2018年07月18日

波の中でも豪快、活発に!


本日もお天気がよく、青空と青く色濃い海が眩しい!!
沖は多少波があるようでしたが、2便出航することができました。
晴れていると海の状態も良い!というわけではありません…(汗)
一見穏やかそうに見えますが、沖に出ると徐々に白波が目立ちました。

DSC_3783.jpg

多少波がある中ではありましたが、本日は2便共にイシイルカに
出遭うことができましたね^^
少しでも波があると、あまり海面に体を出さずに泳ぐイシイルカを
見つけるのが難しくなるのですが…

IMG_5262.jpg

一度見てイメージがつくと、お客様も目が慣れ一緒に見つけて下さいました。

ハシボソミズナギドリの群れは全体的に少なく感じましたが、潮目にはフルマカモメが沢山、
こちらのトウゾクカモメも観察できました。
トウゾクカモメが目立ち始めると、夏を感じますね♪

IMG_5203.jpg

イシイルカを観察していると本船の目の前をクロアシアホウドリが
スイ〜っと通過!!羽を広げると2m近くとても大きいですね。

IMG_5240.jpg

その他、ウトウ、アカエリヒレアシシギ、フルマカモメ(暗色型・白色型)
などが見られました。
鳥好きのお客様もご乗船されており、色々お話ししました。

午前便、帰港時には日本に2隻しかない砕氷型の巡視船『てしお』が
パトロールのため出港です。

IMG_5267.jpg

もう1隻は釧路に『そうや』という砕氷型の巡視船が配属されています。
羅臼に1隻配属されているのは、厳冬期根室海峡にも流氷が入ってきますが
その中でスケソウダラ漁が行われているからです。

午後便は午前便よりも白波の範囲が広がってきたので、波が低いところを
他船と手分けして生き物を探していきました。

太陽の日差しが強く、イシイルカに出遭うとその活発に泳いだ時に
あがる水しぶきに綺麗な虹がかかっておりましたね♪
写真にはうまく写らなかったのですが…(汗)

IMG_5436.jpg

海面すれすれを高速で泳ぐと、その動きが透けて見え迫力がありました。
速い時は時速55kmほどで泳ぐことができます。
またゆっくりと泳ぐ際には、このようにポコポコ背中が見られます。
白黒ボディーのイシイルカ、よく見ると背ビレは白いです^^
こちらの個体は背ビレの後ろがかけていたので、個体識別出来るかも!?

IMG_5394.jpg

お客様から今見たイルカは『ハンドウイルカですか?』と質問されましたが
水族館などでよく見られるハンドウイルカではなく、イシイルカは水族館で
飼育されていないため、野生でしか出遭えません^^

スタッフ秋田が本日出遭った生き物などについてレクチャー。
本日は北寄りの風で沖は風を受けるととても寒かったですね(汗)
多少波がある中ではありましたが…外で頑張って下さった方も多かったです。

DSC_3787.jpg

船酔いされた方もいらっしゃいましたが、皆さん大変お疲れ様でした!
羅臼は真夏でも気温は20度前後、沖合に出ると風を受け体感温度が下がります。
十分に暖かい格好でご乗船下さい。
船には貸し出しのレインウェアもございますので、ご乗船の際はご利用下さい。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


イベントのお知らせです。
今週末7月20(金)〜22日(日)までの3日間。
(11:00〜16:00 ※22日は14:00まで)
知床ネイチャークルーズ事務所前が歩行者天国になり
今年も『しれとこ羅臼こんぶフェスタ』を開催いたします!

DSC_0170.JPG

今回も新たな企画目白押しです!
・らうすこんぶカレー企画(各飲食店で試行錯誤されたカレーが味わえます)
・番屋見学ツアー
・カフェめぐり などなど…

詳細はFacebookをご覧ください。
観光で羅臼にお越し頂いた方も地元の方も、ぜひぜひお立ち寄りください♪


(3124)


posted by e-shiretoko at 19:11| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

気温も上がり夏日!?


今朝、クジラの見える丘公園から沖を観察すると
沖は波があるようでした。

DSC_3770.jpg

本日は2便運航予定でしたが、午後便は出航間際に急きょ高波強風のため
欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。

午前便は多少波がありましたが、早朝よりも沖は波が落ち着いてきたとの
情報もあり、出航できることができました。
お天気がよく、目の前には北方領土・国後島も見えましたね。
沖に出るとハシボソミズナギドリの群れに出遭えました。

IMG_5089.jpg

海面にキラキラと綺麗でしたね。
その他、海鳥はこちらのアカエリヒレアシシギ

IMG_5142.jpg

こちらはハイイロヒレアシシギ

IMG_5106.jpg
後ろからですみません(汗)

フルマカモメ、トウゾクカモメ、カンムリウミスズメなども見られました。
海鳥にも興味を持ってくださるお客様もいらっしゃいましたね。

鯨類は、こちらのイシイルカに出遭うことができました。
姿をうまくとらえられなかったのですが…(汗)
海面からあまり体を出さず、水を切るように高速で泳げるイルカで
水族館では飼育されていないイルカです。
体長は実際に見ると小さく感じるかもしれませんが、約2mあります。

IMG_5068.jpg

お天気がよく、外にいらっしゃる方も多かったですね。
沖は多少波風があったため、皆さんレインウェアを着て頑張って下さいました。

DSC_3775.jpg

チャーターにて出航していた他船からは、日露中間地点よりも国後島側遠くにシャチを
発見したとの情報もありました。

多少波がある中、皆さん大変お疲れ様でした。
明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


イベントのお知らせです。
今週末7月20(金)〜22日(日)までの3日間。
(11:00〜16:00 ※22日は14:00まで)
知床ネイチャークルーズ事務所前が歩行者天国になり
今年も『しれとこ羅臼こんぶフェスタ』を開催いたします!

DSC_0170.JPG

詳細はFacebookをご覧ください。

今回も新たな企画目白押しです!
・らうすこんぶカレー企画(各飲食店で試行錯誤されたカレーが味わえます)
・番屋見学ツアー
・カフェめぐり などなど…

観光で羅臼にお越し頂いた方も地元の方も、ぜひぜひお立ち寄りください♪


(3123)


posted by e-shiretoko at 21:18| Comment(0) | 日記

2018年07月16日

お久しぶりの太陽!


本日は2便出航となりました。
朝はまた濃霧で丘からの観察は出来ませんでしたが…
午前便、沖に出ていくと次第に視界が開けていきましたね。

DSC_3745.jpg

北寄りの風が吹き、霧の中を走るとさらに寒く感じましたね。
途中から景色は一変、綺麗に見えた青い空、青い海。
霧が晴れてきたところでマッコウクジラを発見するも、ちょうど潜水してしまい…

DSC_3756.jpg

他船と手分けしてマッコウクジラの浮上を待ち、何とかマッコウクジラを
観察することができましたね。

マッコウクジラを見つけるポイントはやはり高くあがるこの潮吹き。
息を吐く時に潮吹きが上がります。
呼吸を繰り返し、その後潜水の準備ができると…

IMG_4966.jpg

このように尾びれをあげ、一気に深海へ潜っていくマッコウクジラ。
約40分後、水中を移動して浮上してきます。

IMG_4903.jpg

マッコウクジラは少なくとも6頭以上いましたね。
北寄りの風が吹き、寒く感じましたが日差しが強い分暖かく感じましたね。
外にいらっしゃる方も多かったです。

DSC_3763.jpg

スタッフの秋田が説明しているはイシイルカ。
わりと寒い地域で出遭えるタイプのイルカで、羅臼ではよく見られるイルカです。
しかし水族館では飼育されておりません。

午前便、帰港すると防波堤にはオジロワシの姿が。
羽を広げると約2m、国の天然記念物で羅臼の町の鳥に指定されております。
飛んだ時にわかりやすいのですが、尾羽が白いため『オジロワシ』です。

IMG_5006.jpg

奥に見えているのは、北方領土・国後島の『らうす山』
とても近く、また大きな島です。

海鳥は、ハシボソミズナギドリの群れ、ウトウ、フルマカモメ、フルマカモメ(白色型)
ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギなどが見られましたね。

午後便は他船と3隻で団体様を乗せ出航しました。
出航してすぐにクジラの潮吹きを発見しましたが…
向かっている最中に潜ってしまったので、種類はわかりませんでした(汗)

本日は2便共に沢山のイシイルカに出遭うことができましたね。
矢印をつけたところ、しぶきを上げているのがイシイルカです。

DSC_3767.jpg

ゆっくり泳ぐ姿やしぶきをあげ泳ぐ姿など、とても美しいです。
お天気も良かったので、水中を泳ぐ姿もよく見えましたね。

IMG_5062.jpg

午後便は多少風、波が出てきたため早めの帰港となりました。
沖に出ると風を受け、冷えましたね…
船には貸し出しのレインウェアもございますので、ご乗船の際はご使用ください。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3122)


posted by e-shiretoko at 18:00| Comment(4) | 日記

2018年07月15日

雨降る中でも出会いあり


本日は朝から雨が降り続きましたが…
無事2便共に出航することができました。

お天気は悪かったのですが、午前便出航しすぐにイシイルカと
出遭うことができました。
また他船からはマッコウクジラの情報も入ってきましたね。
残念ながらタイミングが合わず、本船からは確認できなかったのですが
次の浮上を他船と待ってみることに。
停船していると、船のそばに集まってくるのはフルマカモメたち。

IMG_4766.jpg

漁船のおこぼれなどを狙って船に集まってきます。
足で一生懸命水をかいて進んでいる姿が可愛らしいんです♪
その他、海鳥は、ミズナギドリ類も多く見られ、
午前便はハシボソミズナギドリの捕食シーンも観察できましたね。
ウトウ、アカエリヒレアシシギ、フルマカモメ、フルマカモメ(白色型)
コシジロウミツバメなどが観察できました。

一度潜ると約40分潜水しているマッコウクジラ。
雨が降り視界も悪かったのですが、視界が開けている所
わりと近くに浮上しました!

DSC_3731.jpg

浮上すると7分前後潮吹きがあがり、呼吸を整えます。
息を吐く時にぶっしゅーとこのように潮吹きがあがります。

IMG_4789.jpg

そして、準備ができると尾びれをあげて一気に潜水していきます。
高々と尾びれをあげて潜っていきました。

IMG_4795.jpg

ナミナミした尾びれの形、特徴的なマッコウクジラですね。
根室海峡にやってくるシャチに関しては、背びれと背びれの後ろにある
サドルパッチと言う模様の左側面で識別をし
マッコウクジラに関しては、真後ろから撮影した尾びれの形で
識別をしています。

IMG_4809.jpg

午後便はさらに雨が強くなり…(汗)
午前便よりも少し風と波が出てきましたが
本日は2便共にイシイルカに出遭うことができましたよ^^

ゆっくり泳ぐ時は、ポコポコ黒い背中が見えますが
活発に泳ぐ時は、独特なしぶきが上がります!

DSC_3737.jpg

体を海面にあまり出さずに泳ぐイルカなので、写真に収めるのも
難しいんです…(汗)
しぶきばかりが目立っていますが…イシイルカです。

IMG_4762.jpg

実際は、お腹が白く背中が黒いツートンカラーのイルカです。
はじめ白波とイシイルカのしぶきの見分け方が難しかったかもしれませんが
徐々に目が慣れお客様も見つけてくださいました♪

ずっと雨が降り続き、風を受けるとさらに体感温度は下がります。
皆さんとても寒い中でのご乗船、大変お疲れ様でした!!
風邪などひかれませんように。

お天気が悪いと、生き物が出てこないの?との質問をよく聞きますが
海で生活している彼らにとっては、雨が降っても全く関係ありません^^
明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3121)

posted by e-shiretoko at 17:00| Comment(0) | 日記

2018年07月14日

マッコウクジラ次々浮上!


本日は3便運航となりました。
早朝は濃霧で視界が悪かったため、沖観察ができなかったのですが
沖はわりと凪のいい状態のようです。
1便目出航時には視界も開けていきましたね^^

DSC_3699.jpg

1便目、まず私たちの前に現れたのは…
全身を出して豪快にジャンプ、ツチクジラです。

IMG_4146.jpg
サケじゃないよ!!

少し遠かったのですが、十何連発!?ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ!!
ツチクジラは羅臼沖でなかなか出遭えないクジラで、ジャンプのシーンには
滅多に出遭えません。

どんなクジラかというと、全長は10m〜12mの大型のクジラで
吻先が長く、体のラインは水族館などで飼育されている
『ハンドウイルカ』に似た形をしています。

DSC_3705.jpg

本日は3便、イシイルカに出遭うことができましたね。
沢山出遭うことができ、ゆっくり泳ぐ姿に船と並んで一緒に泳いでくれたり
海も穏やかでお客様もよく見つけて下さいました^^

IMG_4196.jpg

お腹が白く背中が黒く、そばで見るとお客さまからは『シャチ!?』の声が。
シャチと同じ白黒ボディーです。

沖に出ると、フルマカモメが目立ちましたね。
こちらはフルマカモメの暗色型と白色型。

IMG_4216.jpg

本日は白色型があちこちで見られました。
その他、ウトウ、アカエリヒレアシシギ、コシジロウミツバメ
カンムリウミスズメ、クロアシアホウドリ、ミズナギドリ類など。

視界もお天気もどんどんよくなり、ゆっくり鯨類を探していると
本船のすぐそばにゆっくりとミンククジラが浮上しました。
もう一度浮上を待っていると…
急に高速で泳ぎだしたミンククジラ!

IMG_4264.jpg

しぶきをあげ豪快に泳いでおりました。
遠くから見ると大きなイシイルカがしぶきをあげ泳いでいるようです(笑)

その後、他船からマッコウクジラの情報が入ってきました。
ありがとうございます。
ポイントに向かい次々浮上するも、日露中間地点よりも国後島側での
浮上が続きました…
しかし、最後の最後で船のそばでマッコウクジラが浮上し
ゆっくりと観察することが出来ましたね^^
最後は高く尾びれをあげて豪快ダイブ!!!

IMG_4369.jpg

2便目もマッコウクジラはあちらこちらで浮上。
マッコウクジラは浮上時間が短いため、私たちもマッコウクジラに出遭える
時間が限られます。
1便目は国後島側の浮上が多かったのですが、2便目は羅臼側でも複数頭観察できました。
1頭マッコウクジラを見つけ観察していると、そばにもう1頭浮上!
こちら2頭写っています。

IMG_4497.jpg

何度も潮吹きがあがり呼吸を整えます。
ココにマッコウクジラが写っています。

DSC_3706.jpg

マッコウクジラは、約40分程潜水、移動しながら息が苦しくなり浮上。
浮上すると呼吸を整えるのに7分前後、プカプカ浮き息を吐く時に
潮吹きがあがります。

IMG_4553.jpg
向かって左側が頭の先、右の三角の黒い部分が背ビレ

呼吸を整えると、尾ビレをあげて一気に潜水します。
尾ビレが上がる瞬間は一度きり、ダイブしていくとまた約40分
その個体とは出遭うことができません。

本日は気温も上がり夏を感じさせる羅臼沖、いつもなら海上はとても寒いので
どんどんお客様は船室へ入って行くのですが…
本日は外で最後まで頑張って下さったお客様も多かったですね。

DSC_3712.jpg

3便目は少し風波が出てきましたが、無事出航!
イシイルカに出遭うことができ、大木の周りにいた子どもたちも
しっかり観察していましたね^^

IMG_4208.jpg

高速で泳ぎ、海面からはほとんど体を出さずに泳ぎます。
こちらのイシイルカは水族館で飼育されていない為、海に出てこないと
出遭えないイルカなんです。

マッコウクジラを発見するも、遠くでの浮上で間に合わず
潜ってしまいました。

その後、ハシボソミズナギドリの大群を発見し観察できました。

DSC_3717.jpg

何羽いるかわかりません、辺りは一面真っ黒に!
そして珍しく捕食のシーンも観察することができましたね^^

IMG_4644.jpg

本日はわりと暖かい1日…と思っていましたが
3便目は風が出てくると、一気に体が冷えましたね(汗)
皆さんお疲れ様でした。
マッコウクジラは本日6頭以上いたと思われます。
これからシャチの遭遇率が低くなってくると、入れ替わるようにマッコウクジラの
遭遇率が高くなってくる時期です。
夏をじわじわと感じつつ、沖に出ると寒く感じるので暖かい格好でご乗船ください。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3120)


posted by e-shiretoko at 21:31| Comment(0) | 日記

2018年07月13日

港前に集合!?


今朝は起きると濃霧、しかし沖は凪が良いようでしたね。
クジラの見える丘公園から沖観察は出来ませんでしたが…
本日は2便とても穏やかな中、出航することができました^^

沖に出ると徐々に霧が晴れ、視界も徐々に回復していきました!
他船からの情報が入り、午前便はナガスクジラに出遭うことができましたよ♪

IMG_3402.jpg

少し小さめの個体で潮吹きは目立ちませんでしたが、呼吸をする時に
ゆっくりと浮上するのでその際になが〜い背中が見えます。
大きいものでは約20m、本船よりも大きいです。

海鳥も多く見られ、鳥好きのお客様も多く楽しまれていたようです。
ハシボソミズナギドリは本日もあちこちに大きな群れが見られ
また、カンムリウミスズメもあちこちで目につきました!
こちらの5羽は、船のそばでゆっくり観察することができましたよ^^

IMG_3523.jpg

白色型のフルマカモメもそばで観察できました。

IMG_3431.jpg

その他、ウトウ、ミツユビカモメ、アカエリヒレアシシギ、ハイイロヒレアシシギ
ハイイロウミツバメなどが見られました。

べた凪の海、秋田が出遭えた鯨類の話をしていると
帰港途中にまた次々と鯨類が見つかり…(笑)

DSC_0190.jpg

活発に泳ぐイシイルカに出遭えました。
しぶきをあげ、水を切るように泳ぐイシイルカ。
本日は凪がよく、お腹が白く背中が黒いツートンカラーも
確認できたと思います。

IMG_3632.jpg

その後、なんと港前でシャチの情報が他船から入りました。
計3頭確認することができ、とても大きなオスシャチが悠々と
船のそばを泳いで行きましたね^^
陸にこれだけ近い所でもシャチに出遭えることがあります。

IMG_3756.jpg

ぶっしゅーと迫力ある呼吸音と潮吹きがあがり、
全長は大きいもので約8m、背ビレだけでも約2mあります。
こちらは常連のオスのシャチです^^

IMG_3787.jpg

シャチを観察した後は、こちらもまたまた港前サケの定置網そばで
カマイルカとの出遭い!!
奥に見えているのは二階建て漁港です。

IMG_3853.jpg

草刈り鎌の形に背ビレが似ていることから『カマイルカ』
水族館ではよく飼育されているイルカです。
イシイルカとは泳ぎ方が異なり、海面から体を出してぴょんぴょん
跳びはねて泳ぐことが多いです。
こちらは、他社の船の前で一斉に大ジャンプっ!?

IMG_3819.jpg

50頭以上はいたと思われます。
港のそばで次々とイルカ・クジラ類に出遭えるとは、とてもラッキーでした☆

また午後便は、チャーターにて出航していた他船からシャチの情報をもらい
まっすぐポイントへ向かいました。
ゆっくりとシャチを観察することができましたね^^

DSC_0201.jpg

午前便は発見できなかった個体も含む7頭のシャチファミリー。

IMG_4044.jpg

船に寄ってきては、よく観察されました。
尾びれをあげてばしゃばしゃとじゃれていたり
子シャチは勢いよくジャーンプっ!!!

IMG_4052.jpg

どんな子どもも無邪気で好奇心が旺盛で遊び好き^^
人もシャチも一緒です。

IMG_3991.jpg

シャチの家族たちの雰囲気は、その群れでそれぞれ違います。
家族によって性格が異なるので、フレンドリーなシャチたちもいれば
ツンツンシャチもいるんですよ^^

また帰港間際にまたカマイルカの群れを発見し、観察して帰港しました。

IMG_4109.jpg

逆光の中、とても美しかったですね。
本日は少し青空も見られましたが、どんよりなお天気でした。
出航できるかどうかは、お天気はあまり関係なく風波が影響します。
凪良く、沢山の出会いがあり素敵なクルーズでした♪

知床ネイチャークルーズfacebookには、ブログとは違った画像や
映像をアップしております!ぜひご覧ください。
明日は3便運航予定です、沢山の出会いがありますように☆


(3119)


posted by e-shiretoko at 19:01| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

港前もミズナギドリの群れ


今朝はクジラの見える丘公園から沖を観察すると、海がとても穏やかに見えました。
30分程観察すると、どんどん霧が迫ってきて辺りは真っ白に…(汗)
視界も悪くなり出勤しました。

本日は凪のいい中、2便運航となりました。
出航してすぐにイシイルカに出遭うことができましたね!
他船からはカマイルカの情報です!ありがとうございます。
十数頭の群れを観察することができました。

IMG_3111.jpg

背ビレの形が、鎌の形に似ていることがから『カマイルカ』と
名付けられたといわれています。
羅臼沖ではあまり出遭えないイルカですが、水族館ではよく飼育されているイルカです。

午前便はちょっと遠くて見つけづらかったと思いますが、
スーッと海面に背中を出している、こちらのミンククジラが見られました。

IMG_3159.jpg
ココにミンククジラが写っています

少し小さな個体だったので、背中がチラッと見え
ミンククジラは潮吹きがほとんど目立たない為、見つける時は背中を探します。

どんより曇り空、沖に出ると風を受け体感温度が下がりますが
皆さんレインウェアを着て頑張って下さいましたね^^
しっかり秋田の解説も聞いて下さいました。

DSC_0180.jpg

午前便帰港時、防波堤にはオジロワシの姿が。

IMG_3208.jpg

羽を広げると約2m、国の天然記念物であり羅臼の町鳥にも指定されております。

本日は2便共にイシイルカに出遭うことができましたね。
高速で泳ぐ際には、水を切るように泳ぐのでこのような独特なしぶきが上がります。

IMG_3242.jpg

またゆっくりと泳ぐ際には、このようにポコポコ背ビレを探します。

IMG_3227.jpg

午後便はハシボソミズナギドリの大群に出遭うことができましたね^^

IMG_3367.jpg

また、運よく捕食のシーンを観察することができました。
ミズナギドリたちはオキアミなどのプランクトン類を食べます。
空中を飛び回り、餌を捕る時は一気に水中へダイブ。
本日は港周辺、鮭の定置網そばまでミズナギドリの群れが見られました!

その他、海鳥はミツユビカモメ、ウトウ、フルマカモメ、フルマカモメ(白色型)
アカエリヒレアシシギ、コシジロウミツバメなどが見られました。

午後便は鏡のような海に、視界も徐々に回復していきましたね。

DSC_0184.jpg

わりと穏やかな中、2便共に出航出来て良かったです。
知床岬方面ではチャーターにて出航していた他船から
シャチの情報がありましたが、現場が遠く向かうことができず…

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように♪


話変わって…
以前ブログにて、羅臼町の少年野球チーム『キラーホエールズ』全道大会出場の
お話をさせて頂きましたが…いよいよ明日から
『第39回スタルヒン杯争奪全道スポーツ少年団軟式野球交流大会』のため旭川へ!!
昨夕はなんと、監督のユウキくん率いる『キラーホエールズ』の皆さんが
事務所へ来られて、素敵な色紙と試合へ対する意気込みを聞かせてくれました!
ありがとうございました☆

DSC_0172.jpg
キラーホエールズの皆さんと…長谷川船長はどこでしょ〜??

悔いなく、いつもの練習の成果を出しきってきてほしいですね^^
みんながんばれー!!!


(3118)


posted by e-shiretoko at 18:00| Comment(2) | 日記

2018年07月11日

落ち着いていく海


本日は2便予定でおりましたが、朝は強雨、沖は波があるようで
午前便は悪天候と高波のため欠航となりました。
ご予約頂きましたお客様、申し訳ございません。
朝は視界が悪く、白波も目立っておりました…(汗)

DSC_0163.jpg

午後便は少しずつ、波風も落ち着いてきたので出航☆
本日は鳥好きのお客様もいらっしゃったので、沢山の海鳥が見られてよかったです。
こちらはハシボソミズナギドリの群れ、あちこちに見られましたね!

IMG_3073.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島

こちらのフルマカモメの白色型。

IMG_3013.jpg
2羽写っています

ハイイロウミツバメも見られました。

IMG_2981.jpg

その他、ウトウ、ミツユビカモメ、ウミスズメなども発見。

視界は徐々に回復していったので、水平線遠くに潮吹きがたか〜くあがりました。
そばで見るととても大きいクジラ、ナガスクジラでした!!
全長は約20m、本船よりも大きいクジラなんです。
潮吹きが高くあがり、その時の呼吸音は迫力がありましたね^^

IMG_2858.jpg
羅臼の町が見えています!

帰港途中は、イシイルカにも出遭うことができました。
高速で泳ぐ時は、しぶきがまい水を切るように泳ぐイシイルカ、
体はほとんど海面に出てきません。

IMG_3043.jpg

午後便出航時には雨も上がり、後半は青空も見えてきました^^
とても幻想的な景色が広がっておりました!

DSC_0166.jpg

多少波がありましたが、皆さんレインウェアを着て外にいらっしゃる方も
多かったですね!寒い中お疲れ様でした。

よくお客様から『ランチで美味しい海鮮物を食べたい!』と聞かれますが
やはり今が旬のトキシラズや羅臼と言えばホッケなどがオススメ!
羅臼の食堂で頂けますよ〜。

また、お寿司であれば『いさみ寿司』さん。

DSC_1407_1.JPG

地元のオススメをいただくなら、こちらの知床にぎりは外せません^^

DSC_1406_1.JPG

キンキ、オヒョウ、マスノスケ、ツブ貝など。
ランチは火曜日と水曜日が定休日となっているそうです。
夜も営業しております。
羅臼お越しの際は、ぜひ美味しい海の幸をご賞味ください。
お寿司の画像を見ていたら、もの凄く食べたくなってきました…(汗)

明日は2便出航予定です、条件よく出航できますように☆


(3117)


posted by e-shiretoko at 17:19| Comment(2) | 日記

2018年07月10日

1日で6種の鯨類!?


本日は凪の良い中、2便運航となりました。
早朝便の出航があった他船からは沖にザトウクジラの情報
そして漁師さんからはカマイルカの大群!?の情報も。
その情報を頼りにいざ、午前便出航すると港そばすぐにカマイルカを発見。

IMG_1604.jpg

ゆっくりと泳ぎ、頭数を見ると大群…という数ではなく複数頭の群れ。
ゆったりしていたので少しだけ観察しその場を離れました。

その後、沖にザトウクジラを発見しました!
ザトウクジラの独特な背ビレと小さな潮吹きが何となくあがっていました。
こちらが本日そばで観察できたザトウクジラ。
とても小さな個体で、ミンククジラよりも小さく感じましたね。

IMG_1705.jpg

深い潜水に入る時は、背中がぐっとあがり大人のザトウクジラであれば
尾びれが上がるのですが…

IMG_1712.jpg

この小さな個体は、このまま尾びれが上げず潜っていきます。

そしてザトウクジラのそばには複数頭のミンククジラの姿も♪
ミンククジラは潮吹きが普段から目立たず、この背中が見つけるポイントです。

IMG_1633.jpg
奥に見えているのは北方領土・国後島

凪がとても良かったので、ミンククジラも目立ちましたね。
お客様もどんどん目が慣れ、次々見つけて下さいました!

その後、出遭えたクジラはさらに大きなナガスクジラです。
最近はまたナガスクジラが確認できておりますね。

DSC_0132.jpg

クジラの仲間では、シロナガスクジラが一番大きく全長は約30m。
次いで大きいのがこのナガスクジラ、全長は約20mです!!
見え方としてはミンククジラと同じように見えますが、
この大きさ、そして潮吹きが見つけるポイントになりますね。

IMG_1860.jpg

ゆったりとしており、そばでしっかり観察することができましたよ。

本日は海鳥が好きなお客様もいらっしゃったので、沢山海鳥も見られてよかったです。
ハシボソミズナギドリの群れをはじめ、ウトウ、フルマカモメ、フルマカモメ(白色型)
こちらのアカエリヒレアシシギも多く見られました。

IMG_1570.jpg

そして午後便に関しては『出航しま〜す』と案内をしている時
港内から沖に違和感たっぷりの帯状に波立った何か…
双眼鏡をのぞくとなんとカマイルカの大群でしたっ!!!!

IMG_1899.jpg

凄すぎてゾワゾワゾワっ!!と鳥肌が立ちましたね。
今ブログを書きながらも、その時の事を思い出すと鳥肌が立ちます(笑)
港前、たっくさんのカマイルカに囲まれて…

DSC_0136.jpg

どんどん青空も広がっていき、水中を泳ぐカマイルカが綺麗に
見えておりましたね♪

IMG_2031.jpg

とりあえず見渡す限り、カマカマカマカマカマ…カマイルカだらけ(汗)
朝連絡をくれた漁師さんが言っていたのは、これだったのか…これはもの凄い大群です。
大木もこんな光景、羅臼で初めて見ましたね。
ざっと見ただけでも200頭〜300頭ほどのカマイルカの群れでした。

カマイルカを堪能して、忘れ気味となっておりましたが…
チャーターにて出航していた他船からはシャチの情報が入っていたのです!!
ありがとうございます。
カマイルカが名残惜しい中、次はシャチのポイントへ。

IMG_2215.jpg

極上凪の中、ゆっくりと観察することができました。
昨日は7頭のシャチ群れでしたが、本日は広く分散しており
昨日の7頭を含む10数頭のシャチ群れでした。

お腹を出して背面泳ぎをするシャチ、お母さんシャチなのでしょうか?

IMG_2484.jpg

大人のシャチが背面泳ぎをすると、そばにいる子シャチもマネっこして
背面泳ぎをしたり。

IMG_12735.jpg

尾びれをあげたり、ゴロゴロゴロゴロ寄り添って泳いだり。

IMG_2704.jpg

5頭並んで、停船している船のそばでプカプカと浮いていたり。
色んな行動が観察できましたね^^

午前便はイシイルカを見つけるもすぐに隠れてしまいましたが
午後便は帰港途中、そばで観察することができましたよ。
高速で泳ぐ時はこのように水を切るように泳ぎ、あまり体を出さずに泳ぎます。

IMG_2775.jpg

ゆっくり泳ぐ時は、ポコポコとこのように背ビレが見つけるポイントです。
カマイルカとは違った泳ぎ方をするんです。

IMG_2784.jpg

シャチやカマイルカは水族館で飼育されているのですが、
こちらのイシイルカは水族館では飼育されていないので、
海に出てこないと出遭えませんね。

本日は、1日通して沢山の鯨類に出遭うことができました。
午前便はナガスクジラ、ザトウクジラ、ミンククジラ、カマイルカ
午後便はカマイルカ、イシイルカ、シャチと盛り沢山で
秋田の解説も盛り沢山でしたね。

DSC_0155.jpg

1日でこれだけの鯨類に出遭える日もなかなかありません。
また羅臼沖では珍しい、ナガスクジラやザトウクジラとの出遭いも。
凪もよく、改めて羅臼の海の凄さを感じさせられた1日となりました。
まだまだ興奮冷めやらぬ…という状況の大木、本日ちゃんと眠りにつけるか心配です。

明日も2便運航予定です、沢山の出会いがありますように☆
また、本日の様子を知床ネイチャークルーズfacebookでもアップしております。
カマイルカの大群の様子はやはり、動画の方が伝わりそうです。
ぜひ、ご覧ください^^


(3116)


posted by e-shiretoko at 20:33| Comment(2) | 日記

2018年07月09日

ゆっくりシャチに観察され


今朝は視界があまりよくない中ではありましたが、
クジラの見える丘公園から沖を観察。
本日はちょっと波風が強いようでした…(汗)
30分ほど沖を観察し、どんどん霧で視界も悪くなってきたので
そろそろ出勤しようと思いつつ、再度双眼鏡を覗いてみると
なんとシャチを発見!!

本日は2便共にまったりゆったりのシャチ群れに出遭うことができました。

DSC_0109.jpg

いつも秋田がレクチャーしてくれるように、シャチを遠くから見つける
ポイントは潮吹きと高い背ビレです。
黒い棒状のものが浮いたり、沈んだり、浮いたり、沈んだりを繰り返します。
この中にはシャチが3頭写っています。

IMG_1085.jpg
奥に見えている山は国後島最高峰のチャチャ岳

本日は空気が澄んでいたので、北方領土・国後島も端から端まで
綺麗に見えておりましたね。

IMG_1074.jpg

シャチたちは1日わりとゆったりまったりとしておりました。
背ビレが高いものから、小さなシャチも。
シャチたちがじゃれあいゴロゴロと可愛らしい姿が見られたり
尾びれで海面を叩いたり

IMG_0751.jpg

停船していると、船の船尾に集まってきたシャチが
みんなで頭を出してプカプカこちらを観察しておりました^^

IMG_0833.jpg

シャチは7頭の群れ、よく羅臼沖で見られる個体でした。

チャーターにて出航していた他船が、シャチを観察していたので
午後便もまっすぐシャチがいるポイントへ。
向かっている最中、遠くに違和感のある鳥が飛んでいくのを見つけ
双眼鏡でのぞくとなんと…エトピリカっ!!!!

IMG_1218.jpg

距離があり船も進んでおり、エトピリカも移動していたので
証拠写真程度でしたが…何となくわかりますか!?

午前便は陸に近い所で観察できましたが、徐々に沖に移動していったシャチたち。
知床岬の先端が見えてくる場所まで遠出しましたが、
なんとか出遭うことができましたね!

IMG_1328.jpg

大きな背ビレを持つオスのシャチ、大きいものは背ビレだけでも約2m!!
そばで見ると呼吸音が一段と大きく、迫力が違います。

また羅臼ビジターセンターには、2005年に流氷に挟まって亡くなった
シャチの骨格標本が飾られています。

DSC_0048.JPG

7月〜9月は休みなく開館いたしますので、無料で入れる環境省の施設です。
ぜひご利用頂ければと思います。

また午後便はハシボソミズナギドリの大群も観察することができました。
南半球タスマニアからエサを求め羅臼沖にやってくるハシボソミズナギドリ!
シャチを観察していると沖の方に黒く帯ができており、捕食している様子。
久しぶりにミズナギドリたちの圧巻の光景に鳥肌が立ちました!!

IMG_1501.jpg

『さぁ、皆さん一緒にミズナギドリを数えてみましょう!!』と声をかけると
お客様からは一斉に『えー!?』との声(笑)
多い時では、十万、二十万羽近く大きな群れになります。
こちらは船長が撮影したレーダーの画像ですが、大きな群れになると
レーダーにも映るんですよ。

1531131727149.jpg
ココの部分がハシボソミズナギドリの大群

その他、海鳥はウトウ、ミツユビカモメ、ヒメウ、フルマカモメ、
フルマカモメ(白色型)、トウゾクカモメなども観察することができましたね♪
鳥好きのお客様もご乗船されており、楽しんで頂けたようです。

午後便は帰港途中に沢山のイシイルカとの出遭いも^^

IMG_1533.jpg

1日多少波があったので、海面からあまり体を出さずに泳ぐイシイルカの
体がちょっと見づらかったですね。

DSC_0126.jpg

実際は秋田が持っているパネルのように、白黒ボディーです。
また、こちらのイルカは水族館では飼育されていないので
野生でしか見られないイルカなんです。

本日は風も冷たくとても寒い1日でしたね(汗)
とても寒い中、皆さん大変お疲れ様でした!
知床ネイチャークルーズfacebookにはブログにはアップしていない
画像や動画もアップしておりますので、ぜひご覧ください。

明日は2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3115)

posted by e-shiretoko at 19:15| Comment(3) | 日記