2020年07月06日

次々とマッコウクジラ浮上


今朝は濃霧で沖を観察することが出来ませんでしたが、
沖に出ると視界は一気に開けていきましたね!
本日は多少波がありましたが、無事2便運航となりました。

沖ではどんな出会いが待っているのか?
その生き物によって、見つけるポイントも変わってきます。

DSC_4205.JPG

本日両便観察できたこちらのイシイルカ!

IMG_5368.jpg

活発に泳いでいる時は、海面からあまり体を出さずに独特なこのしぶきを
見つけるのがポイント!

そして、本日も複数頭のマッコウクジラに出会うことができましたね。

IMG_5397.jpg

マッコウクジラも両便共に確認することが出来ました。

海鳥も賑わっており、こちらのフルマカモメが多く観察出来ました。
通常奥のグレータイプの観察が多いフルマカモメ、本日は白色型のフルマカモメも
午後便は多かったです。

IMG_5575.jpg

その他、アカエリヒレアシシギ

IMG_5452.jpg

ハイイロウミツバメ、ウトウ、ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ
クロアシアホウドリ、ウミウ、ミツユビカモメなどを観察。

午後便は一気に午前の霧が晴れ、視界もスッキリ!!

IMG_5483.jpg
マッコウクジラ尾びれと奥には北方領土・国後島

マッコウクジラを見つけるポイントは高く上がる潮吹き。
こちら羅臼岳と画面左下には斜めに上がる潮吹き、こちらがマッコウクジラを
見つけるポイントになります。

IMG_5500.jpg

何度も呼吸を繰り返し7分前後、プカプカ浮いているので
その間私たちはマッコウクジラに出会うことが出来ます。
そして最後に豪快ダイブ!

IMG_5543.jpg

尾びれを高く上げ一気に深海まで潜水するので、尾びれで一生懸命水をかくと
このように潜った後、水が沸き上がり大きな波紋が出来ます。

InkedDSC_4208_LI.jpg

連日、複数頭のマッコウクジラたちが安定して観察できていますね。
徐々に羅臼も夏の海へと変わっていく頃でしょうか!?

明日も2便運航予定です、条件良く出航出来ますように☆



【新型コロナウィルス感染防止のためのお願い】

今年の夏季シーズンに関しましては、新型コロナウィルスの影響により運休が続いており
皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりました。
まだまだ予断を許さない状況が続くとは思われますが、十分に気を付けて
運航に務めたいと思います。
そこで新型コロナウィルス感染拡大を防ぐためにも、皆様にはご乗船の際下記の点にご注意頂き、
ご協力をお願い申し上げます。

1.乗船時は必ずマスクの着用(咳エチケット)をお願い致します。

2.受付の際、ご乗船の際には必ずアルコール消毒をお願い致します。

3.沖合に出ると風を受け体感温度が下がります。
  船に貸し出しのレインウェアがございますが、出来るだけご自身で防寒対策を
  お願い致します。

4.出来るだけ手袋などの着用をお願い致します。

5.しばらくの間、定員人数に関しては制限をし、三密を作らないよう務めます。

6.事務所での受付の際は、最少人数での受付にご協力下さい。

7.船内への出入りは可能ですが、間隔をあけてご利用頂きますようお願い致します。

大変お手数をお掛け致しますが、皆様のご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

(3587)


posted by e-shiretoko at 17:00| Comment(0) | 日記