2019年07月06日

鯨類も海鳥も賑やか♪


本日は2便運航となりました。
朝3時半頃は少し視界が開けておりましたが…出航時には濃霧(汗)
しかし沖に出ると視界が徐々に開けていきましたね。
霧はかかったり晴れたりを繰り返しておりましたが、べた凪の1日!

2便共にイシイルカに出会うことが出来ましたよ^^
水族館では飼育されていないため、野生でしか出遭うことが出来ないイルカです。

IMG_5556.jpg

海面に体をほとんど出さずに泳ぐイシイルカ、本日は凪がよく白黒ボディーが
見えたお客様もいらっしゃいましたね。

IMG_5580.jpg

本日は海鳥も多く見られ、こちらは手前がハシボソミズナギドリ、奥はウミスズメです。

IMG_5590.jpg

その他、ウトウ、フルマカモメ(暗色型・白色型)、ミツユビカモメ
クロアシアホウドリ、そしてハイイロウミツバメに関しては珍しく群れで見られました^^

午前便は霧がなかなか取れない中ではありましたが、チラッとミンククジラの姿も。
写真には収められず(汗)
スーッと一瞬海面に背中が見えるのですが、見つけるのが難しいですね。

DSC_8655.jpg

午後便は他船からナガスクジラの情報を頂きました!ありがとうございます^^
久しぶりのナガスクジラ!ブッフォーと呼吸音がよく聞こえました。
大きいものでは全長が約20m、鯨類の中で2番目に大きなクジラです♪

IMG_5639.jpg

とても寒い中ではありましたが、皆さんレインウェアを着て頑張って下さいました。
秋田のレクチャーもしっかり聞いてくださいました。

DSC_8660.jpg

そして最後の最後、帰港途中では他船からシャチの情報も!!
日ロ中間地点付近、何とかそばで観察することが出来ました^^
観察しているとどこからともなく数が増え、10頭近くいたと思われます!?

IMG_5839.jpg

少し警戒され距離を保たれるため、少し観察し現場を離れました。
最後に奇跡的な出会いがありましたね〜とてもラッキーでした。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆

さて、話変わって先日ご乗船されたお客様がなんと57年前…
縁あって赤岩の長谷川家の番屋でお世話になったという話を伺いました。
船長は当時まだ赤ちゃん。

こちらは昔の赤岩でのお写真です。

IMG_0109.jpg

昔は昆布漁の時期、一家総出で知床岬の先端に移り住み漁をしておりました。
すごく大変な作業が続き、子供の頃マサトくんはお手伝いが嫌で嫌で仕方なかったとか(笑)

IMG_0009.jpg
こちらは若いころの長谷川船長(左)

懐かしいお話とお写真を送って頂き、船長もとても喜んでおりました。
7月の後半にもなると、いよいよ羅臼の昆布漁が解禁となります!

そして今年も羅臼町本町が歩行者天国に7月7月13日(土)〜15日(月)までの3日間
しれとこ羅臼こんぶフェスタが開催されます!!

64435450_2406010986335299_6259647893112619008_n.jpg

今年で6回目を迎えるしれとこ羅臼こんぶフェスタは、羅臼の漁師を応援!!
をコンセプトに更に魅力溢れる内容で開催致します。
今回は第8回目を迎える羅臼町商工会青年部のらうすビアガーデンとの
同時開催も実現しました。

DSC_3847-thumbnail2.jpg

7月下旬から始まる羅臼のこんぶ漁!!
昆布を採ってから多くの工程を経て製品化される、高級な羅臼昆布は
お土産で頂いても嬉しいですよね〜♪

IMG_3395-07a19-thumbnail2.jpg

ぜひお立ち寄り頂き、体験、学んで美味しいものを沢山食べて
色々と感じて頂ければ嬉しいです。



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3379)

posted by e-shiretoko at 18:07| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
先日、無理を言って、2便に乗せていただいた、清里町の
お魚屋(bbsのニックネームです)です。
 正直、参加させていただき、感動しました。
1便ではでシャチがでなかったと聞いたし、シーズンも
7月に入っていて、期待薄と思いつつの乗船でしたが、
実は、最初のイシイルカの背中の白色と、ミズナギドリの
飛び立つ波紋を見た時点で、ホームページのネタ、
撮りだかじゅうぶんとおもっていたら、ナガスやシャチまで、
見せてくれて、感動ものでした。
 欲をいえば、太陽の光が欲しかったですが、はじめてで
贅沢言っちゃだめですね。
 結構、海の哺乳類、好きなので、遠出して見に行っいましたが、
こんなに近くで、見れるところがあった事は、僕にとって今年の
重大ニュースの一つです。

 次回は白黒のツートン模様を肉眼で見たいので、参加したいと
思います。

 追伸 100-400mm使っているのを確認しましたが、凄く太く
   見えました。そうとう、明るいレンズなんですか。
    僕も100-400使っていますが、あんなに太くないでっす。
    感想ですが、500mm以上のが、ほしくなりましたが、
   なかなか、サラリーマンでは手がでないっすね。

    そうそう、キャプテンの「クジラは見るもんじゃなくて、
   食うもんだ。」は、明言ですね。笑いそうでしたが、
   外人さんもいるなかで、笑ったらひんしゅくですよね。

         ではでは。

    面白い物が見れたら、お教えください。見に行きます!

Posted by お魚屋 at 2019年07月07日 08:11

>お魚屋さん

こんばんわ。
知床ネイチャークルーズの大木と申します。
先日はご乗船頂きましてありがとうございました。
楽しんで頂けたようで、私共も嬉しいです!

この時期はどうしてもどんよりとしたお天気が多く、霧がかかりやすい
時期になりますね。
生き物たちとの出会いにお天気は関係ないので、沢山の出会いがあり
私も感動しました。素晴らしかったです!

自然相手なので、その時の条件や出会いは様々です。今回は色んな出会いがあり
羅臼の豊かさを感じて頂けたかと思います。


大木が使用していたキャノンのレンズは、
キヤノン EF100-400 F4.5-5.6L IS USMだったかと思います!?
少し古いタイプの100-400のレンズです。
もっと望遠のレンズもいいですが、シャチに関しては船のすぐそばまで
寄ってくることもあるので、100-400では近すぎることもありますね(笑)
野鳥を撮るのであれば500mmのレンズもいいかもしれませんね。

クジラは昔給食などにも出ていたと聞いたことがあります。

またの機会がございましたら、ご乗船お待ちしております。
Posted by エリカ at 2019年07月07日 19:05
 担当者 様
 早々の情報、ありがとうございます。
そうですか。通常の100-400mmの件、了解です。
また、その他のレンズ情報、ありがとうございます。
 次回参加する際の参考になります。
 ぼくは、このレンズ、同趣味の知人にすすめられ、
モモンガ用に購入したのですが、いがいとコンパクト
なので、使いがってがよく、お気に入りで、
今回の様にあちら、こちらに持っていって、使っていますが、
今回の乗船ウオッチングには、なんか中途半端で
ちょっぴり残念ながかくだったかと、少し反省しつつ、
まぁ、トリミングありきなら、まぁ、良しかぁ。と、
言った感じでした。
 くじらは、僕の親父さんが、よく、酒のつまみで、
くじらベーコンを食べていたのを思い出しましたが、
給食にでた記憶はないなぁ。(ここで、この話題は、NG
ですね。クジラファンにおこられちゃいますね。)
 そうそう、帰りに羅臼ビジターセンターに
よりました。シャチの骨見ましたよ。「でかい!!」
驚きました。
 あれは、乗船した人全員に見せて上げたいですね。

 ではでは、次回行くときは、ここの情報を
参考にしますので、記載、がんばってくださいませ。

           取り急ぎ。
Posted by お魚屋 at 2019年07月09日 01:18
>お魚屋さん

おはようございます。

お返事ありがとうございます。
色々と撮影されているのですね?!100-400mmは勝手もよく、ご乗船されているお客様も使用されている方が多いレンズですね。

クジラは給食で出ていませんでしたか(汗)

羅臼ビジターセンターは船長が必ずお客様にご案内しています、知床とで一番いい施設!!と。
船から見ると実際に出ている部分が一部であることがよくわかりますよね。

羅臼の日々の情報をこれからもどんどん配信していきますので、ぜひご覧頂ければ嬉しいです。がんばります!ありがとうございます。
Posted by エリカ at 2019年07月09日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: