2018年10月08日

時化後も賑わい


昨日は台風の影響もあり終日欠航、今朝はうねりが高かったです。
沖は霞んでおり視界が悪かったのですが、今朝クジラの見える丘からは
イシイルカを発見することができました。

本日は2便運航予定でしたが、午前便のみ出航。
午後便は高波・強風のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

雨も降ったり止んだりを繰り返し沖に出てみると
うねりが残り、徐々に波も高くなっていきました。
そんな条件の中ではありましたが、外で頑張って下さるお客様も多く
一緒に探して下さいましたね。ありがとうございました!

DSC_0429.jpg

沖に出ると海鳥が沢山見られましたね♪
多少風があったので、風に乗り優美に飛び回る姿が見られました。
ちょっと見づらいですが、こちらは羅臼では珍しいケイマフリ。
ウトロでは夏によく見られますね。

IMG_1725.jpg
手前がケイマフリ、奥はウトウです

こちらのアホウドリの幼鳥

IMG_1754.jpg

本船の目の前を何度も通過し、そばで観察できたのはクロアシアホウドリ
その他、ウトウ、フルマカモメ、トウゾクカモメ、ミズナギドリ類
ミツユビカモメ、ビロードキンクロ、アビ類などが見られました。

他船と協力し探鯨。
日露中間地点よりも国後島側にマッコウクジラがいたと他船より情報が入り
水中マイクを使用し、マッコウクジラが水中で発する音を確認すると
複数頭音が拾えました。

そしてタイミングよく浮上し、そばでマッコウクジラを観察することが
出来ましたね。
船の前方にマッコウクジラが浮上しています。

DSC_0431.jpg

1頭浮上を確認すると、ほぼ同時にあっちにもこっちにも少し離れた
ところにマッコウクジラが浮上しました!計3頭確認できましたよ。
ゆっくりと泳ぐ姿が見られ、その大きさも感じて頂けたと思います。

IMG_1800.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島

約7分間、呼吸を整えて最後は高く尾びれをあげ一気に潜水…
というのがマッコウクジラのある程度決まった行動パターンですが、
本日そばで観察できたマッコウクジラは尾びれを上げずに潜水していきました。
たまに尾びれをあげずに潜る個体がいます。

クジラの見える丘公園から実際に、今日見たマッコウクジラが見えますか?と
お客様からのご質問。
毎朝、ココのクジラの見える丘公園から沖を観察しておりますが

DSC_0433.jpg

本日見られたマッコウクジラのポイントであれば丘から双眼鏡を使えば
十分に見える距離でしたね。
(港から約10海里の場所です。1海里=約1.8km)

また本当に近い時は、双眼鏡なしで観察出来る時もありますよ☆

皆さん寒い中、頑張って下さいました!大変お疲れ様でした。
船長は時化後で生き物たちの動きも気になっておりましたが、
そばでマッコウクジラを観察することができて良かったです^^
波も高くなってきたため、早めの帰港となりました。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できることを願います。


(3203)


posted by e-shiretoko at 16:09| Comment(0) | 日記