2017年02月26日

凪の海から波の海


本日は撮影コースと観光コース2便づつ4便出航です。
流氷本体は思っていた以上に近い所にあり、
撮影のコースでは、流氷本体に到達することが出来ました^^

DSC_4590.jpg

日の出は雲が厚く見られませんでしたが、知床半島はほんのりピンク色。
綺麗な景色が広がっておりましたね♪

早朝便に関しては、35人中3人が日本人。
他は海外からのお客様で、中国、ドイツ、フランス、アメリカ、
オーストラリア、スウェーデンなどなど、お国は様々。
皆さん、夢中で撮影されておりました♪

DSC_4589.jpg

羽を広げると約2mにもなる、オオワシ。
迫力がありますね〜羽がしなっている先の先まで美しい。

IMG_5816.jpg

1便目、沖はとても穏やかで、雲も多かったため流氷がより青く、
美味しそう…綺麗な流氷が見られましたよ(笑)

DSC_4594 (1).jpg

2便目も同じように流氷本体に到達できました!
本日多い時で、オオワシ・オジロワシは約250羽数えました。

IMG_5731.jpg

2便目は途中から風が強くなったので、港に戻り後半は港周辺で
ワシを撮影しました。
港周辺は雪が深々と降り続いておりました。
撮影していると、砕氷型巡視船『てしお』が町民を乗せ体験航海に出航です^^

IMG_6890.jpg

羅臼では流氷が来る今時期、スケソウダラ漁船が操業しています。
そのため、日本に2隻しかない砕氷型の巡視船が
羅臼町に配属されているんです。

ワシ達は高いところが好きで、流氷も少しでも高い所を見つけ停まります。
1本細く伸びた流氷に、オジロワシがカッコよく停まっていましたよ。

IMG_6776.jpg

海鳥はこちらシノリガモやヒメウが沖で見られました。

IMG_6765.jpg

流氷が根室海峡に流入してから、
それまで沢山見られていたウミスズメやコウミスズメが
ぱったり見られなくなりましたね〜。

1時間のコースに関しては、2便目から吹きだした風がなかなか止まず
沖は白波に…
残念ながら、1時間のコースに関しては波があり沖に出ることが出来ず(汗)
港周辺をぐるっと回り漂っている大きな流氷を見たり、ワシを観察しました。

DSC_4600.jpg

風がとても冷たく、痛い寒さでした(汗)
そんな中でもお客様は外で頑張ってくださいました。
また、船長のマシンガントーク(漁業の話、知床の話や国後島の話など)に
船長の羅臼愛を凄く感じたと、皆さん言っておりましたね^^

大変寒い中、皆さんお疲れ様でした!


(2731)

posted by e-shiretoko at 18:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: