2018年07月14日

マッコウクジラ次々浮上!


本日は3便運航となりました。
早朝は濃霧で視界が悪かったため、沖観察ができなかったのですが
沖はわりと凪のいい状態のようです。
1便目出航時には視界も開けていきましたね^^

DSC_3699.jpg

1便目、まず私たちの前に現れたのは…
全身を出して豪快にジャンプ、ツチクジラです。

IMG_4146.jpg
サケじゃないよ!!

少し遠かったのですが、十何連発!?ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ!!
ツチクジラは羅臼沖でなかなか出遭えないクジラで、ジャンプのシーンには
滅多に出遭えません。

どんなクジラかというと、全長は10m〜12mの大型のクジラで
吻先が長く、体のラインは水族館などで飼育されている
『ハンドウイルカ』に似た形をしています。

DSC_3705.jpg

本日は3便、イシイルカに出遭うことができましたね。
沢山出遭うことができ、ゆっくり泳ぐ姿に船と並んで一緒に泳いでくれたり
海も穏やかでお客様もよく見つけて下さいました^^

IMG_4196.jpg

お腹が白く背中が黒く、そばで見るとお客さまからは『シャチ!?』の声が。
シャチと同じ白黒ボディーです。

沖に出ると、フルマカモメが目立ちましたね。
こちらはフルマカモメの暗色型と白色型。

IMG_4216.jpg

本日は白色型があちこちで見られました。
その他、ウトウ、アカエリヒレアシシギ、コシジロウミツバメ
カンムリウミスズメ、クロアシアホウドリ、ミズナギドリ類など。

視界もお天気もどんどんよくなり、ゆっくり鯨類を探していると
本船のすぐそばにゆっくりとミンククジラが浮上しました。
もう一度浮上を待っていると…
急に高速で泳ぎだしたミンククジラ!

IMG_4264.jpg

しぶきをあげ豪快に泳いでおりました。
遠くから見ると大きなイシイルカがしぶきをあげ泳いでいるようです(笑)

その後、他船からマッコウクジラの情報が入ってきました。
ありがとうございます。
ポイントに向かい次々浮上するも、日露中間地点よりも国後島側での
浮上が続きました…
しかし、最後の最後で船のそばでマッコウクジラが浮上し
ゆっくりと観察することが出来ましたね^^
最後は高く尾びれをあげて豪快ダイブ!!!

IMG_4369.jpg

2便目もマッコウクジラはあちらこちらで浮上。
マッコウクジラは浮上時間が短いため、私たちもマッコウクジラに出遭える
時間が限られます。
1便目は国後島側の浮上が多かったのですが、2便目は羅臼側でも複数頭観察できました。
1頭マッコウクジラを見つけ観察していると、そばにもう1頭浮上!
こちら2頭写っています。

IMG_4497.jpg

何度も潮吹きがあがり呼吸を整えます。
ココにマッコウクジラが写っています。

DSC_3706.jpg

マッコウクジラは、約40分程潜水、移動しながら息が苦しくなり浮上。
浮上すると呼吸を整えるのに7分前後、プカプカ浮き息を吐く時に
潮吹きがあがります。

IMG_4553.jpg
向かって左側が頭の先、右の三角の黒い部分が背ビレ

呼吸を整えると、尾ビレをあげて一気に潜水します。
尾ビレが上がる瞬間は一度きり、ダイブしていくとまた約40分
その個体とは出遭うことができません。

本日は気温も上がり夏を感じさせる羅臼沖、いつもなら海上はとても寒いので
どんどんお客様は船室へ入って行くのですが…
本日は外で最後まで頑張って下さったお客様も多かったですね。

DSC_3712.jpg

3便目は少し風波が出てきましたが、無事出航!
イシイルカに出遭うことができ、大木の周りにいた子どもたちも
しっかり観察していましたね^^

IMG_4208.jpg

高速で泳ぎ、海面からはほとんど体を出さずに泳ぎます。
こちらのイシイルカは水族館で飼育されていない為、海に出てこないと
出遭えないイルカなんです。

マッコウクジラを発見するも、遠くでの浮上で間に合わず
潜ってしまいました。

その後、ハシボソミズナギドリの大群を発見し観察できました。

DSC_3717.jpg

何羽いるかわかりません、辺りは一面真っ黒に!
そして珍しく捕食のシーンも観察することができましたね^^

IMG_4644.jpg

本日はわりと暖かい1日…と思っていましたが
3便目は風が出てくると、一気に体が冷えましたね(汗)
皆さんお疲れ様でした。
マッコウクジラは本日6頭以上いたと思われます。
これからシャチの遭遇率が低くなってくると、入れ替わるようにマッコウクジラの
遭遇率が高くなってくる時期です。
夏をじわじわと感じつつ、沖に出ると寒く感じるので暖かい格好でご乗船ください。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3120)


posted by e-shiretoko at 21:31| Comment(0) | 日記