2018年06月07日

昨日に引き続き…


本日は2便運航となりました。
またしても今朝は沖を見ると濃霧、振り返り山を見ると青空と羅臼岳(汗)

午前便は風も弱く霧が濃かったですね。
実習生の大内さんが鯨類の見つけるポイントについてしっかり説明し
お客様も外で頑張って下さいましたが、濃霧が回復せず(汗)

DSC_3226.jpg

霧の奥の方で、バタバタバタバタ…と聞こえてきたのはハシボソミズナギドリの群れ。
音が聞こえますがその群れを目にすることが出来ませんでしたが
フルマカモメは何度も船のそばを飛んでいく姿を見ることが出来ました。

IMG_2059.jpg

午前便は鯨類を発見することが出来ませんでした。

午後便は出航時、まだまだ濃い霧が漂っておりましたが
徐々に晴れていきましたね。
出航時、船長がいつもアナウンスする『クジラの見える丘公園』も
かろうじて見えてきました。

IMG_2032.jpg

そして、チャーターにて出航していた他船からシャチの情報です。
ありがとうございました。
そして、日露中間地点付近でオスのシャチ1頭観察することが出来ました^^

DSC_3228.jpg

国後島側にはたくさんのシャチが見えておりましたが、
ちょっと遠かったですね。
1頭でもそばで観察することが出来て、よかったです。
とても背ビレが高く貫録あるオスシャチ、よく見る個体です。

IMG_2062.jpg

霧が晴れると、凪はとてもよく穏やかな海。
大木の隣にいた赤ちゃんはシャチを見ると、船の揺れも心地いいのか
スヤスヤとお休みされました^^

残雪の知床連山も見え、辺りにはたくさんのハシボソミズナギドリの群れ。
まだ霧が下に残っており、とても幻想的な風景です。

IMG_2092.jpg

そしてイシイルカにも出遭うことが出来ました。
遠くから観察していると、しぶきが沢山あがっておりました。
海面からあまり体を出さずに泳ぐイシイルカ、見つけるポイントはこのしぶき。

IMG_2153.jpg

よく見ると、4つの親子イルカ!8頭一緒に並び
小さな子イルカがお母さんイルカに寄り添い、一生懸命泳いでおりました。

そして本日はナガスクジラとの出遭いもありましたね^^
大きいものは20m近く、とても大きなクジラです!

IMG_2211.jpg

午後便は実習生の遠藤さんも頑張ってレクチャーをしてくれました。

DSC_3230.jpg

私達は生き物を目で探しているので、視界は少しでも開けている方が
条件は良いのですが、そこで生き物たちに出遭えるかどうかは運次第です。
霧の中で出遭うこともありますし、快晴でべた凪の中何も見つけられずに
帰港することもあるんです(汗)
自然を相手にするということは、とても難しいことですが、
同じ条件、同じ出会いがないからこそ、それが面白さでもあると思います。
どういう状況でもお客様に楽しんで頂きたい気持ちは一緒です。

明日も2便運航予定です、条件よく出航できますように☆


(3083)


posted by e-shiretoko at 20:23| Comment(0) | 日記