2019年06月26日

イシイルカの群れ


早朝から本日は濃霧で視界がスッキリと開けておりませんでしたが…
無事2便運航となりました。
午前便、沖に出ると少し風と波があり、霧は取れたりかかったりを
繰り返しましたね。

本日は2便共にこちらのイシイルカに出会うことが出来ました。
活発に泳ぐと背中で水を切るように泳ぎ、このようなしぶきがあがります。

IMG_7774.jpg

そばで観察できると、背中が黒く、お腹の白い部分も見えることがあります。
あまり海面に体を出さずに泳ぐのですが、実は白黒ボディー!!

海鳥は午前便、そばで観察できたフルマカモメの白色型。

IMG_7797.jpg

その他、フルマカモメの暗色型、ヒメウ、ミツユビカモメ、
ハシボソミズナギドリ、ウミスズメなどが観察出来ました。

午前便は途中、知床連山が見えたり

DSC_8459.jpg

北方領土・国後島も徐々に姿を現したのですが…
最後の最後まで濃霧に苦戦しました(汗)
寒い中ではありましたが、皆さん実習生の話にもしっかり耳を傾けて下さいました。

DSC_8460.jpg

午後便は午前の濃霧が嘘のようにスッキリと視界がよくなりましたね。
沖に出るとこれでもか!!ってくらいに見渡す限りイシイルカ(笑)
凪がよく、遠くのしぶきもお客様が次々と見つけて下さいました。
普段は2頭から5頭ほど、あまり大きな群れは見られませんが…
餌があったのか沢山のイシイルカが集まり、しぶきがわっしゃわしゃ。

InkedIMG_7850_LI.jpg
矢印は全てイシイルカ

そして日ロ中間地点付近まで沖に出ると、国後島側に発見しましたシャチです。
肉眼ではなかなか見えない距離でしたが、様子を見ていると…
なんと、羅臼側でシャチ発見の連絡が他船から入りました♪
ありがとうございます。

午後便は5頭のシャチをそばで観察することが出来ましたよ。
奥に見えているのは、北方領土・国後島です。

IMG_7907.jpg

お天気もよく、海の青が綺麗でしたね。

InkedDSC_8470_LI.jpg
ココにシャチがいます

これはオスのシャチです!と案内すると、何でオスとわかるのかと
お客様からよく質問を受けますが、大人のオスのシャチは、大きいもので
背びれが2m近くまで発達します。
背びれが高いので、オスのシャチだということがわかるんです^^

IMG_8039.jpg

午後便はお天気も良く、条件の良い中シャチを観察することが出来ました。
とてもラッキーでしたね。
青い海、水中をゆっくりと泳ぐ姿がよく見えました。

IMG_7967.jpg

国後島側に確認したシャチ群れの他に今回出遭うことが出来たシャチ群れ。
いくつかの群れが根室海峡内で確認できましたね。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3370)

posted by e-shiretoko at 20:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: