2019年05月06日

波と霧


今朝はお天気がよく気温があがり沖は霞みがかっておりました。
視界はすっきりといかず、クジラの見える丘公園からは北方領土・国後島が
見えませんでしたね。

DSC_7386.jpg

海は穏やかそうに見えますが、多少波とうねりがある中
午前便が出航!

DSC_7387.JPG

沖に出ると今度は徐々に濃霧…(汗)
霧はたえず動いているので、どんどんその霧が晴れていきました。
実習生の大野くん、クルーズが終わってから大木とレクチャーの練習を
積み重ね、だいぶ慣れてきたようです。
生き物の見つけ方をお客様に説明してくれます。

DSC_7390.jpg

午前便、ミンククジラが何度か浮上するも多少波があり
一瞬海面にスーッと出てくるミンククジラは少し見づらいです。
見つけるのが難しかったですね。
写真は撮れませんでした、すみません(汗)

海鳥はウトウ、アビ類、ヒメウ、ユリカモメ、防波堤には
オジロワシなどが見られました。

午後便出航時、ちょうど海上保安庁の砕氷型巡視船てしおがパトロールを終え、
帰港してきました。
こちらの砕氷型の巡視船は日本に2隻しかなく、流氷が来る時期に日本で唯一
漁業(スケトウダラ漁)が行われているこの羅臼に配属されているんです。

DSC_7393.jpg

この後、私たちは出航するも徐々に風が強く吹き、沖合波が高くなったため
欠航となりました。
ご乗船頂きましたお客様申し訳ございませんでした。

夕方、少し近所の誠諦寺へ行ってきました。
桜のつぼみは…

DSC_7395.jpg

蕾は徐々に膨らんできたように感じます。
例年通りであれば、羅臼の桜開花は15日前後が多いですね。
本日お天気は良かったものの、風が冷たく沖合はとても寒かったです。
ご乗船の際は十分に暖かい格好でご乗船下さい。
明日は条件よく出航できますように。




【国道334号知床横断道路開通のお知らせ】

冬期間通行止めとなっておりました国道334号知床横断道路が
4月26日(金)10:00時から開通致しました。
当面は夕方から朝にかけて路面凍結の恐れがあるため、段階的な夜間通行規制を行います。

 【第1段階】 10:00〜15:30
 【第2段階】  8:00〜17:00
 【第3段階】 夜間通行規制解除(終日通行可)。

4月26日からしばらくの間、通行可能な時間は、10時00分〜15時30分です。
状況によっては、通行止めとなる場合もございます。
羅臼=ウトロ間を移動される場合は、通行規制時間にご注意下さい。
知床横断道路(国道334号)が通行止めの場合は、羅臼からウトロまでは
迂回し根北峠を通って車で約2時間かかります。

北海道開発局 釧路開発建設部
http://www.hkd.mlit.go.jp/ks/douro_seibi/qgmend0000005e1d.html


【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3326)

posted by e-shiretoko at 15:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: