2019年06月01日

開きタラを食べ午後便出航


朝6時半頃、クジラの見える丘公園から観察すると風がありました。
沖は霞んでよく見えませんでしたが、白波が目立っておりましたね。

DSC_7849 (1).jpg

本日は2便運航予定でおりましたが、午前便は高波のため欠航になりました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

午前便欠航となったので…
先日、北海道新聞で取り上げられた『開きタラ』の記事が気になっており
船長と見学に行ってきました^^

1559343573717 (1).jpg

お邪魔したのがこちらの岡本水産です。
ちょうど皆さん選別の作業をしておりました。

DSC_7850.jpg

作業場に行くと漂ってくる、開きタラの香り。

DSC_7851.jpg

『昔、赤岩に行った頃は保存食として必ずあったんだ。おにぎりとの組み合わせが最高!!』
と船長がおっしゃってました。
昔は運動会などにも町民はみんな持って行ったなと話すのは岡本水産の社長。

DSC_7854.jpg
向かって右から岡本水産の社長、長谷川船長、社長のお姉さん

皆さん作業中にも関わらず、丁寧に工程を説明してくださいました。
こちらが選別中の開きタラ、これはマダラで少し小さめの漁師さんたちは
『ポンタラ』と呼んでいるサイズを使用しています。
このように棒にサイズが記されており、幅や長さなど計り選別していきます。

DSC_7872.jpg

美味しい開きタラを見分けるポイントは、この『あめ色』だそうです。

DSC_7858.jpg

昔は羅臼町内で沢山の会社が開きタラを作っていたのですが、
現在は岡本水産一社だけになったそうです。
乾燥機にかけ乾燥させることも出来るものの、天日干しした物が断然美味しい!と
天日干しにこだわり、とても大変な作業ですが手間暇かけ作っているんです。

作業場を見学してから、実際に天日干しされている開きタラも見せて頂きました。

DSC_7861.jpg

大体3,4日お天気がいい時に干し、乾燥具合を見ながら選別するようです。
日差しとある程度の潮風も必要なんだと社長が話されておりました。

DSC_7859.jpg

現在は、マダラの漁獲が減ったことと、このような開きタラを食べる人も
少なくなったようです。
船長が昔は羅臼の特産と言ったら『羅臼昆布』と『開きタラ』だったと。
岡本さんから開きタラを頂きましたが、とても美味しかったです。
ご飯にもお酒のつまみにも合いそうですよ。
岡本水産の開きタラは、知床ネイチャークルーズ事務所そばのみなとや商店や
杉本商店などで店頭販売しているそうです!
ぜひお土産などにいかがでしょうか??
今回はお忙しい中、沢山お話を聞かせて頂きありがとうございました^^

さて、本日のクルーズに戻りますが(笑)
午後便は多少波がありましたが、出航することが出来ましたね。
本日は北へ向かっていくと、ハシボソミズナギドリの大群があちこちに。

IMG_8809.jpg

その他フルマカモメ、ウトウなどが見られました。

先に出航していた他船から、シャチの情報!ありがとうございます。
日ロ中間地点よりも国後島側との話でしたが、羅臼側にいるシャチを発見^^

IMG_8845.jpg

沖には複数頭シャチを確認することが出来ました。
また少し遠かったのですが、国後島側にはナガスクジラの姿も♪

その後、別の船からまたしてもシャチ情報です。
知床半島沿岸にもシャチがいたようで、そちらに向かいました。

1559370546975 (1).jpg

沢山のシャチを観察することが出来ましたね。
最初観察したシャチ群れも10頭ほど、後に観察したシャチも10頭ほど確認できました。


IMG_9280.jpg

背びれの高いシャチから、オスの背びれほどしか満たない小さな赤ちゃんシャチも
みんなで一緒になり泳ぐ姿が観察できました。

IMG_9070.jpg

知床連山、残雪の羅臼岳バックに悠々と泳ぐシャチの家族。
とてもかっこよく凛としているように見えます。

IMG_9180.jpg

途中、雨が降り雷注意報が出たため早めの帰港となりました。
寒い中でのご乗船、皆さんお疲れさまでした。

明日は2便運航予定でおります、条件よく出航できますように☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物が好きな方のご応募、お待ちしております!!!

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001

 
(3342)

posted by e-shiretoko at 18:17| Comment(0) | 日記