2016年03月10日

まんまる日の出


久しぶりに少し気温が下がり、港内が結氷しておりました。
本日は早朝便のみの出航です!

DSC_5404.JPG
奥に見えるのは北方領土・国後島

沖ではスケソウダラ漁船が、操業中です。

IMG_5987.jpg

もう時期、スケソウダラ漁も切り上げとなり…スケソウダラ漁が終わるということは
ワシたちとのお別れも間近と言うこと。

本日はとても綺麗な日の出が見られました。
国後島の羅臼山から昇る朝日!!

IMG_5789.jpg

凪が良かったので、ウニ漁の船が出漁していきました。
ボートレースのように、次々と漁師さんたちがかっこよく漁場に向かいます。

IMG_6255.jpg

オオワシ、オジロワシはざっと約50羽ほど。

IMG_6178.jpg

成鳥たちが徐々に減っていき、幼鳥が目立っております!
幼鳥たちも準備が出来たら徐々に渡り始めます。

太陽の光を浴び、ピンク色に染まる羅臼岳から
明るくなると、青い空に真っ白い羅臼岳が美しいですね。

DSC_5406.JPG

羅臼岳とオジロワシ…ワシがピンボケになってしまいました(汗)

IMG_6280.jpg

本日クルーズ中には残念ながら、シャチを発見することが出来ませんでした。
しかし、夕方流氷の状況を確認するため国後展望塔へ行くと
双眼鏡をのぞいてものの1分、シャチを発見することが出来ました。
まだウロウロしています、そして北には流氷の帯がうっすらと見えてます。
明日は早朝便と12時便の2便出航予定です。
明日も凪のいい中、出航できるといいですね!

さて、Facebook 羅臼であいたいでも紹介されておりましたが
本日から羅臼の大地みらい信用金庫羅臼支店2階のスペースをお借りして、
写真展が開始されました。

DSC_5412.JPG

今年で第5回を迎える「知床羅臼写真コンテスト」
第1回から第4回の600点を超える応募作品の中から、
入賞となった作品計58点が常設展示されております。
名前を見ると、よく知っている方ばかりが並んでおりますね^^

また、写真の他にも羅臼町郷土資料館から松法川北岸遺跡出土品の
一部をお借りして展示されております。
その中でも特に注目して頂きたいのは、端部にヒグマの頭部を模し、
側面にはシャチの背びれをあしらった『熊頭注口木製槽』
オホーツク文化がアイヌ文化の精神世界に大きな影響を与えていたことを
示唆する貴重な史料だそうです。

DSC_5413.JPG

羅臼お越しの際は、羅臼の素晴らしい景色や表情が満載の
お写真をぜひご覧くださいね。入場無料です!!!


(2460)


posted by e-shiretoko at 16:27| Comment(2) | 日記