2019年02月25日

色彩溢れる1日


早朝便出航時、流氷が港を塞いでおりました。
港の外に出ればガラッと流氷が開いているのですが…(汗)
スケトウダラ漁船たちと一緒に5時半出航しました。

DSC_3466.jpg

今朝は雲が多かったので日の出が厳しいかと思いきや
うっすらと太陽!!!?

IMG_5673.jpg

雲の奥から赤く染まった柔らかい光の太陽が見られました。
それから徐々に日が昇ると綺麗なオレンジへと変わっていきましたね^^

IMG_5912.jpg

港を出られたのですが、沖には流氷の姿は見えず…
早朝便と9時便は、港前に残っていた流氷とワシの撮影コースにて出航。

DSC_3476.jpg

本日は1日を通して色んな色の景色を眺めることが出来ました。
今朝は刻々と移り変わる鮮やかな色から柔らかな黄金色の景色。

IMG_1051.jpg

奥には出航したスケトウダラ漁船、流氷とオジロワシです。
オジロワシは全体的に茶色く、尾羽だけが白いです。
1時間の観光コースでは、スケトウダラ漁の網をおこしている作業を
そばで見学させてもらい、お魚がかかってくる様子が見られましたね。

DSC_3485.jpg

こちらはオオワシ、まだ羽が綺麗にそろっておりませんね。
まだらな羽も何だかカッコ良くないですか?
成鳥は真っ白になるモモヒキ部分の羽もドット柄!?でオシャレ(笑)

IMG_6247.jpg

こちらはオジロワシですね。
オジロワシは羅臼に若干営巣し、夏場でも見られることがあります。
羅臼の町の鳥にも指定されております。
キリリとした精悍な顔立ちをしていますね!

IMG_6337.jpg

朝は港の出入り口を塞いでいた流氷は風と潮の流れてあっという間に
沖に流れていってしまいました(汗)
しかし、本日も全便流氷帯に到達することができましたよ。

DSC_3488.jpg

午後からの観光コースは多少風波がありましたが、最終便は風が変わり
トロットした海面。
とても穏やかで西日が綺麗なクルーズとなりましたね。
オジロワシが流氷に停まりその奥に棒が見えておりますが、
これは流氷が来る時期に使用される漁船のウキになります。

IMG_6604.jpg

10mほどある竹で、流氷が来てもその下に潜りこみ
ウキが切れてしまわないよう工夫されている、今時期ならではの光景ですね。
クジラの見える丘公園前、近くに流氷もあり穏やかな海、
羅臼岳も雲の中から姿を現しました。

IMG_6712.jpg

本日も順調に出航し、沢山の出会いがありました。
毎日違った景色に感動し、毎便状態が変化し2度と出会えないその瞬間を
目とカメラに収めていきたいですね。
そして収めた画像から皆さんに羅臼の空気や香りが少しでも届いて欲しいと
思っております♪

明日も1日素敵なクルーズとなりますように☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3266)


posted by e-shiretoko at 18:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: