2017年08月30日

時化後の賑わい


本日は多少波があるようでしたが、2便出航することが出来ました。
クジラの見える丘公園からはイシイルカが観察でき、
丘から目視調査を行っている長崎大学からは、マッコウクジラの情報も入ってきました。

知床連山も北方領土・国後島も端から端まで全部見えておりました!
とても視界が良く見やすい1日。

DSC_0105.jpg
奥に見えるのは知床半島

本日は2便共、イシイルカに出遭うことが出来ました。
ゆっくり泳いでいる時は、このように黒い背中が見られ

IMG_2226.jpg

活発に泳いでいる時は、しぶきがあがります。
普段から、イシイルカは体全身を出して海面からジャンプすることがありません。
なかなか体の色がわかりづらいですが、実は白黒ボディー。

IMG_2232.jpg

海鳥は、クロガモにこちらのアカエリヒレアシシギも見られ

IMG_2251.jpg
ほとんど冬羽のようです

ミズナギドリ類もあちこちで群れているのを観察できました。
また一斉に飛んだ時に、ミズナギドリかな?と思っていたら
なんかおかしい…と双眼鏡を覗くと全部トウゾクカモメ!!?
写真に収めてざっと数えたところ、100羽近い数だったと思います!!

そして、マッコウクジラはというと…
苦戦しながらも2便出遭うことが出来ました!
港からマッコウクジラのポイントまでがとても遠く、
2便共に知床岬の先端が見えるところまで遠出しました(汗)

1便目は遠くで尾びれがあがる個体を見てから、そばで浮上した別個体を観察したましたが、
警戒していたため尾びれを上げる瞬間を見ずにその場を離れました。

IMG_2276.jpg

午後便に関しては、粘って他船と待ち続け1頭そばで観察することが出来ました^^

DSC_0116.jpg

約40分潜水していたマッコウクジラは浮上すると、7分前後呼吸を整え
準備ができると頭を高くあげ深呼吸。

IMG_2394.jpg

その後、このように尾びれをあげてまた長い潜水へと深海へ向かいます。
奥に見えているのは知床岬の先端です!

IMG_2401.jpg

スタッフの秋田がパネルで説明している、ツチクジラ。

DSC_0111.jpg

本日午前便は遠くの方に潮吹きを確認できた程度でしたが…
午後便は、帰港途中に十数回の連続ジャンプのシーンに出会いました^^

IMG_2464.jpg

複数頭が交互にジャンプしておりました。

IMG_2454.jpg

10m〜12mほどある大型のハクジラで、羅臼沖ではシャチよりも出遭えない
警戒心の強いクジラなんです^^
何度も全身を出して豪快ジャンプが見られて、お客様も大木も大興奮でした。

昨日は時化のため終日欠航となりましたが、本日は沢山の出会いがありましたね。
陸にいる時はわりと暖かく感じると思いますが、沖に出ると風が冷たく寒い1日(汗)
ご乗船の際は、十分に暖かい格好でご乗船ください。
船には貸し出しのレインウェアもございますので、ご利用ください。

明日も2便運航予定です、沢山の出会いがありますように。


(2907)

posted by e-shiretoko at 18:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: