2019年06月08日

夏の光景!?


朝、沖観察をしましたが霧がかかり視界はあまり良くなかったのですが
ゆっくりと泳ぐイシイルカの姿が確認できました。

本日は3便運航となりました。
1便目出航時、鮭の定置網漁の船が土俵入れのため出港していきました。
※『土俵』とは鮭の定置網を固定すための重りで、一袋200kgほどあり
袋の中には砂利が入っています。
その土俵を船の両サイドから一斉に海へ落としていく、とても危険な作業です。

IMG_3733.jpg

今時期は『トキシラズ』という鮭が水揚げされます。
羅臼お越しの際は今が旬脂がのったトキシラズ、ぜひご賞味ください。

本日は3便すべてマッコウクジラに出会うことが出来ましたね。

InkedDSC_8001_LI.jpg

日ロ中間地点よりも国後島側に浮上することも多かったのですが…
近くで見られた時もあれば、遠くで浮上することも。

IMG_3942.jpg

お客様は秋田のレクチャーを聞き、一緒に探して下さる方も多かったです。
生き物たちはどこに出てくるかさっぱりわかりません…
探す目は少しでも多い方が心強く助かります。皆さんありがとうございました。

DSC_8007.jpg

朝、他船からは国後島側にシャチがいるとの情報をもらっていましたが
2便目のみ、かなり遠かったものの国後島側にいるシャチを確認しました。

InkedIMG_3689_LI.jpg
ココにシャチの背ビレ

1、2便はこちらのイシイルカがあちこちで観察できましたね。
凪がよかったので、ゆっくり泳ぐイシイルカ、活発に泳ぐイシイルカと
よく目立っておりました。

IMG_4159.jpg

マッコウクジラは、一度このように尾びれを上げ潜ると約40分潜水し
深海を移動します。
そして息が苦しくなると浮上、海面で何度も呼吸を繰り返して息を整えます。

IMG_4311.jpg
奥に見えているのは国後島です。

1、3便は写真に収めることが出来ませんでしたが、チラッとミンククジラの姿も
確認することが出来ましたね。
ミンククジラは潮吹きは目立たず、スーッと背中が海面に見られます。

3便目は団体様を乗せ臨時便で出航しました。
3便のうち一番凪がよくなり、トロ凪の海♪
そして次々マッコウクジラが浮上!!するもどれも国後島側でとても遠く
そばでなかなかマッコウクジラをそばで観察できず…

DSC_8001.jpg

しかし、後半戦…
なんと羅臼側に次々浮上したマッコウクジラ!!!
船のそばに2頭ほぼ同時に浮上しました。
夕暮れ時、ゆっくりと呼吸を繰り返す姿、とても美しい光景でした♪

IMG_4343.jpg

その後、帰港途中にも何度も浮上を確認することができ
最終的に3便目確認できたマッコウクジラは、10頭以上!!!

IMG_4235.jpg

驚きの頭数、この時期にマッコウクジラがこれだけ安定したことが
あったでしょうか??一気に羅臼の夏、到来!?

DSC_8016.jpg

景色はすっかり夏の景色ではありますが、気温は低く沖はかなり冷え込みます。
皆さん十分に暖かい格好でご乗船下さい!!
明日は2便運航予定です、条件よく出航できることを願いします。



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3348)

posted by e-shiretoko at 19:50| Comment(0) | 日記