2018年09月27日

一気に冷え込みました


今朝はどんより曇り空でしたが、視界がよくクジラの見える丘公園からは
沖にマッコウクジラの姿を確認することができました。
出勤すると、船長は自宅からイシイルカを観察していたようです^^

本日は多少うねりと波がある中ではありましたが、2便共に出航することが
出来ましたね。
2便共にイシイルカ、マッコウクジラに出遭う事が出来ましたよ♪

こちらは活発に泳ぐイシイルカですが…
しぶきだけが目立ち、体がよくわかりませんね。

IMG_7959.jpg

イシイルカは海面に体をほとんど出さずに泳ぐので、
見つける時はこのしぶきが見つける時のポイントになります。
本日はあちこちでイシイルカの姿を観察することができました。

ぐーんと冷え込んだ1日となりましたが、皆さんレインウェアを着て
外で頑張って下さいました。
スタッフ秋田がイルカ・クジラを見つける時のポイントを説明し
お客様も一緒になって探して下さいました!ありがとうございます。

DSC_0214.jpg

マッコウクジラは他船と協力し、複数頭確認することができました。
2便共にそばでゆっくり観察することができましたよ^^
近いもの遠いもの様々で、マッコウクジラは7分前後しか浮いていない為
タイミングがとても重要になりまs。

IMG_8051.jpg

浮いている間は呼吸を整えており、息を吸って吐く時にこのように
潮吹きが高く斜めに上がります。
この斜めに上がる潮吹きがマッコウクジラの特徴です♪

準備が出来ると尾びれを高く上げ潜水していきます。
全長は15m〜18mととても大きなオスのマッコウクジラが
根室海峡に夏やってきます。

IMG_8063.jpg
奥に見えるのは北方領土・国後島

本日は午前便、鳥好きのお客様もご乗船されており色々お話しさせて頂きました。
防波堤に停まっていたオジロワシをそばで観察できたので、喜んで頂けたようです。
隣にいるカラスと比較してもとても大きいですね!羽を広げると約2mあります。

IMG_8095.jpg

その他、こちらのカンムリウミスズメ

IMG_8377.jpg

ウミスズメ、ウトウ、ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギ、ミズナギドリ類
アビ類、トウゾクカモメ、フルマカモメ、ヒメウなどが見られました。

午後便もそばでマッコウクジラを観察することができましたね。
わりとそばで浮上したため、呼吸を整える時間ゆっくり観察できました。
ポイントが遠く、知床岬の先端が見えるところまで遠出しましたね。

DSC_0216.jpg
ココにマッコウクジラが浮上しています

約40分、長いと1時間潜水し息が苦しくなったら浮上します。
人間と同じ哺乳類ですので、潜っている間はずーーーっと息を止めているんです。
驚きですよね!!

IMG_8281.jpg

最後準備が出来ると、またエサを求めて一気に深海へ潜水していきます。

IMG_8318.jpg

豪快にあがる尾びれをしっかり観察することができました。
1度潜るとまた何kmも移動し、息が苦しくなったら浮上する
繰り返しになります。

午後便はなんと帰港間際にカマイルカの群れも発見しましたよ^^
これだけ陸が近い場所、20頭ほどの群れでした。

IMG_8505.jpg

イシイルカは水族館で飼育されていない為、野生でしか出遭えませんが
こちらのカマイルカは水族館でも飼育されているイルカですね。
ただ、羅臼沖ではなかなか出遭えないイルカなんです!

IMG_8478.jpg

背ビレが草刈鎌のカマに似ているので『カマイルカ』
ここは港そばでも何が飛び出すかわからないんだ〜!!と船長。
ほんとその通りです♪

本日はとても寒い1日、皆さんレインウェアを着て頑張って下さいました。
寒い中大変お疲れ様でした!
日に日に山の色が変化し、今年の夏季シーズンも残りわずかとなりました。
その一瞬一瞬を大切に羅臼の海をしっかり見て焼き付けていきたいと思います。
今年の夏季シーズンの運航は10月13日(土)までとなっております。
よろしくお願い致します。

今朝の北海道新聞の連載『伊藤健次の大地の息吹 海のささやき』は
野付半島の記事でした。
大木自身も野付半島は大好きで、時間があればよく行っています。

1538034652986.jpg

風が無い時は本当に鏡のように空が映りこみとても美しい景色が見られ
植物や野鳥も色々観察するのがとても楽しいです。
船長が『エリカ、そろそろ野付半島にススキ見に行くか!』と話していたところ
この記事を見てまた野付半島に行きたい気持ちが高まりましたね。

羅臼お越しのお客様はぜひ野付半島も立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?
伊藤健次さん、いつもお世話になっております。

DSC_0201.JPG

明日も2便運航予定となっております、条件よく出航できることを願います☆


(3192)


posted by e-shiretoko at 17:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: