2018年03月12日

春、凪の海


本日は午前と午後、2便運航となりました。
久しぶりにとてもいい凪、風もなく穏やかな1日となりましたね。
流氷本体は残念ながら離れてしまっており、港周辺でワシを観察
撮影をしました。

少し雲がかかっておりましたが、午前便は羅臼岳も綺麗に見えておりました。
お天気も良く沖から見る景色も美しかったです。

DSC_1152.jpg

羽を広げて旋回していくオジロワシ。
奥に見えている船は、海上保安庁の砕氷型巡視船『てしお』
砕氷型の巡視船は日本に2隻しかなく、流氷が来る今時期に漁船が
出港しているのは羅臼だけ。
そのため、羅臼に配属されています!

IMG_1071.jpg

流氷本体は離れてしまいましたが…
港内に少しだけ、先日入ってきた流氷が残っています。
最近は、オオワシ・オジロワシたちの数も減っているように感じ
そのため幼鳥が非常に目立ったおります。

IMG_1208.jpg
矢印をつけたのが幼鳥です

午後便は、1時間のコースにて出航!
沖に出るとうっすらと北方領土・国後島と知床半島が綺麗でした。
べた凪の海『何かいたら何でも見つかりそうだな〜』と船長。

DSC_1160.jpg

観光でご乗船のお客様も一生懸命、オオワシとオジロワシの違いを
見分けておりましたね^^

こちら、肩のラインが白い白黒の羽がオオワシ

IMG_1694.jpg

全体的に茶色く、飛んでいる時にわかりやすいのですが
尾羽だけが白いのがオジロワシになります。

IMG_1087.jpg

ご乗船されたお客様は完全装備で、寒さを凄く心配していたようですが
本日はそんな心配もあまり?なかったと思います。
外で最後まで観察している方が多かったですね!
明日は午前便のみ出航予定です、条件よく出航できますように。


(3029)

posted by e-shiretoko at 19:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: