2019年02月20日

水墨画の世界へ


本日も何だか春の陽気!?
毎日外に出るとキーンと冷え、寒さが痛い日々が続いておりましたが
ここ数日は3月のような暖かい空気。

しかし、早朝便沖に出ると流氷がそばにあったからか
いつものように冷たい空気がスーっと体にまとわりついてきました。
やはり、まだまだまだ寒い(笑)

IMG_1523.jpg

流氷本体は昨日よりも少し羅臼側へ近づいており
本日も無事全便流氷本体に到達することができましたね。

早朝便に関しては、雲が厚く残念ながら日の出は見られませんでした。
曇り空の本日でしたが、雲っている時だからこそ見られる景色、光景がありますね。
まるで水墨画のようだ、綺麗だな!!と何度船長が言っていたことか!?

IMG_1563.jpg

微妙な色の変化、時間の流れがじっくり観察しているとよくわかります。
この空間に自分がいることが時々不思議に感じますね。
日本であって、知床羅臼らしい素晴らしい景色です!!

朝はべた凪の海、知床連山も海面に映り込むほどに穏やかでした^^

DSC_3321.jpg

早朝便&9時便は撮影コースにて出航です。
本日もほとんどが海外からのお客様で、皆さん大きなカメラで撮影。

DSC_3288.jpg

早朝便、一人のタイのお客様に声をかけられ話を聞くと、
なんと昨年参加したジャパンバードフェスティバルで
羅臼ブースに来られた方でした!
雰囲気が違っていたのではじめ気づけませんでしたが、話をされて
すぐに顔を思い出しました^^

1541312421292.jpg
昨年11月のJBFにて

ブースに来られた際にご予約されている話はしておりましたので
お会いできて嬉しかったですね。最後に皆さんと記念撮影☆
またぜひ遊びに来てください!!

1550643416991.jpg

風の向きで徐々に羅臼側へ入ってきた流氷。
北よりの風が吹き、暖かい…と思っていたころが懐かしい(汗)
やはり北寄りの風が吹くと体に堪えますね〜

曇っている時の方が、流氷がいつも以上に青みが増し美しいです。
ツヤツヤ、キラキラの氷たち。
これから荒波にもまれ、さらに凸凹成長していきます。

IMG_1788.jpg

オオワシ、オジロワシは多い時で約300羽確認しました。
向かって左がオオワシ、右がオジロワシになります。

IMG_1654.jpg

1時間コースでは沖合多少波風がありましたが、流氷が近づいたため
全便お客様に見て頂くことができましたね。

DSC_3316.jpg

本日の画像を見返していると、オジロワシの画像が多かったです。
個人的には大木はオジロワシ派でございます。

こちらは羅臼岳バックに旋回してきたオジロワシ

IMG_1724.jpg

午後便は風も多少出てきたので、風をうまく利用し飛ぶワシたちは
活発に飛び回ります。

IMG_1683.jpg

白黒のはっきりとした羽のオオワシと違って、全体が茶色く地味に見えがちな
オジロワシですが…
羽も同じように見えて、実は1枚1枚異なりとても綺麗です。
羽のしなりも美しいですね。

本日、1便目と4便目はイシイルカとの出会いもありました!
流氷がある時期鯨類との出会いは珍しいです。

IMG_2000.jpg

明日も条件良く出航できますように☆


【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3262)

posted by e-shiretoko at 19:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: