2020年02月01日

深々と降り続く雪


連日気温があがり、荒天が続いておりましたが
本日はまた気温が下がり、1日雪が降り続きました。
沖は波とうねりが高く港周辺での観察、撮影となりましたが、
本日は午前、午後共に運航となりました。

DSC_2213.JPG

あまり波の影響を受けない場所で、オオワシ、オジロワシを観察。
多い時でざっと40羽ほど上空を旋回するワシたちの姿が見られました。

オオワシ、オジロワシたちは羽を広げると約2m。
午前は多少風があり、ワシ達は風を使い上手に飛び回ります。

IMG_5699.jpg

オジロ橋の下に黒い物体がいくつも見えて、はじめ人かな?と思いながら
双眼鏡で見てみると、オオワシやオジロワシ。

InkedIMG_5783_LI.jpg
ココにワシたちが佇んでいます

こちら肩のラインが白い、白黒のワシがオオワシ。
全体的に茶色く、尾羽だけが白いのがオジロワシです。
羽がまだらな個体は幼鳥。

IMG_5586.jpg

なかなか目が慣れないと、識別も難しいですね。
基本的にワシたちはこの2種類なのですが…
実は最近、別海町尾岱沼地区で珍しいワシが観測され新聞にも掲載されておりました。
それは北米に生息する『ハクトウワシ』

1580449318496.jpg

なんと、本土では初確認とのことです。
極めて珍しいこのハクトウワシ、もしかしたら羅臼でも出会えないかな〜?
と探していますが、本日は見つけることは出来ず。
これからまだまだチャンスはありそうなので、発見したらぜひブログでも紹介したいと思います。

午後の観光コースでは、ワシの観察の他、港内で長谷川船長が漁業の話や
北方領土・国後島の話など色々解説しました。

DSC_2217.JPG

本日は気温も低く、風がぴゅ〜っと吹くと体感温度がぐっと下がり
とても寒いクルーズとなりましたね(汗)
港周辺では、オオワシ、オジロワシの他にウミアイサ、シノリガモ、ヒメウ、
コオリガモなどを観察する事が出来ました。

気温が高い日が続き、べちゃ雪が積もりましたが
気温がまた下がりそれがカリカリに…(汗)
移動の際は、安全運転で気を付けてご移動下さい。




【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3510)

posted by e-shiretoko at 17:12| Comment(0) | 日記