2018年02月25日

頂上からの太陽


今朝も非常に冷え込みました。
そこに吹き付ける風がさらに体温を奪います(汗)
本日は撮影コースにて2便、観光コースにて3便運航となりました。

流氷が非常に遠かったのですが、無事到達しました。
日の出もとても綺麗でしたね。
奥に見える山は北方領土・国後島にある『ラウス山』です。
少し雲がかかっておりましたが、ダイヤモンドラウス山が
見られましたよ(笑)

IMG_3321.jpg

日の出にうっとりしすぎて、いいチャンスを逃してしまったような…
お客様はその瞬間をしっかり撮影しておりましたね!

DSC_0717.jpg

青くキレイな流氷にオオワシが停まりました。
羽を大きく広げ力強く飛んでいきます!!

IMG_3407.jpg

撮影コースではキレイな流氷、景色が広がっておりました。
流氷の青が本当に綺麗ですね!

DSC_0734.JPG

オオワシ、オジロワシは羽を広げると約2m!
こちら全体が茶色く尾羽だけが白いのがオジロワシ。

IMG_3689.jpg

流氷は毎日見ていても、その時その時流氷の雰囲気が変わります。
本日は大きな氷が目立ちましたね!
高い所を好んで停まるワシ達、大きな氷は人気です^^

IMG_3488.jpg

早朝便・9時便以外は…
1時間コースで流氷帯に到達することが出来ませんでした。
ちょっとシャチを探しに沖に出て、それからワシの観察をしました。

DSC_0751.jpg

海鳥は、こちらのウミアイサやカワアイサが沢山見られました。

IMG_3874.jpg

その他、シノリガモ、スズガモ、ヒメウ、などが見られました。

毎便船長が『エリカ、シャチでもいねえか〜??』とマイクで聞いてきます。
最近は確かにシャチと出遭うことが多いですが…
今はシャチシーズンではないんですよ〜!!
出会えたらとーってもラッキーなんですよ〜(笑)!!
そう簡単には見つかりません(汗)

DSC_0753 (1).jpg

本日は北方領土・国後島も綺麗に見えており、こんなに大きいとは
思わなかったと言っていたお客様が多かったです。
港内に流れ込んで残っていた流氷を見て気分だけでも…

IMG_3914.jpg

大きなオジロワシ、隣にカラスが並ぶとやはり大きいですね。

明日も条件よく出航し、流氷本体に到達できますように☆


(3014)

posted by e-shiretoko at 22:00| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
コノblogやInstagramのフォロワーさん達が観せる朝日や鷲達が、本当に綺麗で身体ウズウズ頭クラクラ…一回しか行って無いのに羅臼中毒からの禁断症状がでそうです(笑)
ちなみに今回は、ウトロ側も観光して個人的に感じました意見を少々記入させて下さい。
ウトロ側のツアー会社などは夕陽も観光資源にして有料のツアーを組んだりしています。ですが、ウトロから観る夕陽って網走に沈むんです…。
しかし、羅臼側(特に海から)観る夕陽って知床連山に沈むんです。
結論羅臼の海から観る夕陽を見たいって思っているカメラマンや観光客の方々は多数いると思いますが綺麗な夕陽を見れる場所や機会が少ないのでチャンスがあれば夕陽の写真やツアーもトライして貰えるとコレ幸いです。
毎回の長文申し訳ありません(汗)
皆様のコレからの御活躍心からお祈りしております。
Posted by at 2018年02月25日 22:17
>お客様

こんばんわ^^
コメントありがとうございます。

すでに羅臼中毒になっているのですか!?早く戻ってきてください(笑)
でも、そんな風に思って頂けて、とても嬉しく思います。

百聞は一見にしかず、やはり実際に見て感じて頂けたと思いますが、毎日違った出会いや光景との出会いがあり、日々感動しています。
ブログやFacebookでは、その場の空気や雰囲気がより多くの方に伝わって欲しいと思いながら、写真を撮り文書を書いています。

夏季シーズンはたまに臨時便で夕方出航することがあります。
確かに、夕暮れ時の景色もとても綺麗なんです!
今後、社内でも検討してみたいと思います^^
貴重なご意見ありがとうございます。
これからも頑張ります!
また、羅臼にてスタッフ一同お待ちしております。
Posted by エリカ at 2018年02月26日 20:04
激遅のコメントになりました〜
あまりにもいい写真がたくさん撮れたのでその整理に時間がかかってしまって(^_^;)

いやぁ〜、朝お話しした時は沖に行くかわからないって言われちゃうし、
出航後は流氷帯に辿り着けるのかドキドキしたし、
着いたら着いたで朝日がどんどん登ってっちゃうのに慌てたりと、
もう何回目の乗船か忘れちゃいましたが、初心を思い出しました!

おかげさまでワシ、朝日、山(爺爺岳じゃなくラウス山だったの?!)の組み合わせ、
ほぼ思い残すことなく撮り切れた気がします! これで冬の船は卒業かなぁ(^皿^)
嘘ですよ〜 まだ「ああ撮りたい」「こう撮りたい」というアイディアは尽きることがない、
というより撮れば撮るほど湧いてきて困ります(^_^;)

次は、次こそはべた凪のシャチ!! よろしくです〜
Posted by α at 2018年03月05日 23:05
>aさん

おはようございます。
先日はご乗船頂きまして、ありがとうございました!

良い写真が多く整理が大変というのは、嬉しい悲鳴ですね^^
流氷の動きは本当にわからないので、私たちもいつもドキドキですよ…(汗)
初心をいつまでも忘れずに、これからもお互いその瞬間を収めていきましょう^^

そうなんです、太陽が出てきた山はラウス山ですよ(笑)チャチャ岳はもっと北側奥にあります…。
その時の自然の瞬間、光景との出会いはその時限りです、その時今日は最高!満足だ!!と思っても
違う条件でまたこんな風に…と思いますよね。

どういった条件でも、ブログを見て頂いている皆さんにこんな瞬間が見られる、こんな写真が撮れると感じて頂けるものを撮りたいなと私自身日々精進、勉強です…。私もキリがなく卒業できないのですから、aさんもまだまだまだですよ〜(笑)

次はべた凪のシャチ、素敵な出会いがありますように。
またのご乗船、スタッフ一同お待ちしております。
Posted by エリカ at 2018年03月06日 07:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: