2019年09月21日

約1時間の潜水


朝、クジラの見える丘公園から沖を見ると少し波があるようでした。
風は徐々に弱まる予報ではあったのですが、なかなか落ち着かず(汗)
本日は多少うねりと波がありましたが、無事2便運航となりました。

DSC_0572.jpg

先に出航していた他船からマッコウクジラの情報が入ってきており
その情報も頼りに協力し探鯨。
マッコウクジラを発見するも遥か遠くでの浮上が続きタイミングが合わず(汗)
マッコウクジラは40分ほど潜水するのですが、浮上時間は7分前後と
短いので、タイミングとどこで待つかが重要なポイント。
粘りに粘って最後、何とかそばで観察することが出来ましたね^^

IMG_5303.jpg

マッコウクジラを見つけるポイントはこの潮吹き。
そして最後は豪快ダイブ!!
海、空も青く尾びれから滴る水も美しいです。

IMG_5321.jpg

波があるものの、お天気はよく青空が広がり日差しも強い1日!
北方領土・国後島も見えておりましたね。
こちらは知床連山です!よ〜く見ると谷間にはまだ残雪も。

DSC_0574.jpg

イシイルカを発見するも白波があり、お客様にそばで観察して頂くことが
出来ませんでした。

午後から風が弱くなる?予報ではあったのですが…なかなか弱まらず(汗)
水中マイクを使い、マッコウクジラが海の中で発する音を確認すると
1頭拾うことができました!
待って待って午後便も何とか1頭そばでマッコウクジラが浮上^^
潮吹きが出ている部分が頭の先、三角のポコっと出ている部分が背びれ。
体の三分の二が海面に出ております。

IMG_5366.jpg

そして息を整えるとこのように尾びれを上げ一気に潜水していきます。

IMG_5394.jpg

マッコウクジラたちは真後ろから見た時、尾びれの形で個体識別をしており
現在、羅臼沖では200頭以上の識別があります(長崎大学調べ)
本日2便唯一そばで観察できたマッコウクジラの尾びれを見ると
同じ個体でしたね^^

海鳥は、ウトウ、アカアシミズナギドリ、トウゾクカモメ、ミツユビカモメ、
アカエリヒレアシシギ、クロアシアホウドリなどが見られました。

午後便帰港途中ではしぶきをあげて活発に泳ぐイシイルカを発見!

IMG_5465.jpg

多少波がある中ではありましたが、あちこちで沢山観察できましたね。
お腹の白い部分が見えた方もいらっしゃったかな!?

DSC_0578.jpg

お天気は良く、気温も17℃くらいまで上がったようですが
風がひんやりとしており体が冷えましたね。
ダウンが手放せない1日となりました…(汗)

沖は風が冷たく、体感温度も下がりますので十分に暖かい格好でご乗船下さい。
本日は多少波がある中、皆さん大変お疲れ様でした。
明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆

今夜と明日はらうす産業祭『漁り火まつり』が羅臼の2階建て漁港
特設会場にて行われます!!
近くにいらっしゃる方はぜひ会場へお越し下さ〜い^^

69368544_1237605149777437_4996076408779309056_n.jpg


【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3453)


posted by e-shiretoko at 16:37| Comment(0) | 日記