2017年10月04日

お天気は良いものの…


朝起きて海を見てみると、沖は凪ている?
クジラの見える丘公園へ行って双眼鏡をかけると、沖は白波〜(泣)
本日は白波が落ち着くことがなく、高波・強風のため終日欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

DSC_0754.JPG

夕方、再度クジラの見える丘公園から沖を観察しましたが
鯨類は見つけることが出来ませんでした。
明日は2便運航予定です、条件よく出航できることを願います。

話変わって、昨日の『北海道新聞』の記事をピックアップ。
羅臼町内で30年以上、サケの定置網漁に携わった元漁師の桜井栄さんの記事です。

魚をさばいたりロープを切ったりするため、漁師さんは腰に『まきり』と
呼ばれる包丁を携帯しています。
その『まきり』のさやを木材の加工から仕上げまで全て一人で行っているのが
こちらの桜井さん。

150698305747811.jpg

9月よりサケの定置網漁が開始し、沖だけではなく陸でもこのように
色々な作業があります。
こちらは昔撮影した写真を引っ張り出してきました(笑)
写真中央の方は、中谷漁業部の社長さんです。

IMG_4493-b5394-thumbnail2.jpg

この『まきり』のさやは彫刻が施されたものがたくさんあります。
私はついこの『まきり』のデザインに見入ってしまいますが、
一つ一つデザインが違って、力強くとてもカッコいいんです♪
こちらの漁師さんのまきりのさやには、太陽とワシ、サケが
削り込まれていますね。

IMG_4488-thumbnail2.jpg

古い乗組員が利用していたものを代々と使っていることが多いようで
昔は道南、東北近県からきていた漁師さんたちが、自分でこのような彫刻を
ほどこしていたそうですが、今では彫刻をする漁師さんはいないそうです!?
現在、町内で木製のまきりのさやを作成できるのは2、3人しかいないとのこと。
羅臼にこのような職人さんがいらっしゃるとは知らず…
新聞記事から桜井さんのこだわりや思いがとても感じられました。
私は、シャチのさやを彫って欲しい^^


(2941)


posted by e-shiretoko at 17:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: