2017年07月14日

沖に出るとそこは別世界


本日は2便運航となりました。
霧に囲まれた朝を迎えましたが、沖は風波も多少なり
午前便は、少し沖に出ると一気に視界がよくなりました^^
霧が取れると空は晴天!!とても綺麗な景色が広がっておりましたね。

DSC_0003.jpg
目の前には知床連山

視界が一気に開けた途端に…
『皆さん、霧がかかって暗い海に連れて行かれて、半分疑って乗ってたでしょー!!』
と長谷川船長(笑)

本日は2便共にイシイルカに出遭うことが出来ました。
活発に泳ぐイシイルカ、速い時では約50kmで泳ぐことが出来ます。
体を海面にあまり出さずに泳ぎますが、白黒ボディーで全長は約2mと小型のイルカです。

IMG_1427.jpg

本日はミズナギドリ類も多く見られました。
ハシボソミズナギドリの小さな群れは潮目に沿って集まっておりましたね。
アカアシミズナギドリも混ざっておりました。

IMG_1579.jpg

その他、ウトウ、フルマカモメ、ミツユビカモメ。
午後便は遠かったのですが、アホウドリ類も見えました。
思った以上に波がたたず、穏やかな海でのクルーズでした^^
こちらはフルマカモメ、フルマカモメが多くなってくると羅臼にも
夏が来たな〜と感じるんですよね。

IMG_1587.jpg

そして、イシイルカの他にも2便共に出遭えたのがマッコウクジラです☆
水中マイクをおろし、マッコウクジラが水中で発する音を確認することができ
2便共にわりと近い所でマッコウクジラを観察することが出来ましたよ!
マッコウクジラを発見するポイントはこちらの潮吹き。

DSC_0010.jpg
ココに潮吹きがあがっています

根室海峡にやってくるマッコウクジラはオスの個体。
浮いている部分は一部ですが、全長は15m〜大きいモノで18m。
必ず尾びれをこのようにあげて潜水します。

IMG_1544.jpg

午後便は視界が開けていたので、知床連山も北方領土・国後島も綺麗に
見えておりました!

そしてマッコウクジラを観察することが出来ましたね。
浮上すると、霧状にぶしゅーっと潮吹きが定期的に何度もあがります。
マッコウクジラは約40分潜水し、息が苦しくなると浮上し
呼吸を整えるのですが、浮上時間は7分前後と短いです。
そして、また潜水の準備が完了すると、頭を高くあげ深呼吸!!

IMG_1624.jpg

沢山息を吸って、最後にたかーく尾びれを上げて一気に潜水します。

IMG_1652.jpg

午後便は帰港途中、沢山イシイルカに出遭うことが出来ましたね。
逆光の中のイシイルカもとても美しかったです!

DSC_0014.jpg

本日も暑く感じる1日となりました。
道内猛暑日が続いておりますね、ご乗船の際は皆さんしっかり水分を取って下さいね。

DSC_0018.jpg

ただ、沖合船が走り出すと風が冷たく感じますので
船では貸し出しのレインウェアもございます、ご利用ください。

明日も2便運航予定です!凪のいい中出航できますように。


(2860)


posted by e-shiretoko at 17:24| Comment(0) | 日記