2017年06月20日

ハシボソミズナギドリの捕食


本日は2便運航となりました!
久しぶりに朝、少し視界が開けていたので沖観察。
視界がスッキリ…とはいきませんでしたが、波はほとんどなく穏やかです。

次第に視界も開けていきました。
午前便は霧が少しかかっており、あまり景色が見られませんでした。
そんな中、ハシボソミズナギドリの大群を発見。
広く分散しておりましたが、凄い数でしたね^^

IMG_0624.jpg

また、ミズナギドリたちの捕食のシーンにも出遭えました。
一斉に水中に飛び込んでいくミズナギドリ!!
水中を泳ぎ、そしてポコポコと浮上していきいます。
『捕食のシーンはなかなか見れないよ〜!!!』と船長も興奮気味(笑)
とても迫力がありました、そしてミズナギドリのそばには
複数頭のミンククジラも見ることが出来ました^^

IMG_0627.jpg

オキアミなどプランクトンを食べるミンククジラ、そしてハシボソミズナギドリ。
ミズナギドリたちが集まるところには、ミンククジラが浮上することが
多いですね。
霧がかかって寒かったですが、皆さん頑張って探して下さいました。

DSC_0101.jpg

実習生の生田さんは、今週23日が最終日。
毎日頑張ってお仕事に励んでおります、最後まで悔いのないように
楽しんでくれたらいいなと思います♪

そして、午後便にかんしては他船からシャチの情報が入ってきました!
船長は『奇跡だな!!』と言っておりましたが…
日露中間地点近い所、そばで観察することが出来ましたね。
情報ありがとうございました^^

IMG_0995.jpg

30頭はいたと思われる大きな群れ。
たまに頭を出してゴロゴロする様子も見られましたが

IMG_1066.jpg

警戒心が強く、距離を保たれました。
時折、船に向かってきて通り過ぎていく瞬間は一列になり迫力満点!!
こちらは船長が撮影したシーンです。

1497941963514.jpg

こちら、シャチの動画はfacebookにアップしましたので、
ぜひご覧ください。

午後便は、霧も取れていき北方領土・国後島や知床半島も綺麗に見えました^^
船首にいるのは、写真家・戸塚学さんです。お世話になっております!!

DSC_0114.jpg

太陽の日差しがあれば、暖かく感じるのですが…
沖合に出ると体感温度が下がりとても寒く感じます。
お客様にはこの様に、レインウェアを貸し出しております。
霧の中を走るとなお寒く感じますので、ご乗船の際は暖かい格好で!!

DSC_0103.jpg

昨夜、実習生たちが愛犬ムムの散歩から帰ってくると
見たことがない鳥がいたという話をするので、特徴を聞いてみると…
首が少し長い、全体的に白い、川の中をスイスイと泳ぐ、
白い部分はピンクがかっている…え!?ピンク??
ピンク色にはピンときませんでしたが(笑)
なんとなく思い当たる鳥がいました。
本日午後便終了後に、昨日見られたと言っていた河口付近を探すと

IMG_1206.jpg

やっぱり、この子でした(笑)
冬に見られていた、白いウミアイサです^^まだ羅臼にいたんですね!

明日も2便出航予定です。
沢山の出会いがありますように。


(2837)


posted by e-shiretoko at 18:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: