2016年05月16日

波の中から潮吹き


雨が降ったり止んだりを繰り返し、とても寒い1日となった羅臼。
クジラの見える丘公園からはどんよーりな景色が広がっており
視界も悪く、羅臼岳も北方領土・国後島もすっきり見えませんでした(汗)

DSC_6826.JPG

風があり多少波が立っていたのですが、午前便のみ出航できることが出来ました。
まず、出航してすぐにイシイルカの群れに出遭いましたよ^^
活発にしぶきをあげ複数頭泳ぐ姿が見られました。

IMG_2553.jpg

海鳥は、ハシボソミズナギドリの大きな群れは見つけることが出来ませんでしたが
パラパラと飛んでいる姿は確認できました。
また、ウトウ、ユリカモメ、ウミスズメなど多く見られました!
こちらのハイイロヒレアシシギも。

IMG_2578.jpg
小さくてすみません

そして日露中間地点をゆっくり進みながら、生き物を探していると
とーーーーくの方に、たかーーーーーーい潮吹きが見えました。
水平線の奥の方からぶっしゅーと海面に少し漂います。
とりあえず、その潮吹きを頼りに向かってみると潮吹きはナガスクジラのようです!?

IMG_2596.jpg

波があり、船が揺れていたのでうまく撮影出来ません(汗)
海面にモヤモヤ〜っと潮吹きが上がっているのがわかるかと思います。
ピンボケでもわかるほど、勢いがある潮吹き!!
最初はお客様もかろうじて潮吹きが見える…程度でしたが

IMG_2624.jpg

しっかり背中が海面に出てくる瞬間を見ることが出来ましたね。
近くには少なくとも3頭のナガスクジラが確認できました。
波があり、船酔いされた方もいらっしゃいました。
本日は波以上に寒さが本当に辛かったです、皆さん大変お疲れ様でした。

本日、午後便は波も高く視界も悪くなってきたため欠航。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません。

午後便がなかったため、お昼はスタッフみんなで知床ネイチャークルーズ裏にある
炭火焼き『魚寶』でランチ!!
続々と地元の漁師さんが集まってきて、お店は大忙しでした^^
美味しそうな大きなお肉〜☆

DSC_6832.JPG

海の幸もお肉も豊富です。
好きなものを自分たちで炭で焼いて頂きます。

1463375524747.jpg
スタッフ秋田&事務長キユウくん

1463375901603.jpg
そして知床雑貨カフェcho-e-maru店長のヨシカちゃん

私は『時鮭生トロ丼』(1000円)を食べ

DSC_6834.JPG

船長はこちらの『こぼれいくら丼』(1000円)
枡からあふれ出るほど、イクラがもりもり。

DSC_6837.JPG
長谷川船長&華奈江社長

でも船長…今ダイエット中なので写真だけ(笑)
このイクラ丼は代わりに社長が食べました。
セットのカニ汁がまた美味しくて、冷えた体があったまる〜♪♪
お腹いっぱい頂きました!ごちそうさまでした。

お肉でパワーをつけ、明日の2便も元気に出航したいと思います^^
海上は大変寒くなりますので、ご乗船の際は防寒対策をしっかりと!!


講演会のお知らせです!!

知床ネイチャークルーズではお馴染み、船上で多くの貴重な映像を残してきた
世界の川端さん。ご乗船頂いたお客様はわかる方も多いと思います^^
船でも沢山お手伝い頂き、そして当社のプロモーション用として映像を提供して
下さっております!いつもありがとうございます。

そんな川端さんですが昔から撮影が好きで、今も好き、山に海にその足で色んな所に出没します(笑)
私より足腰は丈夫で持久力、体力もあります(汗)見習います…

昔は役場職員であり、今から47年前彼は凄い冒険をしました。
当時、知床半島を囲む流氷の上を18日間かけて、友達と徒歩で踏破するという
偉大な挑戦を成し遂げました。

DSC_6743.JPG

知床を愛する男 “ 世界の川端 ” が語る 厳冬期の知床半島 踏破の軌跡
と題して講演会を行います。貴重なお話や写真も公開されるようです。

●日時:2016年5月22日(日)17:30-18:30
●場所:羅臼ビジターセンター(羅臼町湯ノ沢町6-27)

今も語り継がれる貴重な体験談。
私は個人的にお聞きしたことがありますが、川端さんの熱い想い
当時の苦労、出会いと人情、この話に引き込まれ必死で涙をこらえたことを思いだします。

このお話をご存知の方も、もちろん知らない方も
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場頂ければ嬉しいです。

(2527)

posted by e-shiretoko at 17:14| Comment(0) | 日記