2018年02月20日

1時間でも流氷帯へ


流氷は1日で大きく移動することもよくありますが…
本日も何とか全便、流氷帯に到達することが出来ました。
朝焼けの時間もとても綺麗です!
空気が澄んでいるので、色鮮やかで景色がくっきりとしています。
奥に見えるのは北方領土・国後島、そしてスケソウダラ漁船。

IMG_7729.jpg

日の出は綺麗なまるい太陽があがり、美しかったですね。
見惚れる光景が広がっておりました。
画像に写っているのは、オジロワシの幼鳥です。
まん丸太陽の画像はFacebookにアップしました、ぜひご覧ください。

IMG_7913.jpg

日の出の瞬間はほんのひと時、皆さん真剣に撮影されていますね。

DSC_0544.jpg

いつも思うのですが、現場にいる時はものすごーく寒いのですが
あとからパソコンで撮影した画像を見返すと、日の出の時間帯の画像は
ポカポカしているように感じてしまいますね(笑)

IMG_8127.jpg

あまり海鳥を発見することが出来なかったのですが、
こちら港前で見られたケイマフリ。

IMG_8770.jpg

その他、ホオジロガモ、シノリガモ、スズガモ、ウミアイサ
カワアイサ、ヒメウなどが見られました。

全便で流氷には到達できたのですが、風向きはどんどん流氷が離れてしまう風。
流氷は1日、1時間でも常に移動し続けているので、1日で離れたり
逆に港の中が流氷でいっぱいになることもあるんです!

DSC_0553.jpg

キラキラ逆光の中、羽ばたくオオワシも綺麗です。
流氷も大きいものがあちこちにあり、遠くから見ると船と間違えそうになるほど!

IMG_8271.jpg

たった1時間違う便に乗っただけでも、流氷の場所も変われば
お天気や海の状態もその時によってどんどん変化します。

DSC_0566.jpg

沖にいると、続々と流氷の奥の方からスケソウダラ漁船が戻ってきました!
スケソウダラ漁の漁船は、非常に頑丈な造りになっているので
多少の流氷の中なら、進むことも出来ます。

IMG_8784.jpg

晴れ間が見られているうちはいいのですが…
少しでも太陽が隠れてしまうと、一気に寒さもましますね(汗)
また風が吹くと体感温度も下がります。

DSC_0568.jpg

こちら2羽仲良く並んでいるのは、オオワシです。

IMG_8750.jpg

向かって右がオオワシの成鳥。
では左は??実は、これもオオワシ(幼鳥)になります。
幼鳥と言っても大人の大きさとほとんど変わりませんね。

こちらは、向かって左がオオワシ、そして右はオジロワシになります。

IMG_8980.jpg

本日最後の便は、風も落ち着き青空も見られ
流氷が青く、西日に照らされて柔らかく優しい光が広がっておりましたね^^

DSC_0569.jpg

北方領土・国後島もくっきりと見えておりました。
羽を広げつと約2m、カッコいいオオワシです!!

IMG_9107.jpg

本日、根室海峡ではイシイルカを発見することが出来ました。
ゆっくり背中を出して泳ぐとき、しぶきをあげて活発に泳ぐとき
その時によって見え方、見つけるポイントが変わってくるんですよ。

IMG_9053.jpg
ゆっくり泳いでいる時は、背中がポコポコ見えます

この時期にイシイルカに出会えることは大変珍しいです^^

本日もひ〜んやりと羅臼沖の空気を感じながら
外で頑張ってくださったお客様も多かったようでした。
明日も条件よく出航できますように☆


(3009)

posted by e-shiretoko at 21:05| Comment(0) | 日記