2018年09月21日

港の真ん前にクジラの大群


今朝は凪がよく、視界も良好!!
クジラの見える丘公園からは、マッコウクジラ2頭、ツチクジラのらしき群れの
潮吹きも多数確認することができました。
マッコウクジラは本日、わりと陸に近い所で観察することができました。

DSC_5093.jpg
左のココにツチクジラの群れ、右のココにマッコウクジラ

スカーっと!!晴れ渡った秋晴れ、お出かけ日和の本日は
2便運航となりましたね^^
出航してすぐにかなり遠かったのですが、ツチクジラがジャンプ連発。
そばで観察できたらいいな〜と期待しながら沖へ。

スタッフ・秋田のレクチャーを聞いて、お客様も一緒に生き物を探して下さいました。

DSC_5094.jpg

他船と手分けして生き物を探し、2便共にマッコウクジラをそばで
観察することができましたよ^^
多少風があり、潮吹きがなびいておりましたが
しっかりその潮吹き、そして尾びれを見ることができましたね。

IMG_4703.jpg

港前では遠くにイシイルカのしぶきが見られ、帰港間際に他船から
ツチクジラの情報です!ありがとうございます。
はじめジャンプをしたり、尾びれで海面を叩いたり豪快にしぶきが!

IMG_4733.jpg

クジラの見える丘公園の真ん前、これだけ陸に近いと肉眼でも十分に見えますね。

IMG_4987.jpg

ざっと数えただけでも20頭はいたと思われます。
また、いつもは警戒心が強いためすぐに潜ってしまうツチクジラ…
長いこと浮上しており、そばでゆっくり観察することができました。

IMG_5024.jpg

全長は10mほどある大型のクジラ!豪快に潮吹きをあげ群れで泳ぎ
とても迫力がありましたよ。
羅臼沖の特徴は、港を出て数分走ると一気に海が深くなっているため
陸に近い所でも、深海性のイカなどを食べるマッコウクジラやツチクジラに
出遭うことができる場所なんです。

海鳥は、こちらのビロードキンクロをはじめ

IMG_4722.jpg

アビ類、アカエリヒレアシシギ、ウトウ、ミツユビカモメ、ウミウ
コシジロウミツバメ、トウゾクカモメ、ミズナギドリ類などが見られました。

午後便は港周辺で沢山のイシイルカに出遭う事が出来ました。
活発に泳ぐ際は、このようにしぶきが見つけるポイントになります。

IMG_5176.jpg

実は白黒のツートンカラーの体色をしています。
お客様にお腹の白い部分は見えましたか?と尋ねると首をかしげる方が
多いのですが、あまり体を海面に出さず泳ぎ高いジャンプをしないイルカなので
お腹の白い部分は見えづらいんです。

IMG_5131.jpg

午後便もマッコウクジラは順調に観察することができましたね。
近い遠い含め、少なくとも6頭以上のマッコウクジラが根室海峡に
入っておりました。

息を吸って吐く時、この潮吹きがあがるので霧状のモコモコが
浮上している間何度も上がります。

IMG_5254.jpg

7分前後、呼吸を整えると最後尾びれをあげて一気に潜水。
深海の真っ暗な海へマッコウクジラは潜っていきます。

IMG_5392.jpg
奥に見えるのは北方領土・国後島

そして真っ暗な海の中、目が使えないため自分で音を発して
その反響を使い、物との距離を測ったり、餌を探したりしています。
1度潜ると約40分潜水し、何Kmも移動し息が苦しくなったらまた浮上します。

DSC_5096.jpg

沖に出ると風を受け、ひんやりとしておりましたが
本日は気温もあがり沖に出ても暖かく感じましたね♪
知床連山も北方領土・国後島もスッキリと見え近く感じました。

ツチクジラの動画を知床ネイチャークルーズfacebookにアップしましたので
ぜひ、ご覧ください。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3186)


posted by e-shiretoko at 17:25| Comment(0) | 日記