2016年04月29日

夏季シーズン初日ならず…


夜中から何か降っている音が耳に入ってきており、なかなか寝付けず朝…
道路に積もることもなかったのですが、1日みぞれまじりの雪が降り続きました(汗)
本日は2、3便目と出航予定でしたので、夏季シーズン初日クルーズで
皆さんにバーン!!っと羅臼の海の様子をご紹介しようと思っていたのですが、
あいにく悪天候、高波のため終日欠航となってしまいました。
ご予約頂きましたお客様申し訳ございません(泣)

羅臼沖でのクルーズの様子を掲載できず、残念です…
しかし代わりと言ってはあれですが、長谷川船長の写真は掲載できます(笑)

1461825309208.jpg

華奈江社長からプレゼントされた、クジラのブローチがとてもお似合いです。

それはさておき…
本日はずっと視界不良だったため、沖観察は出来ませんでした(汗)
午後に羅臼ビジターセンターへ実習生を連れて行ってきました。
羅臼ビジターセンターに入り、やはり一番最初に目がいくのはこのシャチの骨格標本。

DSC_6518.JPG

2005年に羅臼町相泊という場所で流氷に挟まり死んでしまったシャチです。
約8mある、とても大きなオスシャチ。
シャチも私たち人間と一緒で、このように5本の指の骨があるんです。

!cid_15461008a99e2cb78e16.jpg
小林さん撮影

楕円形の特徴的な大きな胸鰭です。
こちらは迫力ある、ヒグマのはく製。

!cid_1546100090ce464227e2.jpg
小林さん撮影

実習生の小林さんが持っているアザラシの赤ちゃん。
これは実際のアザラシの重さを抱っこして体験できます!
皆さんもどのくらい重いのか?ぜひ試して頂きたいですね。
大木が抱っこしているのは、リボンを体にまとったような面白い模様をした
クラカケアザラシ。

DSC_6513.JPG

また、特別展示室では 『Iハート(トランプ)Rausu展 -おこ美の目線で羅臼の1年を振り返るin2015』
が4月12日(火)から開催しておりますよ♪

DSC_6510.JPG

以下、facebook羅臼であいたいから抜粋
*******************

ここに登場する”地域おこ美チャン”とは、「知床羅臼ネイチャー通信」
に掲載されている4コマ漫画のキャラクター。
2015年4月より羅臼町地域おこし協力隊として移住してきた
坂田さんの活動のひとつとして、羅臼ビジターセンターを拠点に毎月観察会を開催したり、
「知床羅臼ネイチャー通信」を発行して羅臼の自然の魅力を皆さまにお届けしてきました。

*******************

DSC_6507.JPG

素敵な坂田さんのイラストと共に、海から山から森から川から
羅臼の自然や生き物の紹介がたくさん。
ほっこりハッピーな気持ちになれるような、可愛らしい展示となっております^^
羅臼お越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

DSC_6508.JPG

場所:羅臼ビジターセンター 
   〒086-1822 北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町6−27
期間:4月12日(火)〜5月29日(日)
   (4月 10:00-16:00 / 5月 9:00-17:00)


こちら重要なお知らせです。
国道334号知床横断道路が4月26日(火)から開通しました。
以下、釧路開発建設部資料内容を転記しています。
----------------------------------------
 ◎通行できる時間帯 
 当面、夕方から朝にかけて路面凍結や雪崩の恐れがあるため、
 段階的な夜間通行規制を行います。

 4/26〜【第一段階】10:00〜15:30 
    【第二段階】 8:30〜17:00 
    【第三段階】夜間通行規制解除(終日通行可)
※今後の路面状況及び気象状況によっては、
開通予定日時や通行規制時間帯の変更を行う
場合がありますので、併せてお知らせします。

---------------------------------------

(2509)

posted by e-shiretoko at 17:52| Comment(0) | 日記