2017年01月31日

青空でも凍える寒さ


本日は9時便の撮影コースと14時から観光コースで2便出航!
お天気は回復傾向にありましたが、沖はうねりが高かったです(汗)
スケソウダラ漁船はうねりで船がぐわんぐわんと揺れる中、帰港してきました。

IMG_1935.jpg

本日1便目は防波堤に約90羽のオオワシ・オジロワシ。
2便目は30羽ほど集まっておりました。
大きな羽は広げると約2m!!迫力あるオオワシ。

IMG_2028.jpg

IMG_9836.jpg
向かって左がオジロワシ、右がオオワシ

午後便に関しては、北方領土・国後島も見え空もスッキリ青空に。
羅臼岳は見えそうで見えず…

DSC_3755.JPG

風が冷たくとても寒かったのですが、皆さん外でワシを観察。
景色も綺麗でした♪
船長がマイクを使って色々と解説します。

DSC_3754.JPG

風がある方がワシたちの動きも違って見えますね。
しっかり風を利用して飛んでいる感じがします。
逆光の中のオジロワシ、とても綺麗でカッコいいです♪

IMG_9749.jpg

まだうねりが残っており、ほとんど沖にはいけませんでしたが
双眼鏡で観察しているとコウミスズメが沢山見られました^^

IMG_9863.jpg
小さいですがコウミスズメが写ってます

その他海鳥は、ウミスズメ、シノリガモ、ウミアイサ、ヒメウ
ホオジロガモなどが見られました。

今シーズン始まってまだ6回の航海ですが、ほとんどが海外からのお客様。
本日も1便目は2組が海外のお客様で、英語が出来ない船長が
船から撮影したシャチなどのすっごーい画像をお客様に見せながら、
コミュニケーションをとっておりました!

DSC_3744.JPG

船長を見ていると、私も英語がさっぱり出来ないけど、
出来なくても何とかなるかも??と思ってしまいますが(笑)
船長の勢い?熱意が言葉はわからなくとも相手によく伝わるのでしょう。
元々冬季シーズンは海外からのお客様が多い時期ではありますが、
やはり英語が出来るスタッフの秋田がいると本当に心強いです!!

2月に入れば、ますますお客様が増え混み合ってきますが…
さて流氷の動きはどうでしょう?海上保安庁の海氷速報はこちら


(2705)
posted by e-shiretoko at 18:41| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
オジロワシ、オオワシ、勇者たちですね〜!すごい。それも90羽ですか。。
こちらは今、冬の野鳥の小鳥を日々追っております。
船長はバイタリティーの塊の様な方ですので、みなさんに十分伝わっているはずです!(ほんの数度乗せて頂いた者ですが。。)
天候も日々変わりますが、船長、エリカさんスタッフのみなさん、どうぞ日々よい航行で日々の羅臼の様子を教えてください!
スタッフの秋田さん、今度英会話教えてください。。スンマセン 笑


Posted by 西川保孝 at 2017年01月31日 20:58
>西川さん

こんにちわ、今年もよろしくお願いします^^

オオワシ、オジロワシが今年も続々と羅臼に集まって来ているようです!
環境省などがワシの数を調査していますが、
例年では羅臼に越冬で約700羽のオオワシ、オジロワシが来ているそうです。
船からでも多い時で300羽ほど見られます。

西川さんも何度か乗っただけでも、船長の羅臼愛感じて頂けたことと思います(笑)!?
船長のあの熱い想いが海外のお客様にもしっかり伝わるんですね〜。

次回ご乗船の際は、秋田に英会話を聞いてみてください(笑)

今年も沢山の方に羅臼の素晴らしさ、発信し続けていきたいと思います^^
Posted by エリカ at 2017年02月01日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: