2016年05月15日

右に左にシャチに大忙し


今朝、クジラの見える公園へ向かい沖観察を行うと、沖にはミズナギドリの群れ
そしてミンククジラ、ナガスクジラと思われる潮吹きが複数見えました。
本日は多少波がありましたが、2便ともに出航です!!

先に出航していた他船が、シャチを発見したということで
現場へ向かうと、よく見るオスのシャチ2頭が並んで泳いでおりました。
立派なオスのシャチ、特徴的な背ビレをしています。
警戒心がとても強く、あまり近づくことはできませんでしたが
息を合わせて泳ぐ姿がいつも印象的です^^

IMG_1864.jpg

『シャチー、こっちおいでー!!』と大きな声が1階から聞こえてきました。
小さなお客様たちも一生懸命探してくださいました^^

DSC_6806.jpg

そして、シャチを観察している時にそばに高く上がる潮吹きも確認
何か探していると…こちらはナガスクジラのようですね!!

IMG_1891.jpg

2頭並んで泳いでおりました。
ナガスクジラを観察していた辺りでは、沢山のハシボソミズナギドリの群れも。

IMG_1928.jpg

その他、ビロードキンクロ、ウトウ、ユリカモメ、アビ類、
アカエリヒレアシシギなどの海鳥も確認できました。

午前便は帰港途中にまたしてもシャチ群れを発見することができ
ゆっくり観察することが出来ました!沢山のシャチに出遭えてよかったですね☆

午後便もすでに他船がシャチを発見していたと言うことで
現場へ向かい沢山のシャチに出遭いました〜♪知床連山がとってもキレイです。

DSC_6817.jpg

午前便は約10頭のシャチ、そして午後便はいくつかのシャチ家族が集まり
分散していたのか、約30頭ほどのシャチを観察。
シャチは、この背ビレの形と、背ビレの後ろにあるサドルパッチと言う
白い模様部分を見て個体識別しております。

IMG_0277.jpg

小さい子シャチたちは本日も無邪気!!
頭を出したり、お腹を出して背泳ぎ、様子を見に来たり
本日もシャチにもて遊ばれていたお客様、そして私も…

IMG_2440.jpg

知床ネイチャークルーズfacebookにも、動画や画像をアップしましたので
ぜひご覧ください!!
風がとても冷たく、ちょっと凍える寒さ〜さすが羅臼です(汗)
クジラの見える丘公園で目視調査中の長崎大学の学生さん、
そして他船からも情報を頂き、皆さん沢山の出会いがあり楽しかったですね^^
ありがとうございました。

寒い中、皆さん大変お疲れ様でした!
沖合は陸上に比べさらに寒く感じますので、ご乗船の際はあたたかい格好でご乗船ください。


講演会のお知らせです!!

知床ネイチャークルーズではお馴染み、船上で多くの貴重な映像を残してきた
世界の川端さん。ご乗船頂いたお客様はわかる方も多いと思います^^
船でも沢山お手伝い頂き、そして当社のプロモーション用として映像を提供して
下さっております!いつもありがとうございます。

そんな川端さんですが昔から撮影が好きで、今も好き、山に海にその足で色んな所に出没します(笑)
私より足腰は丈夫で持久力、体力もあります(汗)見習います…

昔は役場職員であり、今から47年前彼は凄い冒険をしました。
当時、知床半島を囲む流氷の上を18日間かけて、友達と徒歩で踏破するという
偉大な挑戦を成し遂げました。

DSC_6743.JPG

知床を愛する男 “ 世界の川端 ” が語る 厳冬期の知床半島 踏破の軌跡
と題して講演会を行います。貴重なお話や写真も公開されるようです。

●日時:2016年5月22日(日)17:30-18:30
●場所:羅臼ビジターセンター(羅臼町湯ノ沢町6-27)

今も語り継がれる貴重な体験談。
私は個人的にお聞きしたことがありますが、川端さんの熱い想い
当時の苦労、出会いと人情、この話に引き込まれ必死で涙をこらえたことを思いだします。

このお話をご存知の方も、もちろん知らない方も
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場頂ければ嬉しいです。

(2526)


posted by e-shiretoko at 23:58| Comment(0) | 日記