2016年09月08日

沖は一面白波


今朝起きると、すでに海は白波が目立っておりました…
本日羅臼に寄航予定だった大型客船『にっぽん丸』は、
5時頃には羅臼に到着していたものの、港前をウロウロしながら
停船出来るか検討中だったのですが…
結果、波が高く網走へ戻り、羅臼町ににっぽん丸のお客様は上陸できませんでした(汗)
今年最後のにっぽん丸の寄航でしたが、残念でしたね。

DSC_1129.JPG
奥に見えているのがにっぽん丸です

朝6時頃、クジラの見える丘公園から沖観察をしておりましたが
風が強くまた北寄り、外はとても寒く感じましたね。
本日は、高波強風のため終日欠航となってしまいました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。
とても幻想的な景色に1人感動しておりましたが、沖は一面白波(泣)

DSC_1128.JPG

午後から実習生の羽角くんを連れて、羅臼ビジターセンターへ。
羽角くん、欠航も少なかったので今回初めてのビジターセンターです。
本船にご乗船された時は、必ず船長がアナウンスをしているのですが
『知床で一番いい施設だから、絶対に行って欲しい!!』と何度も宣伝をしている
羅臼ビジターセンター!!

DSC_1154.JPG

無料で入れる環境省の施設で、施設に入るとやはり一番先に目に入ってくるのが
こちらの8mほどあるシャチの骨格標本。
こちらは、羅臼町相泊という場所の沖で流氷に挟まって死んでしまったシャチの骨格標本。

シャチには背ビレ、尾ビレ、胸ビレとあるのですが、
このヒレの中で骨が入っているのは、胸ビレだけなんです^^
人間と同じように5本の指があるんですよ。
こんなに立派な背ビレを持っているオスでも、背ビレには骨が入っておりません。

140621シャチ.jpg
過去に撮影したシャチです

羽角くんはいつも話では聞いていた、流氷に挟まって死んでしまったこのシャチの事を
色々知ることが出来て良かったと言っておりました。
皆さんも羅臼お越しの際は、ぜひお立ち寄りください!!

明日も2便出航予定です、無事出航できますように。


(2641)

posted by e-shiretoko at 18:06| Comment(0) | 日記