2018年07月21日

条件が変わる中の出会い


本日は凪のいい中、3便運航となりました!
1便目は濃霧に苦戦…
風もなくとても穏やかだったので、逆に停滞しておりました(汗)
霧は晴れたりかかったりを繰り返しておりました。
うっすらと見えてきた知床連山には、まだ雪が残っているんです。
画像に写っている船は、キンキの刺し網漁の船です。

IMG_6730.jpg

そんな中、水中マイクを使ってマッコウクジラが水中で発する音を
確認すると音が拾えました!
『音が入ってるな』と船長が言っていたので、マッコウクジラの浮上を
待とうと停船すると…
霧の奥の方から、何かが本船にゆ〜っくりと迫ってきました(汗)

IMG_6396.jpg

なんと、マッコウクジラですっ!!!
水中マイクで拾えていた個体とは別に、たまたま近くで浮上していた
マッコウクジラが霧の中から現れ船に接近。

IMG_6468.jpg

周りが白く、潮吹きがほとんど見えませんでしたが
呼吸音は迫力がありましたね^^
近くでゆっくり呼吸を整え、最後は高く尾びれをあげて潜っていきました。

IMG_6499.jpg

その後、他船からシャチ発見の情報が入りポイントへ!
5頭のシャチ群れを観察することが出来ました。

IMG_6702.jpg

子シャチはジャンプをしたり背面泳ぎや横泳ぎ♪

IMG_6663.jpg

可愛らしい姿を見せてくれました。
帰港時にはゆっくりと泳ぐイシイルカの姿も観察できましたね!

2便目は出航してミンククジラに出遭うことが出来ましたよ。
どんよ〜りな景色に同化しており、お客様は見づらかったと思いますが
すーっと海面に背中が浮上。

IMG_6763.jpg

その後、活発に泳ぐイシイルカを観察することが出来ました。
スタッフ秋田が鯨類を見つける時のポイントを説明。

DSC_3863.JPG

皆さんレインウェアを着て一生懸命聞いてくださいました。

マッコウクジラは発見するも、日ロ中間地点よりも国後島側で浮上…
その後、水中マイクを使ってマッコウクジラが水中にいるのかを確認すると
複数頭の音が拾えたようです。
しかし、タイミング悪く雨が土砂降りになり視界不良(汗)
いるのはわかっていたのですが、そばで観察することが出来ませんでした。

海鳥はこちらのトウゾクカモメがよく目につきました。
尾羽が長くスプーン状になっているのが特徴で、他の鳥のエサなどを
横取りすることもあるので『トウゾク』と名前がついたと言われています。

IMG_6846.jpg

その他、ウトウ、フルマカモメ(暗色型・白色型)、ハシボソミズナギドリ
アカエリヒレアシシギ、ハイイロヒレアシシギ、ウミスズメ、ミツユビカモメ
などが見られました。

3便目は他船からマッコウクジラの情報も入り、ポイントへ向かうも
どんどん雨が強くなり視界が悪くなっていきました(汗)
そんな中、あちこちでイシイルカに出遭うことが出来ましたね。

DSC_3870.JPG

視界は良くなったり悪くなったり…
海で出会える生き物たちにとってはお天気は関係ありません。
雨が降っていても、イシイルカには沢山出遭うことができ
鳥たちが集まっている中で行ったり来たり、活発にしぶきをあげ
泳ぐイシイルカ達の様子を観察することが出来ました。

IMG_6833.jpg

本日は霧がかかったり、雨が降ったりと変わりやすいお天気で
雨の中でも皆さん頑張ってくださいました。
寒い中、皆さん大変お疲れ様でした!!

明日も3便運航予定です、条件よく出航できますように☆

しれとこ羅臼こんぶフェスタ』は明日が最終日となります。
11:00〜14:00
※知床ネイチャークルーズ事務所前が歩行者天国になります。

DSC_0170.JPG

皆さん、ぜひお立ち寄りください♪ 

(3127)


posted by e-shiretoko at 20:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: