2016年09月20日

今時期では珍しく


外に出ると久しぶりにキレイに羅臼岳が見えました^^
スッキリとした秋晴れの本日は2便共に出航することが出来ました。
沖でると知床連山はこの通り!!美しいですね。

DSC_1358.jpg

凪も良く、2便共にイシイルカに出遭うことが出来ました!!
本日はあちこちで、沢山のイシイルカに出遭いましたね。
海面からあまり体を出さずにしぶきをあげ泳ぐイシイルカ。
本日は白黒のボディーが見えたお客様も多かったようです。

IMG_2607.jpg

また、本日午前便は日露中間地点を越えて国後島側で操業している
安全操業の漁船から、国後島側にシャチがいたとの連絡をもらい探すも…
残念ながら出遭うことが出来ませんでした。
こちらが安全操業の漁船です、当番船は操舵室がオレンジ色に塗られ
日本の国旗をあげ、識別できるようになっております。

IMG_2510.jpg

さて、午後便も観光船各社手分けしてシャチを探してみたのですが
見つけることが出来ませんでした。
午後便も北方領土・国後島がくっきりと見えてとても近く感じました。
羅臼町から国後島までは近い所で約25キロしかありません。

DSC_1360.jpg

午後便は沢山のイシイルカの他にも、この時期では珍しくこちらのミンククジラが
船のそばで浮上しました!!ココにミンククジラがいます…

IMG_2550.jpg

潮吹きは目立たず、背中がスーッと海面に出るのでそれが
ミンククジラを見つけるポイントになります。

海鳥は、こちらのアカエリヒレアシシギが港周辺でも沢山見られました。
群れてみんなそろって飛ぶ姿がとても綺麗で、お客様からもよく
この鳥は何ですか?と質問されました。

IMG_2537.jpg

その他、ウトウ、アカアシミズナギドリ、トウゾクカモメなどが見られました。
本日午後便見られたミンククジラについてレクチャーしている秋田。
彼女が手に持っているのは、ミンククジラのヒゲ板です。

DSC_1366.jpg

イルカ、クジラたちは私たちと同じ歯を持つクジラ『ハクジラ』と
くし状のヒゲ板というものが口の中に生えている『ヒゲクジラ』と
2種類に分けられます。
ミンククジラは口の中にヒゲ板が沢山生えており、プランクトン類をヒゲ板で
こしとって捕食します。
ミンククジラはプランクトン類が発生する5月〜7月頃に多く見られますが
今時期見られたのはとてもラッキーでしたね^^

さて、明日はどんな出会いが待っているでしょう??
シャチも根室海峡に入ってきていたのですね〜、明日は羅臼側にも来てくれたらいいな。
明日も2便出航予定です、素敵な出会いがありますように。


(2653)


posted by e-shiretoko at 18:29| Comment(5) | 日記