで観察できることもあります。
本日は少なくとも6頭のマッコウクジラを確認できました。

2便目は徐々に風波が出てきましたが、無事出航することが出来ました。

DSC_9118.jpg

2便目もミンククジラをチラッと観察し、
イシイルカはあちこちで目立ち、お客様も次々と見つけてくださいました!
そして、沖に出てゆっくりと探鯨していくと遠くに潮吹きを発見。

近づくとなんと、羅臼沖では珍しいナガスクジラでしたね♪
鯨類の中ではシロナガスクジラに次いで大きなナガスクジラ。
大きいものでは約20mにも達します、本船よりも大きいです。

IMG_5404.jpg

ぶっふぉーーーー!!!と勢いよく呼吸する音が聞こえ船のそばで浮上。
驚いて『うわ!!』と声を出してしまいましたが…
その後、次々とナガスクジラを発見しました♪

マッコウクジの浮上を待っていると目の前をクロアシアホウドリが飛んでいきました。
海鳥も盛り沢山、その他、コアホウドリ、ウミスズメアカエリヒレアシシギ
ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、トウゾクカモメ
フルマカモメ(暗色型・淡色型)なども観察出来ましたよ。

IMG_5308.jpg

そして、ナガスクジラの後はマッコウクジラも発見しましたよ。
1頭発見するとそばに別のマッコウクジラ、計3頭のマッコウクジラが
同時に浮上しておりました。

IMG_5258.jpg

よくよく観察していると、マッコウクジラ以外に次々と潮吹きが??
マッコウクジラのそばにナガスクジラの姿!
右はマッコウクジラ、左前方すぐそばナガスクジラ2頭!!
左後方、ナガスクジラ2頭!!

次々と確認でき前も後ろも右も左も…クジラたちに囲まれましたね^^
ナガスクジラは少なくとも10頭近く発見することが出来ました。

2便目に出遭ったマッコウクジラたちはプカプカ浮いたまま潜らず。
そのまま現場を離れました。

本日は1、2便と様々な出会いがありましたね。
多少波があり船酔いされた方もいらっしゃいました…
皆さん大変お疲れさまでした。

明日は3便運航予定です、条件よく出航できますように☆




【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3396)

posted by e-shiretoko at 17:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: