2018年09月12日

秋晴れのクルーズ


今朝、朝焼けが綺麗だったので日の出を撮影。
そのまま帰ろうと思ったのですが、まっすぐクジラの見える丘公園へ
行ってみることに…

5時前、日の出とともに長崎大学のマッコウクジラ調査チームも目視調査開始です!
今朝は冷え込み、またソヨソヨと吹き続ける風がまた一段と体を冷やしました。
大木はいつも車から観察しているのですが、それでも手がかじかんだので
長崎大学の学生たちは大変だったことと思います、いつもありがとうございます。

IMG_8545.jpg

久しぶりに1時間以上沖を観察しましたが、本日の羅臼沖
早朝はとても賑わっておりましたね^^
イシイルカも多数確認でき、ツチクジラも群れが2グループ以上
マッコウクジラも次々浮上しており、これは長崎大学のデータ記録も
大変だろうなぁ…(汗)と思いながら私は沖観察を満喫。
ツチクジラは10頭ほどの群れが2グループ長いこと浮上、
全身を出してジャンプを連発しておりました!!
こちらは北方領土・国後島最高峰のチャチャ岳、画面左下に
ジャンプをしているツチクジラを見つけられますか?

IMG_8587.jpg

全長は約10mもある大型のクジラです。
何度もジャンプをしており、1人大興奮でした。
潮吹きもピンク色に染まり、とても綺麗でしたね〜。

マッコウクジラも次々浮上していたのですが、
本日は潮吹きの間隔や浮上が不規則な個体が多い印象で
もしかしたら寝ていたのかもしれませんね!?
今朝のマッコウクジラたちは、お寝坊さん?の個体が多かったようです(笑)

朝はうねりもなくなり、波もそれほど目立ちませんでしたが…
出航時には少しずつ沖は波が出てきたようです。
多少波がありましたが、2便運航となりました!

出航してわりと陸近い所で、早速浮上したのはマッコウクジラでした^^
陸がとても近いのがわかりますよね。

IMG_8757.jpg

根室海峡、羅臼沖は独特な地形をしており港を出て5分も走ると
水深が一気に700m近くまで落ち込んでおり、陸近い所でも
深海性のイカなどを食べるマッコウクジラたちが餌の捕りやすい環境が
整っているんです。

お天気はとてもよく、雲もなく清々しい秋晴れ♪
気持ちのいい青空が広がっておりましたね!!

DSC_4952.jpg

午前便は順調にマッコウクジラをそばで2頭観察することが出来ました。
お天気が良いものの、徐々に波が高くなってきたため早めの帰港となりました。

海鳥はウトウ、ミズナギドリ類、ミツユビカモメ
こちらのトウゾクカモメなどが見られました!

IMG_8804.jpg

午後便に関しては、出航してイシイルカとの出会い。
ココ…にしぶきがあがっておりますが、これがイシイルカです。

IMG_8993.jpg

白波も目立っていたため、お客様は見つけることが難しいようでしたが
イシイルカは普段から体をあまり海面に出さずに泳ぐので
白波なのかしぶきなのかわかりづらい時がありますね。
活発に泳ぐとしぶきが目立つので、お客様も目が慣れるとしっかり
見つけられておりました。

マッコウクジラは複数頭確認するも遠くでの浮上となり
なかなかタイミングが合いませんでしたが、最後の最後…
苦戦しながらそばで観察することが出来ました^^

IMG_9037.jpg

たか〜くあがる潮吹き、青い海に豪快に上がる潮吹きが
目立っておりましたね。

IMG_9125.jpg

北方領土・国後島は空気も澄んでいたので、端から端まですっきりと
見えておりました。
1時間近く潜水するマッコウクジラは息が苦しくなり浮上、
7分前後呼吸を整えます。

IMG_9143.jpg

最後は尾びれをあげて一気に潜水します。
午後便は待ちに待ってなんとかそばでゆっくりと観察することが出来ました。
波を心配しておりましたが、波は徐々に落ち着いていきました。

帰りにはツチクジラの群れを2つ確認し、そばに浮上したツチクジラを
観察することが出来ました^^

IMG_9211.jpg

潮吹きと背中がしっかり観察できましたが、その後尾びれで海面を
叩く様子も見られました。

IMG_9296.jpg

知床連山もとても綺麗で、景色も楽しみながら
秋田のレクチャーも皆さんしっかり聞いてくださいました♪

DSC_4959.jpg

日差しが強く沖で漂っている時は、暑く感じる時もありましたが
走っている時は風がとても冷たく感じました。
沖に出ると体感温度も下がりますので、十分に暖かい格好でご乗船ください。
本日は道内氷点下になった場所もありました、沖から見る知床連山も
すっかり秋の景色です。

明日も2便運航予定です、条件よく出航出来ますように☆


(3177)

posted by e-shiretoko at 20:05| Comment(0) | 日記