2019年02月18日

港内で流氷体験


本日も全便運航することが出来ました。
沖は波風があり、また流氷が離れてしまったため
流氷本体に到達することが出来ませんでした。
1日、港周辺の運航となりました。

早朝は雲が厚く、日の出が見られませんでしたが
少し空が焼け水色の世界と桃色の世界が目の前に。

DSC_3235.jpg

あつ〜い雲の上から太陽が出てきた時はキレイでしたね^^

IMG_9753.jpg

ギラギラとした太陽があがり、その優しい光に照らされて
羽を大きく広げ、大空を飛び回るオオワシ。
白い尾羽が透き通って、少しオレンジ色になって綺麗でしたね♪

IMG_9845.jpg

早朝便はほとんどが海外からのお客様でした。
流氷は残念ながら離れてしまったため、到達出来ませんでしたが
沢山のオオワシ、オジロワシを観察、撮影することが出来ました。

DSC_3237.jpg

早朝、私達の出航と一緒にスケトウダラ漁船も出航していきました。
こちらは羽を広げたオジロワシ、羽を広げると約2mにもなります。
奥に見えている灯りは漁船です。

IMG_9581.jpg

こちら9時便の撮影コースにて…
肩のラインが白い、白黒の羽がこちらオオワシですね。
沖の流氷は離れてしまいましたが、港内や港周辺には流れ着いた流氷があります。

IMG_0154.jpg

こちらは港の間口付近、流氷上のオオワシ、オジロワシが流氷に乗ったまま
流れてきたので、それを皆さん一生懸命撮影されておりました。

DSC_3243.jpg
ココにワシがいます^^

フライデッキから撮影すると、飛んでいる高さの目線でワシを観察することが
出来ますね。
オジロワシの奥には羅臼港の白灯台が写っています。

IMG_0411.jpg

こちらは流氷とカワアイサ(オス)

IMG_0470.jpg

その他、スズガモ、シノリガモ、ヒメウなど港内で見られました。

1時間のコースでは、徐々に沖の風波も落ち着いてきたので
少し沖に出て北方領土・国後島や知床半島の景色を見て頂きました。

DSC_3244.JPG

朝は分厚い雲に隠れていた山々も徐々に姿を現しました。
青空も見えてきましたね。
船長が漁業の話や、羅臼町や国後島のことなど色々と解説します。

IMG_0407.jpg

本日5便目は、標津町に留学中の学生さんたちが羅臼のクルーズを体験!
国はベトナム、中国、インドネシア、カンボジア、エジプトなど様々です。

1550477796175.jpg
1階にいらっしゃった皆さんで記念撮影♪

そばでオオワシやオジロワシを観察し、
また港内での体験となってしまいましたが…流氷の雰囲気も少しは伝わったでしょうか!?

IMG_0381.jpg
オオワシ

1日多少風がある日となりました。
寒い中でのご乗船、ありがとうございました。
流氷は風向き次第で1時間でも大きく移動していきます。
明日は流氷本体に到達できることを願います。



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3260)


posted by e-shiretoko at 18:30| Comment(0) | 日記

2019年02月17日

港内の流氷


冬季クルーズは、早朝便の撮影コースの需要が多く
北方領土・国後島から昇る朝日、流氷、そしてオオワシ、オジロワシたちを
撮影するため沢山のお客様にご予約頂きます。
本日は早朝便、残念ながら日の出は厚い雲に覆われ見られませんでした。
しかし雲の切れ間から少しだけピンク色の光が溢れ、水色の流氷と
とても綺麗でしたね♪

IMG_3585.jpg

自然が相手なので、必ず太陽が見られるとは限りませんし
早朝便は流氷を探していかなければならないので、流氷帯に到達できるかも
わかりません。

本日のように雲が多い日は、流氷の青がとても綺麗に見られます♪
いつもより濃く、美味しそうな流氷ブルー!!
綺麗でもありますが、いつも『おいしいそ〜』と呟いてしまう大木です。

IMG_3610.jpg

早朝便、流氷の淵を移動しているとアザラシを発見。
暗くてはじめよく見えず、何かわからなかったのですが…
わりとそばでゆっくり観察でき、そばでプカプカ浮いていており
停船して観察、よく見てみるとクラカケアザラシのように見えました。

IMG_3545.jpg
わかりづらいですが、この黒い頭がアザラシです…笑

早朝便と9時便の撮影コースでは何とか流氷本体に到達することが出来ました。
多少波がありましたが、流氷の陰に入ると穏やかです。

DSC_3229.JPG

オオワシ、オジロワシは多い時で約200羽。
シンクロで撮影できたのは、こちら肩の白いラインが特徴的なオオワシです。

IMG_3940.jpg

最近、山の白と青が本当に美しく、よく狙っているのですが
なかなか思った時にうまくシャッターが切れず、出遅れます(汗)
羅臼岳とオオワシです。

IMG_3832.jpg

太陽があがった後、日が弱かったのですが
逆光の景色も私は好きなので、この優しい光加減も美しいです。

IMG_4086.jpg

こちらは手前がオオワシ、奥には尾羽が白い『オジロワシ』
オジロワシは羅臼町の鳥にも指定されております。

IMG_3925.jpg

風があったので、うまくその風を利用し飛び回るオオワシ、オジロワシ。
風が冷たくとーっても体が冷えるのですが、ワシ達には関係なし!!

次第にどんどん流氷は沖へ離れてしまい、また徐々に風波が強くなり、沖は白波(汗)
1時間の観光コースでは沖には出られず、港内に流入してきた流氷をご覧頂き
オオワシ、オジロワシの観察となりました。

沖に出られませんでしたが、港内で響き渡るのはカモメやワシ達の鳴き声
そして船長のマシンガントーク。

DSC_3231.JPG

羅臼の漁業の話、オオワシ、オジロワシたちの話、知床について
そして北方領土の話などなど。
『条件が良く、沖に出て流氷見て順調だったら俺だってこんだけ話さないんだよ!』

といつもは無口です!と言わんばかりのトークなので、
2階デッキでは大木が『どういう状況であろうが、うちの船長は毎日この調子です』
とちゃんと訂正しておきます(笑)

IMG_4212.jpg
羽を広げると約2m

こちらはオオワシ、そしてオオワシの上に写っているのはカラス。
カラスは自分の何倍も大きく強いワシのそばにこっそり近づき、
お構いなしで攻めます。
このように比較するといかにワシ達が大きいのかわかりやすいですね♪

お昼くらいまで青空もすこ〜し見えておりましたが、
徐々に雪が舞い、風が強くなってきました…

DSC_3232.JPG

深々と雪が降り続ける中でも、最終便は沢山ワシを観察することが
出来ましたね。

IMG_4255.jpg

1日の運航が本日も無事に終了しました!
多少風があり、気温はそれほど低くなかったのですが、
とても寒かったのです…皆さん大変お疲れ様でした。
風が吹くと体感温度がぐっと下がりますので、十分に暖かい格好でご乗船ください。



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3260)

posted by e-shiretoko at 22:03| Comment(0) | 日記

2019年02月16日

海面に映る太陽の柱


早朝はとても穏やかで、港を出ると海面には薄氷が張っておりました。
風が無く気温が下がると港内も凍りつきます。

最近の早朝便集合時間は5時半。
真っ暗な中出航するので、流氷を探しながら私たちは沖に出ていきます。
少しずつ明るくなり流氷がうっすら見えてきました。

IMG_2445.jpg

船長『どうだエリカ、流氷は?』

大木『カミの方が流氷が近いように感じますが』

船長『そうか、じゃあカミ見に行くべ!!』

の私たちの会話にお客様が反応し…
2階にいらっしゃった皆さん私の後ろでザワザワ

お客様『カメ!?カメ見に行くって!!』『え?カメいたの!?』と言っていたので

慌てて大木…

『違います、カメ!ではなくカミです(笑)
カミというのは漁師さんたちの言葉で南を指すんです。
上(カミ)が南、下(シモ)が北なんですよ!私もカメは見たいですが(笑)』

と説明すると2階にいらっしゃった皆さんで爆笑。
カメは見られませんでしたが、綺麗な日の出は見られたのです♪

本日の日の出は6:18
雲が厚く心配しておりましたが、とっても美しい日の出が見られたではありませんか!!

IMG_8922.jpg
船長撮影

海面に太陽の柱が綺麗に映り込み、赤く力強い太陽が北方領土・国後島から昇りました。

IMG_2731.jpg

右を見ても左を見ても、柔らかい光の中
綺麗な景色が見られ皆さん思い思いに撮影されとりました♪

DSC_3199.jpg

知床連山の山は残念ながら雲の中でしたが、白と青の色合いが
幻想的な景色を作り出しておりましたね。

本日は早朝便、他社の情報も含めるとオオワシ、オジロワシは500羽弱。
かなり広く分散しておりましたね。

IMG_8940.jpg

本日は撮影コースは2便、観光コースが4便にて出航しました。
9時便、皆さん大きなカメラで一生懸命撮影しておりましたね。

DSC_3209.jpg

9時便は観光でご乗船されたお客様も多かったので、
皆さんと沢山お話しさせて頂きました。
また、違う時期にも来て見たいと嬉しいお言葉!ぜひお待ちしております♪

こちらの肩が白いのがオオワシです。
白黒の羽と足とクチバシの黄色が目立ち、美しいですね。

IMG_3218.jpg

朝は穏やかだったのですが、じわじわと西寄りの風が流氷を沖へ運んでいきます。

DSC_3215.jpg

羽を広げると約2m、とても大きいですね!
こちらはオオワシです。

IMG_2897.jpg

こちら全体的に茶色いのがオジロワシ。
オジロワシは羅臼の町の鳥にも指定されております。

IMG_3173.jpg

お天気は徐々によくなり、次第に青空も見えてきました。
流氷は折り重なってどんどん成長していくので、凹凸ができ
そして水中に深く沈んでいる部分もあるんです。
ワシ達は流氷の高いところが好み♪

IMG_3311.jpg

本日は6便運航となりましたが、徐々に沖に離れてしまった流氷。
そしてどんどん風波が強くなり、6便目は残念ながら港周辺の
波が低いところで運航。

DSC_3220.jpg

そらは青空に、北方領土・国後島も最終便がすっきり端から端まで見えておりましたね。
青い空を大きく羽を広げ旋回するオジロワシ。
綺麗な月も見られました。

IMG_3442.jpg

最終便、港周辺では沢山のヒメウ。

IMG_3368.jpg

その他、クロガモ、カワアイサ、ケイマフリなども見られました。
河口付近、港内にはホオジロガモ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモなども
見られましたよ。

明日も条件よく出航し、流氷本体に到達できますように。



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3259)


posted by e-shiretoko at 18:23| Comment(2) | 日記

2019年02月15日

どこを切り取りましょう?


最近は気温も低く、また多少風もあるので早朝便は
かなり冷え込んでおりますね。
体感温度がぐっと下がり、あっという間に足先指先の感覚が…(汗)

早朝便出航時、ちょうどスケトウダラ漁船も続々と出港し
一緒に港を出ました。

DSC_3157.jpg

沖には厚い雲、北方領土・国後島はうっすらと見えておりました。
雲が厚いので日の出はどのように上がるのか?
毎日、色んな日の出の景色を見ては感動しておりますが、
本日の日の出はこんな感じでした♪

IMG_1061.jpg

色んな角度や色、その瞬間は360度色んな景色が溢れていますね。
流氷の隙間の海面がキラキラと黄金色に輝き美しいです♪
こちらは流氷上のオオワシです。
どこをどのように収めるか…
もちろん、好みもありますが色んな瞬間をより多く皆さんに
お伝えできたら嬉しいなぁと思いながら、いつも新しい発見を求め
撮影しております。

IMG_1505.jpg

少しサンピラーのように太陽の柱が早朝便の気温はマイナス10度。
羅臼ではかなり寒い方です。
オレンジ色の眩しい太陽、美しい景色を眺め
先程まで感じていた痛い寒さを少しだけ?忘れさせてくれます(3分くらい…笑)

IMG_1235.jpg

本日は早朝便と9時便は撮影コースにて出航。
撮影コースは海外からのお客様がほとんど!!
ドイツからの団体様、イギリスからの団体様は2便連続でご乗船です。

1550192670766.jpg

イギリスからの団体様のリーダーは毎年ご利用頂いているDavidさん。
本日は旭山動物園の中瀬さんもご乗船され、3人並べ!!と船長(笑)
皆さん、いつもご利用頂きありがとうございます^^

1550186338558.jpg
左:Davidさん、大木、中瀬さん

本日は多い時でオオワシ、オジロワシは約290羽確認することが出来ました。

IMG_1748.jpg

早朝、一緒に出航したスケソウダラ漁船は、頑丈な鋼鉄の船ですが
私達の船は砕氷船ではないため、このように流氷の緩みがあるところや
淵を運航します。
2階デッキから1階の様子を写したものです。

DSC_3170.jpg

オオワシ、オジロワシたちは羽を広げると約2m!!
そばで見ると本当に迫力があり、力強く羽ばたきます。

IMG_1948.jpg
こちらがオオワシ

全体的にワシを観察しているとオオワシの方が多い印象です。
こちらがオジロワシ。
ちょうど2羽前後で重なり、とても不思議な写真が撮れました(笑)

IMG_2190.jpg

13時と14時の観光コースでは、少し流氷本体が沖へ移動しましたが
何とか1時間で流氷とワシ達を観察することが出来ました♪
風、波が多少ありましたが、その風をうまく利用し青空を飛び回る
ワシ達をお客様も一生懸命目で追っておりました^^

IMG_2213.jpg
オジロワシ

次第に知床連山の雲も取れていき、4便目は山も徐々に見えてきましたね。
大木の隣にいた海外からのお客様は本日2回ご乗船頂き、大きなカメラを持って
ワシを撮影しておりましたが…いきなり隣で『今日の一番が撮れた!!』と
言いながらニコニコ私を見ました。
そんな嬉しそうな笑顔を見て、私もとても嬉しくなりましたね。

IMG_2266.jpg

私も同じ方向を見ていましたが…
彼はどんなシーンを撮影されたのでしょう!?気になります。
午後になると、午前中とはまた違った山の表情が撮影できます。
お天気も良くなり、日差しも強く山も色濃く変化していきますね!

とても寒い中でのクルーズですが、皆さん外で頑張ってくださいました。

DSC_3178.jpg

船内は暖房が利いておりますので、寒い場合は無理せず船内をご利用ください。
走り出すと体感温度はぐっと下がりますので、しっかりと防寒対策を♪
明日も条件よく出航し、流氷帯に到達できることを願います☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3258)


posted by e-shiretoko at 22:47| Comment(0) | 日記

2019年02月14日

ミラクルサンライズ


本日は4便運航となりました。
今朝起きると深々と降り続けた雪が積もり、早朝便出航すると
北方領土・国後島にも厚い雲がかかっておりました。
しかし、日の出の時間が近づくにつれ雪は止み、そして雲の上から
少し遅れて太陽登場!!

DSC_3115.jpg

このように綺麗な日の出が見られ、本日も大木はずーっと独り言。
キレイ、すごい、わぁ、キレイ、大体これをエンドレス(笑)
寒さも忘れ、感動的な時間でした!

IMG_0158.jpg

本日は突き刺さるような寒さと風、指の感覚がおかしくなりましたね。
そんな極寒の空気の中、奇跡的な日の出が見られましたね^^

IMG_0006.jpg

私達が突き刺す寒さに耐える中、オオワシ、オジロワシたちは
そんな寒さをものともせずに、優雅にそして勇ましく飛び回ります。

IMG_0091.jpg

日が昇ってからも柔らかい光に照らされて、美しい世界が目の前には
広がっておりましたね♪

IMG_0435.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島です

早朝便と9時便は撮影コースにて出航。
連日ご乗船されているお客様も多く、皆さんその日の条件
景色が違うので、そのシーンを一生懸命撮影されておりました。

DSC_3118.jpg

海鳥はオオワシ、オジロワシ、その他こちらのケイマフリ

IMG_0818.jpg

クロガモ、シノリガモ、カワアイサ、ヒメウなどが見られました。

11時便と13時便の観光コースに関しても、流氷が近かったので
しっかりお客様に見て頂くことが出来ました。

こちら羽を広げると2mほどにもなるオジロワシと
そのそばにはオジロワシにはカラス…
ワシ達がそばにいても、カラスはあまり気にせず近づいて行く
怖いもの知らずですね。

IMG_0918.jpg

船内では、マイクを使って船長のマシンガントーク。
皆さん耳を傾け話を聞いて下さいました。
船長は船内にいるので、外にいるお客様は姿を見ずトークだけを
聞いていることがあるので、下船の際にどんな船長さんなのか見てみたい!と
意外と船長、人気です(笑)

DSC_3121 (1).jpg

朝は雲がかかっていた空には青空が見え始め、このようにスカッとした景色が
広がりました。
オオワシ、オジロワシは多い時で約270羽。
知床連山の雲も徐々に取れて行きましたよ。

IMG_8788.jpg

西寄りの風が吹き、どんどん沖に移動した流氷本体でしたが
本日は順調に見られてよかったです。

DSC_3136.jpg

停船している時は、太陽の日差しもあるので若干暖かく感じますが
船が走り出すとキーンと冷たい空気がまとわりつきます。
皆さん、寒い中大変お疲れ様でした。

IMG_8795.jpg
上空を旋回するオオワシ

明日も条件よく出航できますように☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3257)

posted by e-shiretoko at 18:29| Comment(0) | 日記

2019年02月13日

雪降り積もる氷原


本日は早朝便&9時便は撮影コースにて
その他3便、観光コースにて5便運航となりました。

早朝便はずっと雪が降り続き、沖に出ると視界もあまりスッキリと
見えませんでした。
本日は日の出は見ることが出来ませんでしたが、真っ白な世界。
とても幻想的でしたね。

IMG_8320.jpg

雲っている時の方が、流氷の青がより色濃く感じます。
水中に見える流氷も美しいですね。
1階には大きなカメラを持ったお客様が並んでおります^^

DSC_3056.JPG

ずっと雪が降り続きましたが、雪降る世界を大きく羽を広げ
羽ばたくワシ達はとても優美で美しいのひとこと。

IMG_8895.jpg

帰港時、次第に雪もあがってきました。
奥には羅臼の街並みも見え始め、穏やかな海はどこからどこが
海なのか、空なのか、空も海面に映し出され、不思議な景色です♪

DSC_3072 (1).JPG

2便目は少しずつ、雪も止んでいきました♪
辺りは所々青空も見え始め、飛び回るオオワシ・オジロワシ。

IMG_9319.jpg

本日も海外のお客様が沢山ご乗船され、皆さん一生懸命撮影されておりました!

こちらはオオワシがゆっくりとこちらに近づいてきたので
その瞬間を撮影したのですが…

IMG_8212.jpg

いつもカッコいいオオワシ、鋭い目つきで近づきますが
ちょっと怖い?ような、いやちょっと、笑っちゃような!?

DSC_3077.JPG

本日は1時間のコースでも全て流氷本体に到達することが出来ましたね^^

DSC_3096.JPG

流氷はその時の風の向きなどにより、1時間で大きく場所が変わるのですが
全便流氷本体を目にすることが出来よかったです!

観光のお客様にオオワシとオジロワシの識別方法を説明。
肩のラインが白く白黒のワシがオオワシ!
そして全身が茶色で尾羽だけが白いのがオジロワシです。

IMG_9158.jpg

5便目にはずっと雲の中に隠れていた羅臼岳も姿を現し、
美しい景色、そして流氷、オオワシ、オジロワシと美しい景色が
広がっておりましたね。

IMG_9568.jpg

オオワシ、オジロワシは多い時で約250羽確認することが出来ました。
本日は早朝便、雪が降りとっても寒かったのですが…
太陽の日差しに当たると、やはり体感温度も変わってきますね。

DSC_3099 (1).JPG

思っていたより寒くないと思われたお客様も多かったようです。
夕方、ほんのりピンク色に染まる綺麗な羅臼の景色、
国後展望塔から沖を観察しました。

DSC_3107.JPG

高い所から見ると、流氷もだいぶ羅臼側に入ってきておりますが
流氷も自然のことなので、明日どう移動しているかはわかりません。
明日は4便運航予定です、条件よく出航し流氷に到達できることを願います☆



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3256)

posted by e-shiretoko at 23:51| Comment(0) | 日記

2019年02月12日

凍りつく海面


本日は4便運航となりました。
空には星がキラキラと光っておりましたが、北方領土・国後島側には
分厚い雲がかかっておりましたね。

早朝便と9時便は撮影コースにて、13時便と14時便は1時間の
観光コースにて出航です。
早朝便は雲の切れ間から優しい光が溢れ、穏やかな日の出。
朝焼けも綺麗でしたね!

DSC_2994 (1).jpg

気温が下がり風も弱い時は、海面が凍るので凍った海面に
太陽の光が照り返し、ピンク色の海面が美しかったですね♪

IMG_8121.jpg

昨日より少しだけ、陸に近い所にあった流氷本体。
1〜3便は流氷本体に到達することができましたが、
4便目は沖合い波が高くなってしまい、流氷帯に到達出来ませんでした。

DSC_2995.jpg

お客様は皆さん真剣に集中しているので、大木は黙って…
いや、ブツブツと独り言を言いながら撮影しています(笑)
だいたい『わぁ〜』『キレイ〜』『すご〜い』を繰り返しています。
油絵の世界のようなとても幻想的な景色が広がっておりましたね。

IMG_7643.jpg

早朝便、撮影しているとスケトウダラ漁船が出港してきました。
漁船は非常に頑丈な鋼鉄の船なので、流氷の中をぐいぐいと進ん行きましたね。

IMG_7688.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島

2便目は海外からのお客様も多くご乗船されておりました。

DSC_3015.jpg

綺麗な青空が広がり、海面結氷している所にその景色が写りこんでおりました。

DSC_3007.jpg

こちらは、向かってきたオジロワシを正面から撮影しておりますが、
角度が変わるとまたいつもと違ってオジロワシも見えますね。
ちょっと可愛らしいです♪

IMG_7720.jpg

こちらは佇んでいるオオワシです^^

IMG_8156.jpg

どういう状態かというと、これも薄氷が張っている上にオオワシが立って
氷にもオオワシが写りこんでいるんです。
この様な状況もなかなか条件が揃わないと撮れないシーンですね。

3便目は多少風波が出てきたので、流氷がどんどん離れてしまったのですが
一気に流氷本体へ向かい何とか到達!!

DSC_3020.JPG

よくお客様から、オオワシとオジロワシは種類が違うのにケンカしないのですか?と
質問されることがありますが、もちろん餌を奪い合うことはありますが
このように隣同士で仲良く並んでいることもありますね^^

IMG_8160.jpg

本日オオワシ、オジロワシは早朝便多い時で300羽ほど確認しました。

IMG_7668.jpg

4便目は残念ながら沖は白波、流氷本体に到達出来ませんでしたが、
皆さん、船長のマシンガントークを堪能され笑いが絶えないクルーズでした(笑)
船長のトークを楽しみに来られた方も多かったようです!

DSC_3023.jpg

そして港周辺で、オオワシ・オジロワシを観察し帰港しました。
徐々に青空も見え、風もどんどん落ち着いてきました。
また風が緩み流氷の動きも変わってくると思います。

明日も出航予定です、条件よく出航し流氷帯に到達できるといいですね。
本日は風があり、凍てつく寒さ(泣)
風を浴びながら外で頑張って下さるお客様も多かったですね。
大変お疲れ様でした^^

【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3255)
posted by e-shiretoko at 18:09| Comment(0) | 日記

2019年02月11日

まばゆい太陽


今朝はパラパラと雪が降る羅臼でしたが、
沖に出るにつれて、北方領土・国後島側は少し雲があるものの
雪も止んでいきましたね。

DSC_2955.jpg

本日の日の出は、6時25分頃。
朝焼けも日の出も美しく、目の前の景色の色の移り変わりに
つい見惚れていますね。

IMG_6314.jpg

早朝便と9時便は撮影コースにて出航し、
とても寒い中、お客様はその瞬間を一生懸命撮影されておりましたね。

DSC_2963.jpg

優しい光に照らされて、本日は一段と流氷のブルーが色濃く
また、美味しそう…いや、艶やかでキラキラと輝いておりましたよ♪

IMG_6365.jpg

北方領土・国後島からスカッと綺麗な日の出が見られました。
右を見たり、左を見たり、どこを切り取っても幻想的で
美しい世界が広がっている毎日に感動の連続です。

IMG_6555.jpg

流氷本体は昨日よりも沖に動いてしまいましたが
日ロ中間地点よりも羅臼側で見られて良かったですね。
大きな一眼レフカメラを持ったお客様がずらりと。

DSC_2971.jpg

起伏がある大きな流氷が目立ち、オオワシ、オジロワシたちは
少しでも高い流氷に停まって、辺りを観察している姿が見られます。

IMG_6939.jpg

本日、流氷上では全体でオオワシ・オジロワシは約280羽
確認することが出来ました。

1階から撮影すると、ローアングルで臨場感が出ますね。
こちら肩の白いのがオジロワシ!
白黒の羽と黄色いくちばしが特徴的です。

IMG_7206.jpg

2階から撮影すると、ワシが飛んでいる目線と同じように
ワシを撮影することができます。
大木は2階にいることが多いのですが、一緒に飛んでいるかのように感じます♪
奥に見えているのが、北方領土・国後島。
キョロキョロ辺りを見回して、旋回しているオジロワシ。

IMG_7277.jpg

風の影響でどんどん流氷は離れてしまうかと心配しておりましたが
1時間のコースでも流氷帯に到達することが出来ましたね。

DSC_2975.jpg

最後には1日雲に隠れていた羅臼岳も徐々に姿を現しました。
本日はワシの幼鳥も目立ちましたね。
こちらはオジロワシの幼鳥です。

IMG_6444.jpg

また明日、流氷本体に到達できることを願って☆
気温が低く寒い日が続きます、皆さん移動の際はくれぐれもお気を付け下さい。
明日もどんな景色が見られ、どんな出会いがあるのかとても楽しみです。




【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3254)

posted by e-shiretoko at 21:31| Comment(0) | 日記

2019年02月10日

日の出も見たいけど…


本日は早朝便と9時便は撮影コース、13時便は観光コースにて
3便運航となりました。
昨日に引き続き寒さ厳しい1日となりましたが、本日も快晴!!
綺麗な景色が広がっておりましたね^^

本日はお天気がよく、北方領土・国後島側から昇る朝日もとても美しく
太陽に照らされて赤く焼けた知床連山も本当に美しかったです。
日の出の写真も撮りたい…
でもこれだけ知床連山が焼けるのも珍しい…
右に行ったり、左に行ったり、迷いましたが(汗)
大木、欲張りすぎるとどちらも収められなくなってしまうので(笑)
本日は知床連山の赤く焼けた景色を撮影することに。

赤く焼けて綺麗だな〜!!と珍しく寒い中船長も外へ来てスマホで撮影。

1549782208380.jpg
船長が撮影しました

昨日よりも羅臼側へ入ってきた流氷、本日は3便流氷に到達することが出来ました。
ピンク色の空に水色の海と流氷、とても幻想的な光景が広がっておりました♪
美しいの言葉しか思いつきません。

IMG_6969.jpg

連日ご乗船されていたお客さまと一緒にとても綺麗ですね!と話しながら撮影。

1549782149049.jpg

昨日も綺麗な日の出が見られましたが、本日も少し雲が多くまた違った景色が
見られましたね♪
太陽からの光りが花びらに見え、ひまわりのよう♪

IMG_7152.jpg

知床連山側はほとんど撮影されている方はおりませんでしたが
逆サイド、国後島側はこの通り皆さん一生懸命撮影されております。

DSC_2922.jpg

北方領土・国後島から昇る朝日、オオワシ・オジロワシ、そして流氷。
その一瞬を狙います。

IMG_7140.jpg

本日は360度見渡す限り爽快な景色が広がっており
あっちを見ては『ほんとキレイ!!』こっちを見ては『ほんとキレイ!!』と
ずっとキレイキレイキレイと独り言の大木です。

IMG_5712.jpg

9時便もスカッと綺麗な青空、そして青い海に真っ白な流氷!!
とても寒いので、室内から観察されているお客様も多かったので
船長と一緒に羅臼の漁業の話やワシの話など皆さんと色々とお話しました。

DSC_2942.jpg

9時便も撮影されるお客様がずらっと、皆さん真剣です。

DSC_2932.jpg

こちらは流氷上のオオワシ。
そして奥には流氷の中を進んで行くスケトウダラ漁船たちの姿が見えました。
スケトウダラ漁船は非常に頑丈な鋼鉄の船なので、多少の流氷の中であれば
出航していきます。

IMG_7192.jpg

こちらの肩のラインが白く、白黒なのがオオワシです。
羽を広げると約2mもありとても大きいですね。
オジロワシよりもオオワシの方が大きいです!

IMG_5738.jpg

そしてこちらがオジロワシ。
全体的に茶色く、尾羽だけが白いのでオジロワシ!
その説明をすると皆さん一生懸命、その尾羽を見ようと^^
オジロワシは若干だけ羅臼町に営巣するので、町の鳥にも指定されております。

IMG_5860.jpg

本日は3便目の1時間コースでも流氷本体に到達し
ゆっくりと流氷と目の前に広がる景色を堪能することが出来ましたよ。

DSC_2945.jpg

鳥好きのお客様も多くご乗船されており、オオワシ、オジロワシ以外にも
ヒメウ、カワアイサ、シノリガモなど双眼鏡で一生懸命観察されておりましたね♪

お天気は良いのですが、少しでも風を受けると痛い寒さです。
寒い中、皆さん大変お疲れ様でした。

流氷は風向きや潮の流れで大きく移動します。
本日も1便目と3便目では流氷がだいぶ動いておりました。
明日も無事流氷に到達できるといいですね。



【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3253)


posted by e-shiretoko at 18:42| Comment(0) | 日記

2019年02月09日

さらに気温下がり…


本日は早朝便&9時便は撮影コースにて
11時便、13時便は観光コースにて出航しました。

久しぶりの快晴で、早朝便出航すると目の前に広がる北方領土国後島も
後ろを振り返れば知床連山もスッキリ、くっきり!!
ご乗船されたお客様とその壮大な景色を見ながらうっとり…
とても綺麗ですね〜と何回言ったことか(笑)

朝焼けも美しかったですね、画像中央はオオワシ、
両サイドはオオセグロカモメです(笑)

IMG_4193.jpg
奥に見えているのは国後島

本日の日の出は6:30
少し雲がかかっておりましたが、スカッと綺麗な日の出が見られました。

IMG_4326.jpg

そして、流氷本体にも到達することが出来ました。
目の前には広大な景色、流氷原が広がっています。

IMG_6780.jpg

そういえば…羅臼に戻ってから、見に行こうと思いながらも
ずーーーーっと早朝は布団と仲良しだったので、今年の日の出見ていませんでした。
大木、今年初日の出です(笑)
太陽は刻々と動き続けるので、その瞬間を収めるため皆さん真剣です。

DSC_2868.jpg

その瞬間との出会いは、その場限りです。
1分、1秒、大事に自分の目に焼き付けたいな〜といつも思っています。

IMG_4403.jpg

こちら早朝便にご乗船のお客様と記念撮影♪
羅臼の宿『とおまわり』にお邪魔した際、仲良くなったダブル・サムさん♪

DSC_2884.jpg
右からイギリス人サムさん、とおまわりご主人、カナダ人サムさん、大木です。

いつもお世話になっております。
毎日更新の『とおまわりblog』もぜひご覧ください。
お二人とも沢山撮影され、とても喜ばれておりました♪

少しずつ流氷が離れておりましたが、何とか9時便も流氷に到達できました。
知床連山もこの通り、スッキリと見えましたね〜とても美しいです。

DSC_2896.jpg

鳥好きのお客様もご乗船されており一緒に色々探しましたが
本日はなかなかオオワシ、オジロワシ以外の海鳥が見つからず。
ワシ以外に、ハシブトウミガラス、コウミスズメ、カワアイサ
シノリガモ、ヒメウなどが見られました。

流氷は先日見た平らな流氷とは違い、起伏の大きな立派な流氷が目立ち
『まるで3月の氷みたいだな』と船長。

IMG_4529.jpg

流氷は元々このような小さなものが荒波の中、折り重なって成長し
大きな流氷へと変化していきます。

DSC_2888.jpg

3便目は残念ながら流氷が離れてしまい、1時間のコースでは
流氷本体に到達できませんでした。
しかし沖からは素晴らしい景色が見られましたね^^

DSC_2883.jpg

風が吹くと体感温度はさらに下がります。
本日の最低気温はマイナス18度…(汗)
寒さのあまりすぐに客室に入られるお客様も多かったです。

本日、多い時でオオワシ・オジロワシはざっと150羽。
こちら黄色いくちばしが目立つ白黒の羽がオオワシです。

IMG_4903.jpg

そして、上空で旋回していたオジロワシ。
皆さんワシ達の動きの速さに驚かれておりましたが、
彼らは風を利用し上手に空中を飛び回ります♪

IMG_4890.jpg

4便目はイルカに出遭うことも出来ました。
ちょっと識別ができなかったのですが、ネズミイルカの仲間のよう!?
しぶきをあげ泳ぐ姿を複数頭確認することが出来ました。

IMG_5426.jpg
ココに2頭のイルカが写ってます(…しぶきのみですが(汗))

3便目では離れてしまった流氷が再び羅臼側に近づき、
4便目の1時間コースではまた流氷に到達することが出来ましたね。

DSC_2907.jpg

皆さん、流氷とオオワシ・オジロワシをたっぷり観察することが出来ました。
沖合多少波がありましたが、あまり風も強くならず良かったですね。

IMG_5286.jpg
羅臼岳とオジロワシ

本日も極寒のクルーズ、皆さん大変お疲れ様でした♪
明日は3便運航予定です、気温は引き続きかなり下がるようですので
皆さん移動の際はくれぐれもお気を付け下さい。




【求人のお知らせ】

海と山に囲まれた世界自然遺産・知床で私たちと一緒に働いてみませんか?
動物好きの方、英語や中国語ができる方のご応募お待ちしております。

詳細に関しては、ホームページのお問い合わせフォーム、
もしくはお電話にてお問い合わせください。
TEL:0153−87−4001


(3252)


posted by e-shiretoko at 22:00| Comment(0) | 日記