2015年11月26日

希少種!ラウスブドウエビ


昨日の北海道新聞根室版の記事ですが、羅臼で水揚げされている『ブドウエビ』
食べるとなるとちょっとお高くなりますが、でもせっかく羅臼に来たのなら!!と
食された方も多いと思いますが、そのブドウエビに関する驚きのニュースです。

一般的にブドウエビと言われているエビの標準和名は『ヒゴロモエビ』と言うのですが
羅臼で水揚げされていたブドウエビは、環境水族館アクアマリンふくしまの職員さんの発見から
新種であることが判明したそうですよ〜。

そして新種の名前は嬉しいことに『ラウス』という文字が^^
「ラウスブドウエビ」と名付けられました!!
現在、ラウスブドウエビはアクアマリンふくしまに展示されているとのこと。

アクアマリンふくしまHP
http://www.marine.fks.ed.jp/index.htm

1448420802146.jpg

以前、facebookで新種のラウスツノナガモエビを紹介をしたのですが
羅臼の海はまだまだ未知の世界が広がり奥深く、魅力と豊かさに溢れているようです。

わたくし大木の地元、宮城でもブドウエビは食べられるのですが…
以前食べていたモノは、羅臼のブドウエビとは違うものだったのか!!
…やはり、羅臼で水揚げされるものは羅臼で食べなければなりませんね(笑)
さらに価値があがりそうな『ラウスブドウエビ』
水揚げ時期も短く1隻のみ許可されている、希少なエビです。
羅臼お越しの際は、ぜひ。


お知らせです。

知床雑貨カフェ『cho-e-maru』のfacebookがオープンしました^^

DSC_3512.JPG

現在はシーズンオフになりますが、一つ一つ店長、ヨシカちゃんが手作りしている商品は
入れ替わりも早いので、ぜひこちらのfacebookで新商品のチェックをしてみてください^^

DSC_3513.JPG
漁火ランプストラップは人気商品です♪♪


【 国道334号 通行止めについて 】

国道334号知床横断道路(知床峠)は降雪のため、冬期通行規制期間に入ります。
〜羅臼町湯ノ沢ゲートー斜里町岩尾別ゲート〜

規制解除は4月下旬の予定です。迂回路は、国道244号根北(こんぽく)峠です。
知床横断道路に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
釧路開発建設部中標津道路事務所 TEL 0153-72-3221

また、冬期シーズン知床を回りたいけど運転には自信がない…
という方は、こちらのひがし北海道エクスプレスバスが便利です。

※中標津空港=羅臼=ウトロ間を結ぶエクスプレスバスが
今年も(2016/1/23〜2/29)運行します。
http://www.easthokkaido.com/bus/


(2409)


posted by e-shiretoko at 15:59| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
漁期は夏から秋、で、希少なんですね〜
http://www.jf-rausu.jp/ebi/
来夏はこの漁期に合わせて7月上旬に行けば
「四季の味いわみ」でも食べられるかな?
(いさみ寿司は2月に行きます!)

食べて違いがあれば誰か種の違いに気がついてたでしょうから、
宮城のと「味」は同じだったんでしょうね(笑)
Posted by α at 2015年11月27日 12:42
>aさん

ラウスブドウエビは、夏時期かつ羅臼では1隻の漁船のみ許可があるようで、希少なんですよ^^

ブドウエビ、食されるのであれば
『濱田商店』でいただけます〜。
http://www.rausu.co.jp/meal/

私の舌はあまり信用なりませんので、
違いに気づくことも出来ませんでしたが…
食べ比べれば違うのかもしれません(笑)
私はぼたんエビとぶどうエビの違いもわかりません…(汗)
間違いないことは、美味しいということです^^
Posted by エリカ at 2015年11月28日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: