2017年03月09日

贅沢な日常


本日も午前は撮影コース、午後は観光コースで2便運航となりました!
流氷は昨日よりもさらに羅臼側に来ておりました。
天気も凪もよく、青空と白い流氷がとても美しかったです。

1489024363364.jpg

とても穏やかな1日!!
お客様は一生懸命撮影されていましたが…
あまりにも気持ちが良いので、のんびり景色を眺めながら、
ぼーっとしたくなる…(笑)

DSC_4935.jpg

こちらは羅臼岳とオジロワシです。
徐々にワシたちの数も減ってきているとは思いますが、
オジロワシに関しては、若干だけ羅臼町に営巣するので
羅臼町の鳥はオジロワシなんです。

IMG_4973.jpg

昨日よりもさらに凸凹した、大きな流氷が目立ちました。
カッコいい切り立った氷が沢山!

IMG_5022.jpg

知床連山も北方領土・国後島も綺麗に見えており、
風が弱かったので、流氷が海面に綺麗に映りこんでおりました。

IMG_6315.jpg

午後からの1時間のコースでも、流氷本体に到達することが出来ましたね^^
昨日は地元の小学生、本日は羅臼高校の生徒たちを乗せ出航しました。
流氷本体に向かう前に、港周辺で操業中のスケソウダラ漁の見学。

DSC_4991.jpg

子どもたちのお父さんも働いているのかな!?
地元の子どもたちでも、漁師さんたちの漁業風景を見学する機会は
少ないでしょうね。

国後島最高峰のチャチャ岳(標高1822メートル)も綺麗に見えておりました^^

IMG_5064.jpg

本日、オオワシ・オジロワシは多い時で約200羽。

IMG_4739.jpg

羅臼で育っている子どもたちでも、実際に経験してみなければ
わからないことや意外と知らないことも沢山あるでしょう。
でも、これが地元の人にとっては『普通』のことで
どんなに凄い、素晴らしいことなのか…
地元にいる時は気づかず、離れて気づくこともありますね(笑)

DSC_4999.jpg

船長が話す、羅臼の町や漁業の事、北方領土・国後島やワシたちの話
沢山話を聞いて、勉強になったはず。
間近で見られる、オオワシ・オジロワシにも感動し楽しんで頂けたようでした^^

IMG_4486.jpg

地元の方々も地方の方々も、より多くの方に羅臼の素晴らしさ
魅力が伝われば嬉しいです。
しっかり伝えるためにも、その時、その時をしっかりカメラに収めなければ!!

※今年の冬季シーズンの運航は3月15日(水)までとなります。
よろしくお願いします。


(2742)

posted by e-shiretoko at 21:26| Comment(0) | 日記