2019年06月22日

粘り抜きました


本日は2便運航となりました。
多少波がありましたが、無事出航することが出来てよかったですね。

午前便は少し霧がかかっており、視界がスッキリといきませんでしたが
2便共に出会えたイシイルカ。

よく生き物に出遭えるポイントはどの辺りですか?と質問がありますが
このように陸がとても近いところで出遭うこともあれば

IMG_3595.jpg

沖を一生懸命探さなければいけない時もあります。
背中で水を切るように泳ぎ、あまり体全身を出さず泳ぐのが
イシイルカの特徴的な泳ぎ方です。

IMG_3605.jpg

午前便は鳥好きのお客様もご乗船されており、色々お話しさせて頂きました。
フルマカモメやハシボソミズナギドリ、ウトウと出遭い、その他こちらのコアホウドリも!

IMG_3635.jpg

周りにいたフルマカモメと比較すると、その大きさがわかりやすかったです。

そして他船と手分けし探鯨。
時間も迫っており折り返して、帰港中も探していると…
何と遠くに黒いヒレ!?シャチを発見しました!!

InkedIMG_3656_LI.jpg

かなり距離がありましたが、シャチがいる場所へ向かってみると
日ロ中間地点よりも国後島側でした(汗)
何とかお客様と目を凝らしシャチを観察、そして徐々に羅臼側へ近づいてくるも
霧も一緒についてきてしまい、シャチが見失いかけ…
たところで羅臼側へ入ってきたシャチの群れ〜♪

DSC_8395.jpg

全体で10頭ほどはいたと思われます。
かなり広く分散しておりましたが、ゆったりと泳ぐ姿をそばで観察することが出来ました。

IMG_3743.jpg

そしてどんどん霧が濃くなり視界が悪くなっていきました。
霧がもっと早くかかってしまっていたら、シャチは見つけられなかったかもしれません!?
本当に運次第ですね。

本日はとても寒い中ではありましたが、皆さん実習生のレクチャーにも耳を傾け
しっかり聞いてくださいました^^ありがとうございます。

DSC_8393.jpg

午後便に関しては、先に出航していた他船がシャチを発見しており連絡をくれました。
ありがとうございます。
ポイントはまたしても日ロ中間地点近いところ…
現場に到着すると、シャチは国後島側へ行ってしまいました(汗)

DSC_8396.jpg

少しほかの生き物を探しつつ、シャチの動きも観察していると…
なんと一度国後島側へ移動していったシャチたちがみんな羅臼側へ!?
待って待って待ってまって・・・・・・・

全体で約30頭のシャチがどんどん羅臼側へ戻ってきてくれました^^
シャチを見つけるポイントはこの背ビレ、この黒い棒状のものが浮き沈みします。
また潮吹きも目立つんですよ。

IMG_3906.jpg

ゆっくりと観察することが出来ました。
横になって泳いだり、背面泳ぎ、子シャチもお母さんシャチ?に寄り添い
一生懸命泳ぐ姿が見られましたね。

IMG_3855.jpg

とても寒く、手がかじかみそうでした…
皆さんレインウェアを着て外で頑張って下さいましたね。
とても寒い中でのご乗船、お疲れさまでした!風邪などひかれませんように。
またご乗船されるお客様はしっかりと防寒対策を!!

明日も2便運航予定です!条件よく出航できますように☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3366)

posted by e-shiretoko at 19:07| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
シャチが見れて大満足
船長の話がとても面白かったです^_^
プロの目を感じました。凄いですね。
これからも楽しいクルーズしてください。
また行きたいです。
Posted by 大津 at 2019年06月23日 18:36
>大津さん

こんばんわ^^
先日はご乗船頂きましてありがとうございました。
船長の話、楽しんで頂けましたか(笑)!?シャチにも出遭うことができ、ラッキーでしたね♪
またのご乗船、スタッフ一同おまちしております。
ブログでは日々羅臼の様子を更新していきますので、お楽しみに☆
Posted by エリカ at 2019年06月23日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: