2016年05月20日

もりもり沢山クルーズ


気温が上がり、霞がかった1日となりました。
凪はとてもよく2便出航することができましたよ^^
他船と連絡を取り合いながら、生き物を探していきます。
こちら、船首にしぶきがあげて泳ぐイシイルカ。

1463712232580.jpg

真横から見ると、このようにお腹部分が白く、黒白ボディーでシャチに似ています。

IMG_3625.jpg

本日は2便ともにシャチ、そしてナガスクジラにイシイルカに
盛りだくさんのクルーズでした。
そして海の状態もよく、最高のコンディションでしたね〜。
雪をまとった知床の山を背景にゆーっくり背中をだし泳いでいるのは
ミンククジラ?ではなく、ナガスクジラです。

IMG_4123.jpg

遠くで見るとミンククジラにシルエットが似ていますが
そばで見るととても大きいので、迫力が違います。
遠く離れていても、呼吸する時の音がぶっふぉーー!!と勢いよく聞こえるんです。
いつもは潮吹きがよく見えるのですが、本日は背景が白く潮吹きは目立ちませんでした。

IMG_3792.jpg

ハシボソミズナギドリの群れは、今季一番!!と言っても
これからどんどん増えてくるのですが…圧倒される数でしたね〜。
海面を助走し、飛んでいく姿がとても美しかったです。

IMG_4570.jpg

午後便のみ出会えた生き物がいます。本日、私たちを一番魅了したかもしれません(笑)
船の真横に、丸太のようなものがプカプカ浮いておりますが…
実はこちらオットセイ^^

1463749335292.jpg

こんなに近くでプカプカ顔をだし、こちらを大きな瞳でキョロキョロ。
観察していなくなったと思ったら、また戻ってきてはキョロキョロ。
そしてウォー!!っと吠えながら、ご挨拶^^

IMG_4365.jpg

オットセイを見つけた時は、日露中間地点よりも国後島側にいたシャチの動向を見ようと
待機中だった矢先でした。
皆さんはオットセイに夢中で、1階のお客様はみーんなオットセイと
目が合ったに違いありません☆沢山遊んでもらいとても楽しかったです。
そしてオットセイと遊んで時間が過ぎるのを忘れていると…
どんどんシャチは羅臼側へ(笑)

ということで、2便ともにシャチにも出遭うことができ、
ゆっくり観察することが出来ましたよ〜。
シャチたちは、潮吹きとこの独特なピンと高い背びれで探します。

IMG_3736.jpg

頭を出してこちらを観察したり、お腹を出して背面泳ぎ

IMG_3945.jpg

子シャチたちが甘える姿はとても可愛いですね。
本日シャチは、午前便約40頭、午後便は約20頭ほど確認できました。
午前便は、私たちが観察していたシャチとは他に知床岬方面に
漁船からシャチの情報をもらっておりました。
こりゃ、根室海峡…シャチパラダイスになっている予感☆!?

IMG_3857.jpg

本日はナガスクジラもオットセイもシャチも、船のそぐそば!!!という
シーンが盛り沢山で、あまり静止画は撮影せず、動画を撮影することが多かったです。
知床ネイチャークルーズfacebookにて動画をアップしました。
そちらをご覧ください^^

本日も沖仕事が終わり私たちは急いで羅臼消防署へ。
昨日、今日と17時から21時まで計8時間、事務長キユウくん、秋田と3人で
救命救急の上級コースに参加してきました。

DSC_6891.jpg

先日、初級コースに参加したので忘れないうちに上級コースにも参加できてよかったです。

DSC_6921.jpg

本日、筆記試験、実技試験を無事クリアし3名とも上級コース合格しました(汗)
皆さん仕事終わりでお疲れの所、一生懸命頑張りましたね。
消防署の皆さんにはとても親切、かつ丁寧に教えて頂き…
緊張気味な私もしっかり学ぶことが出来ました!大変お疲れ様でした。


講演会のお知らせです!!

知床ネイチャークルーズではお馴染み、船上で多くの貴重な映像を残してきた
世界の川端さん。ご乗船頂いたお客様はわかる方も多いと思います^^
船でも沢山お手伝い頂き、そして当社のプロモーション用として映像を提供して
下さっております!いつもありがとうございます。

そんな川端さんですが昔から撮影が好きで、今も好き、山に海にその足で色んな所に出没します(笑)
私より足腰は丈夫で持久力、体力もあります(汗)見習います…

昔は役場職員であり、今から47年前彼は凄い冒険をしました。
当時、知床半島を囲む流氷の上を18日間かけて、友達と徒歩で踏破するという
偉大な挑戦を成し遂げました。

DSC_6743.JPG

知床を愛する男 “ 世界の川端 ” が語る 厳冬期の知床半島 踏破の軌跡
と題して講演会を行います。貴重なお話や写真も公開されるようです。

●日時:2016年5月22日(日)17:30-18:30
●場所:羅臼ビジターセンター(羅臼町湯ノ沢町6-27)

今も語り継がれる貴重な体験談。
私は個人的にお聞きしたことがありますが、川端さんの熱い想い
当時の苦労、出会いと人情、この話に引き込まれ必死で涙をこらえたことを思いだします。

このお話をご存知の方も、もちろん知らない方も
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場頂ければ嬉しいです。

(2531)
posted by e-shiretoko at 23:57| Comment(2) | 日記