2019年06月18日

港前にシャチ現る


本日は多少うねりと風、波がありましたが…
久しぶりに出航することが出来ましたね!
4日間時化て欠航しておりましたが、海はどう変わっているのか?

朝6時頃クジラの見える丘公園から沖を観察すると、波の中に潮吹き発見!
よく観察していると背びれが見えました^^

InkedDSC_8302_LI.jpg
ココにシャチがいました

日ロ中間地点よりも羅臼側と思われますが、波がある中何とかオスのヒレが
かろうじて見える程度でしたが…
午前便出航すると、先に出航していた他船がシャチを発見し
連絡を頂きました。

DSC_8312.jpg

本日は2便運航となり、両便共にシャチに出会うことが出来ました♪
朝はずっと沖の方にいたシャチたちが徐々に羅臼側へ移動し、
私たちが出航するころには、港前に!!とてもラッキーでしたね☆

IMG_8029.jpg
奥には赤白灯台、クジラの見える丘公園が見えます

陸から目視でも十分に見える距離です。
シャチたちは広く分散しておりましたが、全体で約40頭!!
10頭前後の群れがいくつかにわかれて泳いでおりました。

IMG_8984.jpg

また沖に出て知床連山を見るとびっくり!
連日の荒天で知床連山はずっと雲の中でしたが…
雲が取れた連山の山頂にはなんとうっすらと雪が積もりましたね。

IMG_0501.jpg

午前便は港前でゆっくり観察できたシャチたちでしたが、徐々に沖へ移動を始めましたが
午後便もラッキーなことに羅臼側でシャチに出会うことが出来ました。
シャチがいるポイントまで距離があったので、ポイントに向かうまで
秋田がシャチを見つけるポイントを説明。

DSC_8317.jpg

また向かっている途中でイシイルカもチラッとその姿を見せてくれました。
しぶきをあげ泳ぐ姿を観察できた方もいたと思いますが、ゆっくり泳ぐ時は
このように黒い背中が海面にポコポコと浮上します。

InkedIMG_9419_LI.jpg

午後便も広く分散しておりましたが、約30頭のシャチを観察!
お腹を出して背面泳ぎ、1頭始めると2頭続いてまねっこしたり。
一つ一つの行動に意味があり、それぞれ教えているのでしょうね。

IMG_8124.jpg

シャチたちを観察していると船に近づいてきたのは、コアホウドリです。
何度も船の周りを旋回!とても大きいです。

IMG_0284.jpg

その他、フルマカモメ、ウトウ、アビ類、ハシボソミズナギドリなど
観察することが出来ましたね。

シャチたちはそれぞれじゃれ合いながら、頭を出して周りを観察したり
時折、船に寄って来ては横になりながら私たちをチラ見(笑)

IMG_0374.jpg

ゴロゴロじゃれあう姿や尾びれで海面を叩く姿。
こちらオスのシャチは迫力がありましたね!!

IMG_8860.jpg
大人のオスの背びれは大きいもので約2mもあります

これだけ沢山のシャチに出会うことができ、ゆっくり観察!
両便共にとてもラッキーです☆
沖に出るとうねりもあり、多少波もあったため早めの帰港となりました。
沖に出ると風も冷たく寒かったですね。

明日も2便運航予定です、沢山の出会いがありますように☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3362)

posted by e-shiretoko at 20:10| Comment(0) | 日記