2018年06月24日

ザトウクジラ現る


本日はまた濃霧から始まった羅臼の朝。
雨は昨夜から降り続いておりましたが、出航時には止んでおりましたね。
本日は凪のいい中、3便出航することができました^^

1便目出航時、私たちと一緒に羅臼港を出港したのは、海上保安庁の船。
日本に2隻しかない砕氷型の巡視船『てしお』です。
羅臼では唯一流氷が来る時期に漁船が出ているので、砕氷型の巡視船が
羅臼に配属され、もう1隻は釧路に『そうや』と言う船が配属されております。

IMG_5607.jpg

本日も早朝からチャーターにて出航していた他船から
日露中間地点よりも国後島側にシャチがいるとの情報をもらい
その後、羅臼側へシャチが入って来たということでポイントへ向かいました。
向かっている最中、またシャチが国後島側へ向きを変え泳ぎだしたとの連絡…

IMG_5686.jpg

日露中間地点付近、少しだけシャチを観察することができました。
海面から黒い背ビレがツンツンと出ていますね。
シャチを見つけるポイントは潮吹きとこの背ビレです。

IMG_5763.jpg

大きいものでは、オスの背ビレだけで約2m!!
立派なオスのシャチですね。

本日はとても良い凪で、1便目はお天気も良く知床連山も綺麗に見えておりました。
風が無いと湖のようになる羅臼沖、綺麗に知床連山が写りこむこともあります。

DSC_1512_1.jpg

1便目港へ向かっている途中で、あまり見慣れない何かを発見(笑)
もしや?と思いよくよく観察するとお久しぶりのザトウクジラ!!
潮吹きが見づらかったのですが、ゆっくりと浮上し深い潜水に入る際に
このように尾びれが上がります。

IMG_6403.jpg

2年ぶりにザトウクジラ、本日は3便出遭うことができましたね。

海鳥は、本日ハシボソミズナギドリの群れが沢山見られました。
だいぶ雪解けが進み緑が色濃くなってきた知床連山をバックに。

IMG_6004.jpg

また、こちらはカンムリウミスズメかと思われます。
7羽ほど集まってゆっくりたっぷり船のすぐそばで観察することができましたね。
とてもラッキーです☆

IMG_5981.jpg

その他、ウトウ、フルマカモメ、ミツユビカモメ、コシジロウミツバメ
ウミスズメなどが見られました。
鳥好きのお客様も多く、喜んで頂けたようです。

本日3便共に出遭えたのはこちらのイシイルカも♪
凪がよく水中を泳ぐ姿がよく見えておりましたね。
海面から体を出さず、このように水しぶきをあげながら高速で泳ぎます。

IMG_6293.jpg

同じ瞬間、形は現れることがないと思うと、このイシイルカが造りだす芸術に
写真を見返しては感動します。
実は横から見ると、白黒ボディーがわかりやすいですね^^
シャチと間違われる方もいらっしゃいます(汗)

IMG_6327.jpg

先程までは青空とべた凪の景色が広がっていたと思ったら…
2便目は途中から雨が本降りになり、早めの帰港となりました。

DSC_1520_1.jpg

本日3便目は地元羅臼町と斜里町の子どもたちを乗せ他船と2隻で臨時便での出航。
イシイルカを沢山観察!!
子どもたちはチェックリストで、自分たちが観察できた生き物たちを確認します。

DSC_0005.jpg

イシイルカにフルマカモメ、ハシボソミズナギドリ…
イシイルカの体長は??と子どもたちからの質問!
船上から見ると小さく見えますが、約2mほどあります。

そしてチェックリストにない生き物が現れました…
ココにいるのは、ザトウクジラですね(笑)

1529828569359.jpg

ザトウクジラは根室海峡での観察記録が少ないのですが…
ちゃんとレクチャー用のパネルも用意してあります(笑)
秋田がザトウクジラの解説もしっかり行いました^^

DSC_1516_1.jpg

3便目は本日一番陸に近い所で観察できました。
これだけ岸に近ければ、海沿いの民家からザトウクジラが観察できますね!?

IMG_6444.jpg

下船後、全員集合で記念撮影!!
寒い中大変お疲れ様でした、またのご乗船お待ちしております。

DSC_0016.jpg

明日は風が強い予報が出ておりますが、無事出航できることを願います。
明日は2便出航予定です!ご乗船の際はしっかりと暖かい格好で。


(3100)


posted by e-shiretoko at 20:40| Comment(4) | 日記